87(はな)ジ~ジのめだか日記
FC2ブログ

サ~!‥産卵/孵化/育成の ピーク月=6月 に突入しましたネ~!

もっとも,今シーズンは ”助走期間の5月” から 爆産状態に入っちゃってますが~‥((=∀=))

一部の品種では早くも”予定匹数”に到達~‥6月「どーするか??」‥考えた末の結論です。



①、予定数確保ズミの内 8品種は『採卵 打ち止め~!』(産卵容器撤収)

  ~5月末までに採卵分の孵化最大化&針子の育成に全力傾注に切替えですネ~。

②、重点10品種と未到達5品種は継続 採卵!』(6月1カ月延長の予定)

  種親の再編成と,採卵容器全数の水替え・オモダカ鉢も入替え(心機一転ダ~!)

  6月採卵分の孵化容器を新たに立上げ&針子育成容器も増設しないと‥

③、追加入手予定の数品種新規 採卵!』

  早期に購入・里子の申し出→入手の予定。(”自分好み”の品種に絞って‥)


以上の3パターンに分けて,6月・採卵育成『第②ステップ』に切り替えま~ス‼‥



◆本日(6/1)は,先ず『打ち止め』作業から取り掛かりま~ス!

↓朝の採卵容器群‥軒下棚に一列②段に並べていました。

dc060101_201906011732329d4.jpg

↑同じ軒下でも,場所よって日差し&風通しが違い,産卵にも差ができますよネ~‥

 (4月25日採卵スタートから水替えはホボ1回づつやりました。オモダカ鉢の効果かナ~??‥)


↓種親を掬い出し,最後のトリーナ&容器の底に産み落とした卵も完全回収~!

dc060107_20190601173233c67.jpg

↑ホボ半数の容器は,濃いGW(グリーンウォーター)に‥もう限界でしたネ~‥(汗~‥)


↓産み落とし卵は,飼育水を網で受けると簡単に回収できますヨ~!(1粒もムダにしたくない!)

dc060111.jpg


dc060124.jpg

↑トリーナに産み付けられなかったタマゴが 結構網に付いているのが解りますか~??‥


↓「ご苦労さん種親達」‥記念撮影を済ませてから‥

dc060110.jpg


dc060113.jpg


↓同種の住むビオ水槽へ移住させましょう。

dc060122.jpg


↓使用ズミ容器‥藻も生え,フンや残りエサで汚いネ~‥(汗~)

dc060128_20190601173243052.jpg

↑容器は水洗いして天日干し&オモダカ鉢は一時専用水槽へ‥。



②『継続採卵』容器(NVbox)の水替え&種親の見直し(一部の親を入れ替えます)

↓①と同じ要領で‥種親は別容器に掬い,水洗い後 汲置き水注水→種親を戻しま~ス!

dc060114_2019060117333789d.jpg


↓容器の位置は,5月の設置場所から変更。(日差し&上下など 5月とは環境を変えます。)

dc060136.jpg


↓新たな種親達。(匹数を厳選して,高グレード化を狙います‥新カップルでガンバレ~!)

dc060121.jpg


dc060125.jpg

↑基本♀4匹/♂3匹でペア組しました。(元気そうなオスを他から探して入替えです)


↓全容器の水替え&位置替え終了~!(これが6月の産卵容器棚になりま~ス!‥計15コ)

dc060143_20190601180330959.jpg


dc060141_2019060118032942b.jpg

↑一部は今日のところ 水替えできませんでしたネ~‥。(汲置き水を使い切っタ~‥)


↓6月採卵用の新・孵化容器(パンケース)を軒下棚に仮設置してみました。

dc060134_20190601173342234.jpg

↑空きスペースに丁度15コが並びましたヨ~!‥ (ジャンジャン産んでくれ~!)




『新規追加予定』の新品種は我が家に届いたら改めてご紹介しま~ス!

◆なお,5月採卵分の針子達は,6月中旬を目途に 大小選別→容器分けをする予定です。



    では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking   

”高気温現象?‥ヤット落ち着きましたネ~‥(何と~‥5月としては観測史上初の”猛暑日”も‥)

これからの梅雨→本格夏が思いやられますが‥”極端な烈暑”にならないように~‥(祈!


晴れ&高温続きで‥5月のめだか産卵→孵化は絶好調~‼‥ホボ全品種で針子がウジャウジャ~‥‼

↓自身初挑戦の”プラ舟孵化容器”は,ドンドン増えるトリーナ&生まれた針子がイッパイ~!

dc052810_201905291242413ec.jpg


dc052816_201905291242469d0.jpg

↑もし,例年通り”パンケース孵化”をやってたら~‥どんだけ容器が要った事でしょう(正解ダ!)


ところが~‥5月末になり問題が発生~‼

先に孵化して大きく育ってきた稚魚が,後から生まれた針子を襲ってル~‼(汗‥焦ル~)


↓たぶん,遅く孵化した子は誕生直後に 早生まれの稚魚のエサになっていると思われます!

dc052950(修整1)


dc052939(修整1)


dc052935(修整1)(修整1)

↑このままでは,"弱肉強食の生存競争の修羅場"になってしまうと想像できますよネ~‥


ど~するか??‥今更 稚魚を別容器に掬って隔離は出来ません!(老眼では抽出不可能!)

老化した頭をあれこれ振り絞って~‥未孵化のトリーナを別容器に移すことにしました!


↓先ず,軒下棚の孵化容器大(NVbox)を 庭一周棚に移動

dc052811.jpg

   ↓   ↓   ↓   ↓

dc052818.jpg


dc052918_20190529124253b86.jpg

↑プラ舟と並べれば 稚魚用エサも効率よくやれま~ス!‥(*針子を育てるポイント=餓死させない!)


↓空いた軒下スペースに‥"5月/未孵化"分を分離して孵化させる為 別な孵化容器を設置しました。

dc052924.jpg


↓各プラ舟のトリーナの中から まだタマゴ状態のものを採り分けて,新たな孵化容器に移動

dc052927.jpg


dc052928.jpg

こうすれば‥少なくとも "孵化即稚魚の餌食" にはならずに生き延びられる筈~‼

何しろ,高温&晴れ続きで~‥早生まれの成長スピードは半端なし~!‥(想定外でしたネ~‥汗~)

「大量産卵に対応出来た!」とニンマリしたのも束の間~‥結局,余分な孵化スペースが必要に~‥(涙)


5月末現在の 我が採卵→孵化→稚魚育成容器群の様子で~ス!

↓軒下棚→5月/未孵化容器+6月採卵容器

dc052930.jpg


↓庭一周棚→5月中孵化分の飼育容器(プラ舟+Nコロ)

dc052903.jpg


現在の水温なら孵化まで2週間程掛かるので‥5月採卵の半分のタマゴはまだ孵化前です!

 今なら ホボ1/2の卵は 孵化直後の大きい子の脅威から守れる筈ダ~!

 ・・と考えた上での苦肉の策で~ス!(汗~‥)

今後の稚魚大小分けは,2コの孵化容器で別々にやることになりますが~‥仕方ありません!



それと‥「6月以降の採卵はどうする~??」も判断しなければなりませんネ~‼‥

マ~その点は~‥品種別に100匹程度が若魚に育ってくれればOKなんで~‥

 6月上旬迄の孵化状況を見ながら‥6月になってボチボチ考えようと思っていま~ス!


めだか飼育を 何年経験しても~・・

一向に飼育方法が確立できない"シルバー飼育者"の 慌て場面の顛末でした~‥! (大苦笑)

従来の採卵方法の踏襲から 新しいやり方に変更すると,思わぬ難題が発生するもんですネ~‥

マ~‥こんなアクシデントを乗り越える事も,めだか飼育の楽しみではありますが~‥(負け惜しみ?‥)



    では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking 

何と~‥3日連続の30℃超え~!‥しかも今日は35℃の"猛暑日"まだ5月なのに~‥(怒!)

めだか水槽が煮えたら大変ダ~‼・・”春ウララ~!‥”を の~んびり楽しんでいられませんよネ~‥

週末は,慌てて~「猛暑対策~‼」‥3日間の作業で~ス!(汗ダクになりながら~‥涙!)


①、スダレ掛け~!=水槽の日陰づくり~!‥まだ5月なのに~‥早々と!~‥

②、産卵&孵化の爆殖~=針子ウジャウジャの孵化容器 +トリーナの追加が忙しイ~!

③、睡蓮・蓮への追肥→肥料喰い対策&開花の促進~!1

④、一気にグリーン化=ビオ水槽次々にリセット~!(流石に 日中はムリですが‥)

⑤、ロートルの"熱中症"対策=水分補給&お昼寝タイム~!(笑)



①、気温35℃の予報‥飼育水が熱湯になるゾ~‼‥慌ててスダレを物置から取り出し‥

↓園芸用支柱(冬場も立てたまま放置)に,スダレを掛けました!

dc052421.jpg


dc052418.jpg

↑早くも”スダレ屋敷~?‥”‥去年より20日も早い“夏仕様”になりましたネ~‥((//>ω<))


↓支柱の補強もしながらの作業で,結構時間がかかりましたが~‥何とか完成~‼

dc052422.jpg

↑庭一周水槽の直射日光は、少しは和らぐでしょう!(これでギラギラ太陽も心配無用ダ~!)



②、産卵容器の種親達は元気イッパイ~‼‥産むわ~! 産むわ~!‥

↓3日おきのトリーナ回収~‥爆産ですネ~‼‥(驚!)‥孵化も順調~‼

dc052603.jpg


dc052513.jpg


dc052601_20190526124006f59.jpg

↑大半の品種はもう予定卵数に到達~‼‥6月からド~する??‥(思案中で~ス!)


↓オット~!‥卵トリーナ も足りないヨ~!(もう100コ以上作ったんですがネ~‥汗~)

dc051946.jpg


dc052111_201905251506123fe.jpg

↑夜なべ仕事で~‥60コほど追加で作成しました。(まだ足りんかナ~??‥)



③、睡蓮はあちこちのビオ水槽で開花~‼

↓可憐な花が ビオトープで咲いてる~!‥この風情がたまらなく好きで~ス!(o(^▽^)o)

dc052525_201905251459483e7.jpg


dc052405.jpg


dc052510.jpg

↑今朝は2コの水槽で咲いてくれましたヨ~‥暑くて~‥ユックリ鑑賞できませんが~‥


↓初挑戦中のハスも水面イッパイに葉を茂らせてきました! 

dc052511.jpg


dc052504.jpg

↑カガブトの初開花も~‥(この黄色い花も可愛イ~!‥)


↓夏場にシッカリ成長してもらう為の必須~!‥”追肥”をシッカリやりましょう!

dc052604_201905261240082e8.jpg


dc052608_20190526124010216.jpg


dc052611_2019052612401166c.jpg

↑超発酵油カスを 根から離して数粒づつ,溶け出さないように深~く 押し込みま~ス!



④、連日の晴天=直射日光ギラギラで一気にGW(グリーンウォーター)化が進んだ水槽あり~!(涙~)

↓この際,リセットしま~ス!(今後の稚魚用水槽立上げも睨んで‥若魚統合もやりま~ス)

dc052520_2019052515022255d.jpg


dc052521_201905251502248da.jpg


↓手順はいつもと同じ。予備の石類を組合わせて‥サクサク~とレイアウト

dc052530.jpg


dc052533_201905251502272da.jpg

↑水張り完了~!→統合した背ヒカリ系を一緒にして放流~!


↓あちこちの水草専用容器で産まれた”親知らず稚魚”用にビッグタライも立ち上げました。

dc052410_20190525145935008.jpg


dc052411.jpg

↑木陰になる場所。庭一周棚から外れた一角にセッティング。今後のモレ子もこれに入れま~ス!



⑤、作業は午前中で終了~‼‥ この暑さでは,ユックリお庭で”めだか遊び”は危険ですネ~‥

↓”高齢者は熱中症に要注意~‼”‥早目の水分補給は 必須で~ス!

dc052501_201905251502168f7.jpg

↑30℃を越える日中は,室内でノ~ンビリ”お昼寝タイム”と行きましょうかネ~‥(ロートルの特権?)


↓早くもシオカラトンボのカップルが 水槽周りに出没~!‥“ヤゴに注意” の季節になりましたヨ~‼

dc052516.jpg

↑特に,稚魚用水槽への産み付けに注意しましょう!‥小ッチャイ子は 絶好の餌食ですからネ~‥


以上‥異常な高温続きの日々ですが‥「暑さのせいで~‥」の 言い訳はイヤですから~‥

 あれこれ”猛暑対策”をやった,5月後半の週末作業のお話でした‼



      では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking   

地元で多くのめだか愛好家に親しまれてきた 倉敷ロードプラザ『めだかの宿 2』ですが~‥

 昨年は『西日本豪雨』で被災し‥ホボ1年近くめだか販売は休眠状態でした。

(*詳しい経緯は‥2018/12/4「めだかの宿2」の現況をご覧ください←ここからど~ゾ!)


↓◆”めだかベストシーズン”を迎え,「元気でやってるかナ~?」と訪ねてきました。

dc051934.jpg

↑目印のノボリが高く掲げてありますネ~!


↓恐る恐る飼育場を覗くと‥オオッ~‼‥沢山のお客さんが~‥スタッフ皆なテンテコ舞~‼(w(゚o゚)w)

dc051918(修整1)


dc051917.jpg

↑閑散としているかも‥の予想を覆して‥大盛況じゃ~ありませんか!

 手の空いた隙に聞くと「TVの影響か,昨日から凄いお客さんじゃ~‥忙しい~!(笑顔)」

 5/18・地元TV局の情報番組で『めだかの宿 2』が紹介され 一気に来店が数倍増したとの事。

 社長曰く「TVの影響凄いワ~!‥これからはTVCM バンバン入れたろうカ~‥」(と ご満悦~‥)


元気な社長&スタッフの様子にホッ~‼‥どんな品揃えになったかナ~とハウスを覗くと~‥

↓2棟のハウス内の採卵用黒発泡には 種親がビッシリ~‥元気に泳いでいますヨ~‼

dc051933.jpg


dc051930.jpg


dc051922.jpg

↑各発泡の種親も水も キレイ~!‥高水温防止に シート横も空けて風通しもヨシ~!(ウンウン!‥笑)


↓屋外では 黒プラ舟数10コに若魚が乱泳しています。(勿論孵化→針子もウジャウジャ~‥)

dc051944.jpg


dc051945.jpg


dc051920.jpg

↑販売可能な匹数も何とか確保できているようです。(接客の合間に選別もやってま~ス!)


↓販売コーナーには「箱売り」や お買い得「1匹〇〇円」コーナーも有りますネ~‼

dc051942.jpg

↑品種に拘る方にも,お手頃めだか希望のお客さんにも対応OK!

 (昨年の状況や春先の淋しい状態を知る私から見ると‥ヨ~ここまで復活できたナ~!‥)


↓「忙しいから~‥87ジージチョツト "倉敷錦"の 種親選別を手伝ってヨ~‥」(オイオイ!(笑))

dc051927_20190522223006c53.jpg

↑私の好みで7匹の"倉敷錦"を勝手に水槽から選び,新たな採卵水槽を立上げちゃいました(笑)


↓「今シーズンの一番重点めだかは‥紅白ラメ~!‥」

dc051940.jpg


dc051941.jpg

↑社長「流行りのめだかではないけど‥自分はこの紅白ラメが好きなんジャ~‥キレイだロ~‥」


↓その他,夢ヒカリ/東天紅/ヒレ長楊貴妃/黒峰/幹之系etcと それなりに品種も沢山~!

dc051924_201905222254069eb.jpg

dc051932_20190522223320290.jpg


dc051936_20190522223322034.jpg

↑流石に"今人気の先端品種"は少な目ですが‥(昨夏シーズン休眠だったので已む得ませんネ~‥)

 少し高グレードのめだかを求めるお客さんにもピッタリ!の品種は揃っていますヨ~! (私見ですが)


結局,私も来客の応対に駆り出されて~‥及ばずながら‥応援に~?‥(ヤレヤレ~‥でも楽しい~!)

 少し来店客が減った夕方になって,例によって"楽しいめだか談義‼"‥勃発~! (笑~!)

「気軽に 手軽に買えるめだか屋目指し‥復活ダ~!」と,熱っぽく語る平井社長が戻ってました!


近隣のめだか愛好家の皆さん~!・・

 是非,"復活した”『めだかの宿 2へ 気軽に遊びに行って上げて下さいネ!

   (毎週/土日は,社長も店頭で接客頑張るソ~ですから~‥)



◆駅前に整備中だったホタルの飛び交うビオトープ公園の様子も見てきました。

 (*立ち上げスタート時の『ビオトープ公園』のブログ記事←こちらからど~ゾ!)


↓地元新聞12/21の『ビオトープ公園』の記事。

dc022125_20190522223514135.jpg


↓当時の公園写真と現在の様子。(上/12月↔下/5月現在)

dc022116.jpg


dc022108.jpg

   ⇩   ⇩   ⇩   ⇩

dc051907.jpg


dc051910_2019052222331624b.jpg


dc051906_2019052222331305a.jpg


dc051905_201905222233125cf.jpg

↑水草も成長し,カワニナもビッシリ増殖‥ホタル幼虫の姿は確認できませんでしたが~‥

 一応の環境は整ってきたように見受けました!‥果たしてホタルは??

 うまく幼虫が育っていれば,間もなく羽化して飛び交う姿が見られるかも‥??

(「めだかも泳がせたらイイのにナ~‥」と感じたのは私だけでしょうかネ~?? (笑~‥))

 今後 生物の循環システムが出来上がり,市民に親しまれる"水辺の公園"になればナ~‥(祈~)


    それでは、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking 

『令和』になってから‥ホボ連日の晴れ~!‥雨はほとんど降っていない当地方です。

日差しも厳しく,夏日(25℃超え)が続き~‥”暑い春?”になってますネ~‥!((*゚Q゚*))


そんな好天のセイか~?‥又々100㍑ビオ水槽で”黄濁り”が発生~‼ (・゚・(つД`)・゚・)

↓しかも『平成最後の日』にリセットしたばかりの~‥あの2コのプラ舟両方で~ス!((;д;))

dc042729.jpg


dc042737_201905171324024d1.jpg

↑前回リセットからわずか3週間~‥こんなに早く再び濁るのは‥初の経験ですネ~‥(滝汗~‥!)


↓夫々の隣の②③水槽は 3月14日,同時に立上げ⇒まだキラッキラの透明水を維持しています。

dc051606_20190517132634e20.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051607.jpg

↑門に一番近い①水槽なんで~‥黄濁りのままでは私の自尊心が~‥モ~堪りません!(涙~‥)


↓左④水槽‥沈めた水草鉢もめだか達も 濁りでよく見えませんネ~‥

dc051608.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051609.jpg

↑同じ容量/日差し/めだか匹数/赤玉や底砂利も同量‥ホボ同条件なのに‥何故??‥??

前回リセット時には「微妙なバランス差が原因かナ?」と軽く考え, 深く原因を追求する気もなく,

鉢類・石/底砂利等は前の物を軽洗いし そのまま再セットしましたが~‥(バクテリアを活かそうと‥)


モ~辛抱たまりませ~ん‼‥何が原因か??‥再々リセットしながら 濁り発生の要因を調べま~ス!

透明水維持の②③と黄濁り発生の①④水槽で何が違うか?‥レテアウト用の石・底土が違いますネ~。

 ②③水槽→黒系の渓流石↔↔①④水槽→白い五郎汰石を 石組のメインに使っていました。

 ②③水槽→石材or溶岩石↔↔①④水槽→トンネルブロックor瓦+流木(過去にも濁り発生したケースあり)

 ②③水槽→赤玉土多量容器↔①④水槽→比較するとヤヤ少量(どちらもザルに入れ沈めてます)

その他は ホボ同質or同量の砂利/水草を使っており,こんな極端な水質差の原因とは思えません!


そこで‥新レイアウトでの再々立上げに当たって‥原因特定の実験をやってみる事にしま~ス!

 1)レイアウト石も種類を変え,底砂利も容器入りを止めて 底に直敷きに変えてみます。

 2)ビオ水槽必須の赤玉土も,②③と同量で新しい赤玉に入れ替え 別容器で沈めましょう。

 3)水草類も全て新規に取り換え,レイアウトも一新することにしました!


↓手順は今迄と同じ。底石等除去→めだかを掬い一時避難→汚水汲み出し水洗い→天日干し。

dc051612.jpg

   ↓   ↓   ↓

dc051621.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051620.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051623.jpg

 

↓新たな底土/石・砂利/水草/小物で‥レイアウトも新バージョン?に変更しま~ス!

dc051701_20190517132645fb7.jpg


↓100リットル①号水槽は・・2重トンネルと溶岩石+苔盆栽をメインに 海岸風景にしてみました。

dc051704_20190517132646739.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051710.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051715_201905171326513d4.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051719.jpg

↑五色砂利はboxに入れず,海岸表現?のつもりで‥直接敷いてみました。


↓100リットル④号水槽は・・”竜宮城”の入り口をイメージ?(笑)して遊んだのですが~‥。

dc051712.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051717_201905171326525a1.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051720.jpg

↑中央部分はあえて広~く空けて‥大海原のつもりで~ス! (笑~‥)



これでもし透明水が夏場迄維持できれば‥上記"1)~3)黄濁りの原因ダ!" と特定できるハズ!

 もちろん,目に見えないバクテリアの働きなどは この実験では判断できませんけど~‥

永遠のテーマ「半年/透明水が維持可能なビオ水槽の立ち上げ!」の正解に一歩近づけるかも~‥


ヤッパリ”私流ビオトープ”は~‥キラキラの透明水群泳するめだかにこだわりたいヨ~‼ (ヒトリ笑~‥)

dc051725_20190517132655eaa.jpg



と言うことで~‥わずか3週間で‥再々度"黄濁りリセット~!" 失敗談でした~! (苦笑)

 大汗を掻きながら~‥大容量プラ舟ビオ水槽の再々リセット終了で~ス‼(疲れタ~‥)

この結末は,数カ月経って 又報告できればナ~‥と考えています! (先ずは‥自分にご苦労さん!)


   

             では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking