私流「 冬 のめだか飼育」(②-2/12~1月‥冬本番編) | 87(はな)ジ~ジのめだか日記
FC2ブログ

*前回【第Ⅰ章】≪②-1/屋外飼育の部≫に続き、≪②-2/室内飼育の部≫を書きました。

  宜しかったら,ご覧ください!‥(室内飼の参考になるかナ~??)



【第Ⅰ章】 私流「"冬本番"のめだか飼育」編 (12~1月)

     

              ≪②ー2/室内飼育の部≫


  <設置環境>

↓PCデスク脇の 窓際に設置した 室内水槽 (2018/12/20撮影)

dc121914.jpg

↑太陽光の差し込み有り!‥(水温は日中15℃~夜間でも10℃キープ。室内暖房で比較的暖か~イ!)

 木製棚は数年前に自作。(強度にヤヤ心配あり‥地震の横揺れ✖=水槽は2コに減らしました)

 


  <我が家の”冬越し室内水槽”>

①,ガラス水槽2コ (設置2018/11/2&4 ;住人は‥秋生まれのチビッ子40匹+ダルマ系30匹)

  (室内飼育は‥原則11月中旬~3月中旬の4カ月‥屋外越冬困難なめだかを室内で育てます)

  <*水槽にめだか投入の詳細は,11/8記事参照←こちらからど~ゾ!>


↓秋生まれのチビッ子(上段水槽①‥横60㎝×縦20㎝×深25㎝‥外掛け式エアレーション)

dc121916.jpg

↑異種混泳。(鬼灯(ほおずき)/夢ラメ/梅本ブラツク各10~15匹‥採卵スタート遅れの為)


めだ友さんから里子に頂いた我が家の新入り品種です。(7月生れは屋外水槽で別に越冬中~‥)

10月末では1cm程度のチビッ子でした。室内で約2カ月経過‥随分大きくなってきたネ~‥(ウンウン!)


↓各種ダルマor半ダルマ(下段水槽②‥横45㎝×縦30㎝×深さ30㎝‥ロカボーイ+エアストーン)

dc121921.jpg  

↑屋外飼育中に発見したダルマを集めて入居。(品種は?‥あれこれ~)


ダルマ体型で産まれた子は,水温0℃程で腹が上になって戻れないケース(転覆病)が多くなるので‥

更に,その独特な泳ぎ方が可愛らしい(鑑賞に最適)ので,毎年冬場のみ室内で育てています。



②,室内常温で飼育‥加温&冬の採卵・孵化はやりません!

  (理由‥寒くて億劫/加温採卵は自然節理に逆らう?/加温した種親は春先の産卵遅れがち‥)

↓本日の水温15℃。(12/26am10時)

dc122552.jpg


③,ビオ風?仕立てに拘ります! (横見-上見ともに楽しめま~ス!‥但し,水質維持には注意も必要)

 (底土/石類/水草/小物でレイアウト→眺めて楽しむために~‥&写真も撮るゾ~!‥)

↓立上げ時の様子。(2018/11/4撮影)

dc110225.jpg


dc110231.jpg


dc110655_201812252222474bd.jpg

↑底砂利の厚み・石類の組み上げ等見栄えも考えてレイアウト‥手前を広く&奥に石を配置。


④,水草も必須。(屋外水草の内,室内でも強いオモダカ/アナカリス/ホテイ草等を流用してます)

 (水草投入は,めだかの隠れ場+フンやエサを分解・吸収し酸素を供給+写真映えも期待できる)

↓グリーンロタラは冬場も室内なら成長します。時々選定しないとめだかの泳ぐ場所が狭くなル~!

dc122540.jpg

↑オモダカの緑葉は維持できますが,成長は遅め。春先のオモダカ鉢準備時にはこれが役立ちます。


④,エアレーション‥有り(外掛け型とロカボーイ)/ヒーター等なし/蛍光灯あり(時々点灯)

 (日中のみエアレon!夕方には止める→水流は極少に絞って‥(多少の運動にはなる筈))

↓弱い水流に逆らって泳ぐ稚魚達。屋外と比べ冬場も結構な運動量。(エサやり欠かせませんネ~)

dc122537(修整1)(修整1)


⑤,エサやり‥水温12℃以上を目安。 (ほぼ毎日1~2回/主に粉エサ&時々冷凍赤虫(10時-2時))

 (少量を心掛ける=春迄に一人前に育てたい/水質悪化を遅らせる/でも 消化不良には要注意!)

↓エサを撒いた直後の様子。

dc121970.jpg

↑夏場程ではありませんが~‥人影を見ると「エサ頂戴~!」とガラス面に寄ってきま~ス! (笑顔~)


⑥,水替え‥原則冬シーズン中は全水替えはません! (理由→水が冷たく~‥億劫~!エヘヘ‥)

 (水量が減ったら足し水。(月/1回)/汲置き水は,足し水の2時間前に室内に置く=水温合わせ)

 (ガラス面に藻類が発生したら‥ガラス拭き用タオルで軽くふき取り,1/4水替えをする)


   室内めだかは,もっぱら鑑賞用‥冬場の無聊を慰めてくれま~ス!





 <注意している事>

 ①晴れなら日中はカーテンを全開にして太陽光を取り入れる

 ②エアレ時間は5~6時間‥長過ぎるとめだかが疲れると思うので‥&当然,電気代節約 ~!

  (酸素取り込み&水質維持のためのエアレは,この程度の時間で十分だと思ってます)

 ③体力不足のめだか達を移住させているので,より注意して 健康状態をチェツクする。

 

 ④めだか撮影は中々 難しイ~‼ (奥行がありピント合わせ△‥上達の秘訣は??‥)

↓めだか撮影の図。

dc122545(修整1)


dc110823(修整1)


dc110803(修整1)(修整1)

↑外光と撮影用背景をうまくかみ合わせての撮影が まだまだ未熟ですよネ~‥(汗&涙)

マ~‥これからの”厳寒”期は,室内のめだか達と長~イ付き合いですから~‥少しづつ勉強で~ス!


年の瀬が迫って来て~‥何かと忙しない歳末になってきましたネ~!

風邪を引かぬよう,体調に注意しながら‥まだまだ続く”冬本番”も楽しく過ごしたいものです!


    では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking 

関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

母,介護施設に入所!‥年の瀬押し詰まって~・・

1年の締め括り~‥「めだか」も「体操」も‥

comment iconコメント

comment avater

春🌸

こんばんは(*^^*)

ダルマちゃん可愛いですね
低水温だと転覆したりする
噂は聞いてます(^_^;)
家にもコロコロした
ダルマが1匹居たんですが
室内引っ越し後直ぐにΣ(ノд<)
★になってしまいました

ですが数日前に2階廊下の楊貴妃容器に
2匹半ダルマを見つけて
とっても嬉しかったです
2階廊下のメダカは
居間のメダカより
ほとんどがふっくらしていて
今のところ
成功しているようですが
明日から強い低気圧が
来るようで吹雪くかもしれません
凍る事はないですが
水温はとても下がるはずなので
メダカが心配です

2018年12月26日 19:50

comment avater

hanaジ~ジ

Re: こんばんは(*^^*)

  春🌸さん、連続コメント 有難うございます!!

ダルマは、泳ぎ方も剽軽で・・可愛いですよネ~・・!
ただ奇形のため、寒さに弱いのが 飼育には難点ですが~・・

2階廊下水槽で発見した”半ダルマ”2匹・・ヨカッタね~!
何とか”冬越し”して、来春まで元気に過ごして欲しいものですネ~‼

日の当たらない室内より、太陽の差し込む廊下の方が、
ダルマにとっては良い環境だと思います。(寒さより太陽が重要・・)
頑張って、冬越しに挑戦して下さいネ!

そちらは風&雪で 相当冷え込むと全国予報で見ました。
過酷な冬なんでしょうが~・・人もめだかも自然環境には耐えきれる
強い生き物だと信じています!

”年末寒波”・・暖かくしてお過ごし下さいネ!

   では、又・・・

2018年12月27日 10:42

comment avater

ほっしー

(以前にも申したかもしれませんが)我が家も玄関の下駄箱の上に金魚の水槽と並べてメダカの容器を置います。
コーヒーカップ型の陶器と備前焼の浅鉢。以前は水槽にメダカを入れていました。
しかしながら、玄関先の容器=屋内飼育ではどうもメダカたちが長生きしないように思える。卵も見かけないし、もちろん針子もいない(たぶん)
暑い寒いを経験しつつ太陽の光を浴びて育つ方が元気がいいのだと思うのは私だけでしょうか?

2018年12月27日 22:21

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  ほっしーさん、コメント 有難うございます!!

めだかの室内飼育・・本当に難しいですよネ~!
屋外⇔室内の最大の違いは・・直射日光だと思います。

やっぱり、めだかにとって一番重要なのは”太陽光”だと考えます。

1年中室内での飼育には 私はゼンゼン自信がありません。
従って、我が家は室内は”冬場”のみに限っています!(苦笑)
更に 小さめ容器だと水質の維持や水温安定が難しいので
 我が家は大きめ水槽の飼育でエアレを多少しています。

本格的な”寒さ”がやって来ましたネ~!
お風邪など引かれませんように~・・・

  では、又・・・

2018年12月29日 09:43

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)