私の『プラ舟ビオトープ』の歩み・・(-①) | 87(はな)ジ~ジのめだか日記
FC2ブログ

強い寒気が日本列島に居座って~‥12月はズ~ッと”寒い日”が続いていますネ~‥((;д;))

屋外でめだか飼育の私は‥やることナシ!‥もう”ブログネタ”が続きましぇ~ん‼(大涙~‥)


苦肉の策~‥『プラ舟・ビオトープ』5年間の歩み(変遷)をマトメておくことにしま~ス!

私が”ビオトープでめだかを飼う!‥”に嵌まった歴史?を振り返ります!

 ・‥宜しかったらお付き合い下さい!(苦笑~‥)‥・



◆≪第一章≫ 2013年/春 プラ舟を購入。2ツ並べて立上げ~‼


私がめだかに目覚めたのは,2013年の春ですが,同時に”ビオトープ”に興味を持ちました。

「キラッキラ~の透明水でめだかを飼うことが出来るか?」と考え~‥ネット検索すると~‥


ありました‥⇒ ”『ビオトープ風』の水槽なら,水は濁らず透明水を維持可能”との事~‥

 <*「めだかとビオトープ/愚考」のマトメ記事①~④ ←ここからご覧ください!>



水槽は何でも良い‥プラ舟は,広く丈夫で長持ちする!‥ヨ~シ!‥プラ舟でやってみよう~!

↓最初にホムセンで買った ”プラ舟・40”(色/グリーン)(2013/5月)

プラ舟⑤


プラ舟③

↑軒下の踏み石の上に設置して,早速 第①号のプラ舟を立上げました。


↓教科書通り,赤玉土₍厚さ3㎝)/簡単にそこらの石・ブロックでレイアウト&水草を直植えしました。

プラ舟①


プラ舟②

↑数日後‥濁りが消え,キレイな水になりました。₍←ワクワク胸が躍ったのを今でも覚えていますネ~)


↓ネットで近所のめだか屋₍「めだかの宿2」₎を見つけ,カラフルめだか購入。₍確か10匹→1.000円?₎

宿①


宿③


宿②

↑初対面から 妙に平井社長とウマが合い,以来ズ~ッと仲良くさせてもらってま~ス!。


↓面白くなって来ましたネ~! 続いてプラ舟②号を並べて立上げ~!

プラ②ー1


-2プラ②


-3プラ②



*プラ舟について・・本来セメント等を練る為の容器。丈夫・耐久性高くめだか飼育にも人気。

 グリーン(緑)とブラック(黒)の2色があり,製造メーカーも数社あるようです。

 最初にグリーンを購入した事と,我が家の庭にはブラックは似合わないと思い,以後もグリーンに統一。

  なお、リス製プラ舟はグリーンのみ。黒プラ舟は,他メーカー製でやや薄手で安価。

  ”プラ舟”の呼び名はグリーンのものを表し,黒は”プラ箱”と言うそうです(ホムセン担当者の話)



↓レイアウト用の川石や底砂が欲しくなり、豪渓渓谷へ採集ドライブ~‥

渓流①


渓流④


渓流③

↑何10年振りかで河原に下り、適当な渓流石/流木/苔石など数個をゲット~!


↓更に,秋には”鬼が嶽渓谷”に行き、又々渓流石/ヤマゴケなどを採集して来ましたネ~!

鬼②


dc103118_201712192147038b5.jpg


鬼が①

↑後日,大量採取は問題ありとの指摘あり~!(汗~‥) 以後チョツトだけに自粛しています。


↓夏になると 産卵→孵化が始まり,稚魚がイッパイ~!ビオまわりに次々に容器が殖えていくゥ~!

夏


↓で‥次は‥稚魚用プラ舟を3コ追加で立上げ~!

3連③


3連⑤


3連⑦

↑ブロックを敷き詰め,その上にプラ舟ビオをセットして,底土+水草鉢を沈めました。

(①②号で水草を直植えしましたが‥夏には底一面に根を張り巡らせ,リセット時大変でしたネ~!)

そこで,③号以降の水草は全て鉢に植え込んでから投入しています。(直植えは止めました)


↓冬間近になり,3連プラ舟は軒下に移動。フタも作って”越冬準備”完了です!

冬


冬②


冬③

↑この状態で,2013年の冬を迎えたんですが~‥

予想以上に”冬越し”は難しかったですネ~‥(涙~)・・そのお話は<第二章>に続く~・・


2013年”ビオ挑戦”1年目夢中になって プラ舟5コをビオ仕様で立上げましたヨ~‥!

水草や渓流石等にも興味が湧き,ドンドンビオトープに嵌まっていくのが‥我ながら楽しい~!

めだかも販売店&通販等で買い求め,10種類程に増え,水槽で群泳する姿に魅せらル~!‥(笑)

めだか飼育が 段々本格的?になってきた~!‥そんな,1年目でしたネ~!₍←懐かしいナ~‥₎



 ・・2014年以降は、又項を改めて お話ししたいと思います!‥お楽しみに~??・・


    では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.h

関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

晴れ!‥久し振りに‥屋外で~‥

1昨年の「大寒波」からの教訓!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)