私流・・『針子』→『稚魚』→『若魚』の育成方法~・・ | 87(はな)ジ~ジのめだか日記

産卵→孵化の真っ最中ですが・・『針子』誕生から、一人前の『若魚』に育てるために~・・

現在 進行形の ”私流『針子『稚魚』『若魚』の飼育方法を書きます。

 (”我流”ですし~‥失敗の繰り返しで~‥恥ずかしいんですけど~‥)


水温・水質の変化が激しく"梅雨シーズン"と重なるこの季節‥毎年 結構苦労?してま~ス!(;_;)



◆6/25現在の 我が家の「採卵~稚魚育成」容器の様子から~・・


①、採卵容器(NVbox13ℓ)‥20種×種親6~10匹/ペアタンク+オモダカ鉢1コ+トリーナ1コ

dc062327.jpg

↑トリーナは、3~4日毎に卵付いたまま下記②に投入し、孵化を待ちます。(現在/約10日で孵化)

 採卵容器には次の新トリーナを入れて、上記の採卵方法を続けます。

 親用の飼育水は、20日~1カ月で 全水替え。その時底に産み落とした卵も 網で漉して回収。

  <*採卵の詳しい方法は→ここから過去の記事へ←ド~ゾ!>


孵化容器 (100均パンケース)‥左半分/5月採卵分&右半分/6月採卵分‥数日毎に全水替え。

dc062334.jpg


dc062412.jpg

↑但し、針子を確認後は水替えストップ!‥すぐ緑水になりますが、1カ月間は水替え一切ナシ!

(この間の水替えの水質急変は針子へのダメージあり!‥緑水は栄養価高く、針子育成のベストな水!)

 

↓最初の針子誕生3日後から、市販のチビッコめだかの餌を日/1~3回ほんの少量与えます。

dc062530.jpg

↑孵化容器で成長する間は、この粉エサのみで飼育しています。 


②-2、食べ残しエサは 垢取り(100均)で掬い、別のバケツで濯ぐ。(間違って掬った針子を救済)

dc062538.jpg


dc062531_201706251748427e7.jpg

↑バケツで泳ぐ針子を発見したら レンゲで掬って、別立ての「親知らず」容器で育てています。


↓現在大小2コの「親知らず」容器に約100匹の親不明針子が成長中です。(結構多いですネ~!))

dc062537.jpg

<*針子→稚魚育成のやり方は→ここから過去の記事へ←ド~ゾ!>


③、針子大容器(100均プラ容器)‥針子の大小差が始まったら、白・黒2種類を準備します。

dc060801.jpg

↑針子大をレンゲで水と一緒に掬い、この飼育容器に移住させます。

 (白・黒の色違い容器は、日当りやめだかの品種で使い分けてます)


小は大のイジメから解放→成長が促進 & 大は広い容器で更に成長。(この作業は結構重要です!)

 週/1回程度、②から大を掬って③に移住 を繰り返します。


③-2、大針子容器には、外見ですぐ見分けられる複数の品種を混泳させる場合もあります。

dc062518.jpg


dc062407.jpg


dc062409.jpg

↑大容器で大ききくなった子を、更に別の容器に移す方法が最良だと聞いていますが~・・

 私は、軒下に置くスペースに限りがあり&容器も増えるので そこまではやれていません!


④、稚魚育成容器(NVbox)‥同月生まれの針子の大小差が縮まる 2カ月後に再度マトメて移す。

dc062414.jpg

↑この容器で、稚魚として育てます。(ここまで来ると、もう大丈夫! ほぼ★発生ナシ!)

ペアタンク(底土等ナシ)で緑水化します。月/1回 完全水替えを実施⇀刺激を与えて成長を促します。

一品種一容器(100匹以内)がベーター‥ or 匹数少なければ③に準じ複種混合もあります。


⑤、秋(9月末)には イヨイヨ 稚魚→若魚飼育容器として 発泡水槽を立上げます(去年の写真)

dc070473_2017062518054656e.jpg

↑私は、この段階で全ての水槽はビオ風?に仕立てます。(底土/川石/水草等を入れます)

 冬到来まで 又は来春まで、この育成容器で成長させ、翌年の種親候補に育ててます。

 同一種の全滅リスクを回避するため、同品種は2コの容器に分けて入れるようにしています。

 寒くなったら、緑水化や多少の濁りが生じても眼をつむって放置。(春まで 水替えしません!)



◆各ステップ毎の、気を付けている点をマトメてみます。


『針子』の時。

dc062523.jpg

"餓死"を防ぐ(針子が★の最大原因)→市販粉エサ(上記)を使用。ホンの少量を日/1~2回。

"水質変化&水流"に弱い→原則生まれて1カ月は水替えしない! (緑化しても 見ない振り‥)

"大小差"に注意!=大を別容器(ヤヤ大き目)に移し別飼育。→大が小をイジメる/時には喰う。

 (小は大にエサを独占され"餓死"の危険増。別飼育すると大小共に伸び伸び成長できる)


『稚魚』になったら。(針子~20日程で めだかの姿になってきたら‥私は"稚魚"と呼びます)

dc062510.jpg

"運動量UP"=大きめ容器に移す(私はNVbox使用)→孵化容器での大量飼育は成長が遅れる。

②シッカリ喰わせる!→エサは針子と同じ。量は少量を日/数回が望ましい。(定時給餌で人に慣れる)

太陽光が重要!→出来るだけ日当り良い場所に置く。(エサ+太陽光が成長の2大ポイント!)

   (但し、高水温には注意を!→スダレ等で日陰を作る) (気温30℃越え予報なら、即スダレをします)

   (雨水流入も避けたい→急激な水温低下&豪雨ではオーバーフローして稚魚は流れ出る可能性あり)


『若魚』を 強い子に育てるために・・

dc062502_20170625180910f06.jpg

"四季"を感じる自然環境下で育てる→屋外で、雨ざらしで良い! (煮える高水温には要注意!)

"厳寒期"の凍結は可愛そう!→私は発泡容器にフタをしています。(*過去の記事参照下さい)

"ビオトーフ風"で水質安定→秋迄は伸び伸びと/冬場は半冬眠=エサも絶つ。(強い子に育つハズ?)


「折角産まれた"赤ちゃんめだか"→飼育者の責任?で 出来るだけ多くの子を元気に育てたい‼」

そんな気持で、私はこんな方法で育ててます! (中々思い通りにはいきませんがネ~‥(汗~‥))


自分なりに努力しているんですが‥針子→若魚まで育てられる確率はと言うと~‥残念ながら、

現在までのところは~‥精々・・50~70%? が精一杯かナ~・・(。゚(゚´Д`゚)゚。)


「強い子は生き残る!」(自然界の鉄則)を信じて‥更に努力を続けようと思ってます。


 以上、6月下旬のこのタイミングで "私流"の新たな命の育成方法を書いてみました。


・・この記事で、めだか飼育初歩の方の不安がチョットでも薄れ、育成のヒントになったら~・・

 嬉しい限りで~ス‼ (*但し、マネされる場合は、"自己責任"でお願いしますネ~・・)


   では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht


関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「桔梗さん ご一家」・・いらっしゃイ~‼

「メダカ展示会」のPR活動に・・

comment iconコメント

comment avater

あんこ

87ジ〜ジさん、こんにちは。
以前、産卵についてアドバイス頂いた あんこ です。
ご報告が遅くなりましたが。

あれから、出来る事から改善していったのですが…
不注意で☆にしてしまったりと
相変わらず、残念な状況が続いています。

僅かに産まれた稚魚達をなんとか
大きくしようと頑張ってます。
まだ、改善の余地はあるので、色々と試してみます!!
暑くなりましたが、お体に気をつけて下さいね。

2017年06月26日 09:04

comment avater

noboru

87さん 今日は
この所、梅雨らしい天気です。

87さんメモを教訓にして、おかげで今年も順調に殖えました。
採卵しても(取って孵化容器入れ)6割から8割は稚魚化できています。
この頃は卵トリーナを外していますが、残ったホテイ草にまた産卵しています、
それでもったいので別容器にこれを入れていました、そしたらうじゅじゃ孵化しています。
鉄仮面系、ラメ系、三色系の混浴です、これだけでも100匹以上はいるようです、想定外のもうけ孵化です。

2017年06月26日 11:48

comment avater

しげ

おっ!ハウツーブログですね~

87さんのブログは写真も多く、解説も分かりやすいので、皆さんの参考になるのは間違いなし!ですね。

私の方は相変わらず自己流から抜けきれませんが。。。。(-_-;)

>「強い子は生き残る!」(自然界の鉄則)
全く同感です。

我が家の場合、水替えや容器の清掃、水草のトリミングなどを行った時に見つけた卵は専用の容器にポイッって感じで入れているんですが、その容器の方が順調に孵化して、育ちもいいような。。。。
手塩に掛けた卵や稚魚達がうまく育たない時があるのに、なぜ?って感じです(汗)
おまけに、花木の水やり用に水替えした時の飼育水が貯めてあるのですが、先日もその中で稚魚が順調に育ってました(笑)

2017年06月26日 20:02

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  あんこさん、コメント 有難うございます!!

5月末頃のご相談でしたよネ~・・?
そうですか~・・余りお役に立てるアドバイスにならず スミマセン!


> 僅かに産まれた稚魚達をなんとか> 大きくしようと頑張ってます。

頑張って、若魚→成魚まで生育し、ペア組できたら次世代で再挑戦ですよネ~!
冬を自然環境下で越しためだかは 強いです!
来春は、今年の失敗?(苦労)を教科書にして、より良い産卵環境を作って下さい!

”失敗が 次の成功の糧・・”になるよう・・ガンバッて下さいネ!
先輩の皆さんも(私も・・)結構大失敗をして そこから学ばれていますヨ❕
少しづつ経験を積むことで、段々飼育が上達し、楽しくなってくるはずです!

 更に挑戦を続けて頂きたい・・そう願っていますヨ~!!

   では、又・・・

2017年06月26日 22:19

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  noboruさん、いつもコメント 有難うございます!!


> ・・採卵しても・・6割から8割は稚魚化できています。

スゴイ~‼・・私より確率高いのでは~・・(笑)

私は、これからの"梅雨シーズン"が 苦手です。
毎年、少しづつ改善?して、★発生を防ぐ工夫はしているんですが~・・(汗~‥)

儲けものの稚魚の中に、意外に"お宝"が居たりしますよネ~・・
そちらも楽しみですネッ!

まだ当分は ジメジメした季節が続きます。
どうぞお身体 ご自愛くださいませ!

  では、又・・・

2017年06月26日 22:29

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  しげさん、いつもコメント 有難うございます!!

> おっ!ハウツーブログですね~・・

イヤ~・・試行錯誤の"迷走飼育法"なんで~・・恥ずかしい~!(汗~‥)

ただ、私自身が今迄に通って来た"道"から学んだやり方に過ぎませんが、
一番楽しい「孵化」→「稚魚」の過程なんで、ここで失敗すると、折れますものネ~!
初心者の方に、少しでも参考になれば・・と思って書きました。(大汗~‥)

危うくポイする卵や、紛れた針子・・元気に育ちますよネ~!(同感!)
私は"親知らず"と名付けていますが・・たくましさは半端ナイですよネ~!
飼い主側の チョツトした目配りで救えた命・・ある意味"奇跡の子"かも~・・

貴重種の子供も、親知らずの子も・・可愛い我が家の"めだか稚魚"です!
シッカリ面倒見て、立派な"若魚"に 育てたいものですよネ~!

これから当分、ジメジメ"梅雨"が続きます。
お身体 ご自愛の上、めだかライフを楽しんで下さい!

  では、又・・・

2017年06月26日 22:47

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)