台湾での「めだか」「ビオトープ」 ~・・≪総集編①≫ | 87(はな)ジ~ジのめだか日記

8泊9日で行った"台湾旅行"・・角度を変えて・・マトメ=総集編を書きます。


めだかに嵌まってから初めて行った"台湾"で、めだかorビオトープについて考えました。


事前調査で知ったネット情報から・・ 

 ①台湾で作られた "蛍光めだか" を見てみたい! 

      (蛍光クラゲの遺伝子組換えで誕生した"蛍光めだか"のその後が見られるか‥??)


↓ネットに掲載された"蛍光めだか"の写真

蛍光めだか③


蛍光めだか④  


②睡蓮鉢の焼き物ビオトープもどき? も知りたいナ~!

 (様々な陶器類で作った睡蓮鉢/台湾人の水槽飼育の実態も垣間見れたらイイな~??)

↓店先に並んだ睡蓮&水草鉢と 水辺の植物などのコラボ写真

鶯②


鶯⑤



これらの興味深々の"めだか関連"事項を、観光の合間を縫って 探索してみました。


①、"水族館街"(熱帯魚の問屋街)を 2度に渡って、突撃訪問した結果~・・

↓忠孝東路5段には ネット情報の通り、沢山のチッチャな熱帯魚店が並んでいました。

dc0102244.jpg


dc0102472(修整1)

↑一人の観光客として訪れるには やや マニアックで敷居が高い様な ‥雰囲気あり。

 幸い、ガイド陳さんのサポートのお陰で、躊躇なく 各店舗に飛び込めました。


↓熱帯魚/淡水魚/水草/アクア用品などに特徴を持たせた独自のお店に「ニイハォー」と訪問。

dc0102252(修整1)


dc0102474_2017010717563262e.jpg


dc0102242.jpg


dc0102245_2017010800052542e.jpg

↑熱帯魚マニアには垂涎ものの展示魚がズラリ~‥でも、私の狙いはズバリ"蛍光めだか"1本!

 言葉の壁も陳さんの通訳で上手く乗り越えられましたが、目指すめだかは見当たらず~!


各店が個別経営(台湾独自?)の為か、他店の情報はほとんど共有されておらず、

 「蛍光めだか どこかにいませんか?」の問いにも「知らないネ~」の連発~・・

   ⇩  ⇩  ⇩

2回の突撃も空しく・・"蛍光めだか"の現物も、その手掛かりも全くゼロ~!! (涙~)

展示された水槽の魚達も ほとんどが熱帯魚or金魚。(いずれも色鮮やかな魚種が主流)

熱帯魚は東南アジア(主に香港/上海)からの需要が多いとの話も聞きました。

鮮やかな珊瑚やイソギンチヤク類も 中国富裕層向けに活発な取引があるそうです。


*2~3店で「10年ほど前には居たけどナ~」の話が聞けただけでした!! (残念~!)

むしろ日本で"めだか人気UP中!"の当方情報に 驚く店主もいましたネ~!(こっちが驚き~!)




睡蓮鉢・水草鉢やビオトープ風水槽の探索~・・の結果・・・

↓"鶯歌窯老街"では 睡蓮鉢・水草鉢を扱うお店を中心に10数店で品定めをしました。

dc0102154.jpg


dc0102160(修整1)


↓日本のホムセンでしか買った経験のない小生にとって 珍しく多様な鉢を見ましたネ~!

dc0102155(修整1)


dc0102162(修整1)  

↑しかも、"風水"とか"金運"とか・・独特の拘りが鉢づくりの根本にある様子です。

 更に、底土/水草/鉢周りの植物などの趣向も発想が異なり、面白く感じました。



↓"植物・花・陶器青空市"では ごった返す人ゴミの中、あれこれ物色/楽しみました。

dc0102466_20170107175624c0f.jpg


dc0102468(修整1)


dc0102467(修整1)


dc0102469_20170107175629571.jpg


  ⇩  ⇩  ⇩

そこで、数点の気に入った物を買おうと思い、日本への運搬手段等を聞き正すと~・・

「重いので高いヨ。自分で郵便局から送る手続きを~」と手荷物購入を奨められ・・(困惑)

その重量と手続きの煩雑さで~・・結局断念せざるを得ませんでした。(無念~!)


泣く泣く 荷物に入れて持ち帰えられる、少数の小品のみ購入することに~・・

↓これがお土産代わりに購入した品々です。(これでも結構 重かったで~ス!(汗~))

dc010705_20170107182135c38.jpg


dc010719_20170107182010fd9.jpg


dc010722.jpg


dc010724_20170107182014949.jpg



観光や食事‣街歩きの途中で、見つけたビオトープもどき?の水槽の一例。

↓商店や個人邸の軒下などで沢山目にした 池・水槽・睡蓮鉢の写真。

dc0102115.jpg


dc0102539.jpg


dc0102181.jpg


dc0102163.jpg


dc0102520_20170107183023ea3.jpg

↑"めだか"は 残念ながら・・泳ぐ姿が1件も見当たりませんでしたネ~・・

 鯉は小さめがウジャウジャ~・・金魚はヒラヒラ&赤系が好まれていると感じました。


めだかに関しての関心は未だ薄いようで、特に個人でのめだか飼育の方との出会いナシ!

生活レベルや住宅事情(戸建て少なし)の為か、めだかを楽しむのは 未だ先の事なのかナ~?


昔、何10回も"台湾旅行"しましたが、"めだか"にはまってからは今回が初めて・・

今迄とは一味違う観光が出来た今回の"旅"・・満足✖2倍の楽しさを味わえましたネ~!!

数多くの日本人が台湾観光に訪れますが、”めだか”&ビオトープに主眼を置いた観光客は

 私が初めてかも~??・・ナ~ンテ~・・勝手に自己満足しています。


今春・我が家の新ビオ水槽立ち上げに、あれこれ参考になる事もイッパイ見聞きしました。

この旅行で感じた中国風?のレイアウトなども これからのビオづくりに役立てたいもんです。


 以上、「台湾」⇔「めだか」「ビオトープ」のマトメ記事でした!!


    では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/

ranking.ht


関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

寒さ対策は?・・

新春・ビオトープ構想??

comment iconコメント

comment avater

さい

あけましておめでとうございます

後れ馳せながら、今年もよろしくお願いいたします❗

なんだかあまり台湾も魚の展示は日本と大差はないのかな?✴

2017年01月10日 15:46

comment avater

hanaジ~ジ

Re: あけましておめでとうございます

  さいさん、コメント 有難うございます!!


> なんだかあまり台湾も魚の展示は日本と大差はないのかな?✴


日本は大型ペットショツプなどもあり、小売り中心の店舗が多いですが、
台湾は個人経営の熱帯魚等のちっちゃなショツプしか見当たりませんでした。
ただ1か所に 100店以上のお店が密集して、競争しています。

お客さんも マニアから商売人まで だれとでも売買しているようです。
輸出も 個人で 香港・上海にも 卸売りしているそうです。

予想外に・・”めだか”はほとんど見かけませんでしたネ~。


*本年もどうぞよろしくお願いします!!
(お手軟らかに~・・)

   では、又・・・

2017年01月10日 23:00

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)