エエッ~‥!! 観察めだか 大量死~!! | 87(はな)ジ~ジのめだか日記

   <*先ずお詫び~・・今日の記事は写真ありません! 文章だけですがお許し下さい!>


◆6/8 雪乃チャンの小学校へ 観察用の めだか120匹を里子にお持ちし、

 『めだかのお話し』も何とか終えて~…ひと段・・ホッ~!!・・としていました。

後は、めだか達が バンバン産卵する様子を シッカリ観察してくれるだろォ~と思っていた矢先~・・


◆昨日(6/9)学校から帰った 孫娘の雪乃チャンから、TELがありました。

 「ジ~ジ、昨日のめだか 全部死んじゃつたヨ~・・」(涙声‥)

 「雪乃のクラスも2匹生きているだけで,他のクラスも皆~んな死んじゃつたんダ~・・」

    ↓

 私、大慌てで、状況を聞くも、 「何が起こったのか~??」よく理解できません!!

 そんなに一時に大量死する 原因がすぐには思いつ付きませ~ン!!・・(困惑~‥)

  

 担任の先生に どんな状況か?・・様子を確認しました。

 すると、段々 状況が分かってきました。


先生の話を総合すると~・・・

・お話しのあと、各クラスに 容器に入っためだかを持ち帰り、言われた通り"水合わせ"のため、

 飼育用水槽に容器をそのまま浮かべて、水温を合わせたそうですが~・・・

  作業はここ迄で、5時限早じまいの曜日の為 子供たちは下校し、

  翌朝まで、容器は水槽に浮かべたままになったそうです。


・翌朝、登校した生徒が楽しみに水槽を覗くと‥ほとんどのめだかは★になり、浮いていた!!。

 とりあえず、★のめだかは校庭にお墓をつくり埋め、生き残ったわずかなめだかは水槽へ‥


・ただ、1クラスだけは、容器を水槽に浮かべず、そのまま教室に置いておき、

 翌朝、水合わせして水槽に放つ・・全匹元気に大きな水槽で泳いでいる・・との事でした。


子供達は 少なからずショツクを感じている筈だと考え、先生と対応を相談しました。

・かわりのめだかを準備し、再びお持ちする。

・念のため、水槽の水は 全部新しい水に入れ替える。

・大量死の原因も 突き止める必要がある。(今後の飼育に生かす)


と、言うことで、水槽の新しい水から カルキが抜けるのも見計らって、

 土日お休み後の 月曜(6/13)に 再び新たなめだかを持参することに致しました。



次に、大量死の原因について・・思い当たることを考えてみました。


・めだかが弱っていた→→当日朝まで我が家の水槽で元気に泳いでいたし~・・

・運送中の激しい揺れ→→特別急ブレート等で 水が零れたりした様子はナシ。

・搬入時に大揺れ→→発泡が重く、体育館迄の搬入中に大きく揺れ めだか&水もこぼれた。

  <狭い容器で30匹のめだかは大きな揺れでストレスになった可能性あり。>

・発泡に出ためだかを掬う→慌てて数匹のめだかを掬い元の容器に入れ 水も容器に戻した。

  <容器は水洗いズミだが、発泡は未洗浄・・何らかの毒物が混入したか?‥若干可能性アリ>

・容器を水に浮かべたまま一晩過ごしたため、容器の水温・水質の急変が考えられる。

  <搬入中の揺れ+狭い容器に過密気味のめだかで、酸欠が起きた可能性が大。>

    

一応の結論

   <自宅から学校~放流までにほぼ20時間。揺れた水/気温・水温/過密な容器など>

  <複合的な要因が重なり・・酸欠 or 急激な水温変化 or 激しい揺れでのストレス>

        ・・が 今回の原因ではないかナ~・・と考えています。


 ~~幸い1クラスは全匹無事・・全滅との違いは、一晩水に浮かべていたか否かの違いだけ~~



大量死を起こした要因も 考えてました。


・搬入時、全容器を発泡に入れ同時に運んだため、大揺れ&めだか・水の流出が生じた。

  <横着をかました。(予想外に重く、揺れるまま構わず搬入した)>

・通り一遍の水合わせの仕方を教えただけで、当日の生徒の下校時間までは 頭にナシ。

  一晩、小容器で水に浮かべて、翌日水槽に入れることは 全く想定しなかった。

  <初心者への・・状況に応じた細かい注意などには 気が廻らなかったナ~>

・大量の里子めだか(120匹)を差し上げた経験がなく、容器・匹数のバランスに配慮が欠けた。

  <水槽に放つまでの時間なども 事前に考慮し、入れる容器を選べば良かったか??>

・多少の飼育経験を経たことで慢心(?)‥細かい配慮が欠けていたと言わざるを得ませんネ~

  <多感な生徒達に 悲しい思いをさせてしまったことが 一番悔やまれます!>

 

などなど・・私の不注意が 今回の大惨事(?)の最大の要因だと・・反省~‥!!(涙!涙!)

  恥を忍んで・・今回起こったことを 有りのまま書いてみました!!



大量死のホントの原因が何んだったのか??・・今後の めだか飼育のためにも

 この記事を読まれた皆様の ご意見や原因についての考えを お聞かせ頂ければ 嬉しいです!!


       ショツクを引きずりながらですが~・・・

    では、又・・・



よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html

関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

アクセス10万突破~!!

小学校で「出前・めだか講座」やってきました!!

comment iconコメント

comment avater

ヒロ

こんにちは
記事拝見。
浮かべた容器に何匹入ってたかは不明ですが、酸欠じゃないですかねぇ。
温度合わせた容器が大量死で
浮かべてない容器は元気なら
水槽の温度の水が水温高く
飼育水の痛みがはやかったんで
アンモニア中毒
水温が高いと酸素も溶けにくいんで

はっきりは確信がないですが
元熱帯魚屋の考えでは

2016年06月10日 16:40

comment avater

めだ3兄弟

こんにちは

上で仰られているとおり酸欠と中毒じゃないですかね?
子供たちがショックを受けてなければいいのですが案外新しいメダカがきたらケロっとしてくれればいいですね
子供たちは大人の私たちが思うより感受性豊かな反面、適応力もありますからね

放課後にご自身でセットされるのはいかがですか?
子供たちが絶対寄ってくるでしょうから仲良くなりながら一緒にセットすれば、お互い楽しいかもしれませんよ

2016年06月10日 17:51

comment avater

noboru

87さん 今晩は

まずもって、ショックでしたね。
お孫さんの涙声に全表現されています。
やはり水合わせで一晩小さい袋の中で酸欠状態になったのでしょう。
87さんの細かい分析に有りますが、後の対応(生徒さんの)が予測できず
残念ながらのミスということでしょう。
生徒さんも今回のことで命の大切さを学んだと思います。

大変お疲れでした。

2016年06月10日 18:14

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

ヒロさん、コメント 有難うございます!!

プロのご指摘・・納得~!!・・ナ~ルほどです!!
100均の虫飼育容器(推定2リットル(?))に30匹入っていました。
放流まで2~3時間なら 大丈夫かと考えたのが 甘かったですネ~。
飼育用水槽は廊下に設置してあり、その時の水温はわかりませんが、
 当日蒸し暑かったし、高めになっていたのかも・・・
容器の水も、わざわざ飼育水を入れたので キット傷みが早くて、
 アンモニア中毒+酸欠が大量死の原因だナ~・・と納得です。

熱帯魚の専門家からの アドバイス・・ホントに有難うございました!!

水合わせのポイント=速やかに・・を明確に伝えなかった 
私のミスが、大量★の すべての要因だ・・ヨ~クわかりました!!

今回のことを肝に銘じて・・失敗は繰り返しません!!

有難うございました!! では、又・・・

2016年06月10日 22:14

comment avater

ぶっち

こんばんは

せっかくの里子さん、ショックですね。

たぶん酸欠と水質崩れだと思います。
水合わせは、一緒にされた方がこれからの為にいいんじゃないかと思います。
私も過去に嫌な思いをたくさんしました。
周りのメダ友の方も突然大量死されたと本日お聞きし
虫よけスプレーが原因じゃないかと話をしていました。
30匹を1日元気に置いておくとすれば最低でも30リットルの水が
必要だと思います。
水槽に浮かべていない分だけ助かったみたいですが
水合わせをしていなかったので元の水が全てだったからだと思います。
水合わせをしてバクテリアが減り酸欠という最悪な結果になったと思います。
バクテリアの話や移動の際、ゆっくりの水合わせ、点滴方式ぐらいが
いいんじゃないかと思います。
掛け合わせのめだかは、敏感なので難しかったんじゃないかと思います。
私は、1匹のみ、水合わせしてそのまま翌日まで忘れたことがありますが
元気に泳いでいました。
たぶん、酸欠、水質崩れだと思います。
次回は、細かく説明してあげた方がいいかと思います。

2016年06月10日 22:23

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  めだか3兄弟さん、コメント 有難うございます!!

ヒロさんのご指摘の通りで、大量死の原因は 間違いないと思います。

子供たちがショツクを受けただろうと考えると いたたまれませんが、
 貴殿の言われる、「子供は適応力もあり、切り替えも早い」を信じて、
 次のめだかは 私の手で 水合わせをしてあげようと思います。
元気に泳ぐ姿を見せることで、元気を取り戻してくれると良いのですが・・
再び 笑顔と歓声が戻るよう、がんばりま~ス!!(笑顔)

アドバイスで、スゴク気分が軽くなりましたヨ~・・!! 有難うございます!!

  では、又・・・

2016年06月10日 22:26

comment avater

ぶっち

念の為に

念の為に種水を多めに持って行ってあげた方がいいんじゃないでしょうか?

私も言える立場じゃないですが、水質、量、バクテリアの話も
してあげた方がいいんじゃないでしょうか?

2016年06月10日 22:29

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  noboruさん、コメント 有難うございます!!

雪乃チャンからのTELで まだショツクを引きずっていますが~・・
この記事、書こうかどうかも迷いましたが、有りのまま書いて
 皆さんから的確な原因を指摘頂くことで、今後の戒めにしようと・・

お陰で、原因も、その要因もハッキリ知ることが出来ました!!
今回の大失敗を無駄にしない為にも、里子めだかを渡す際には
 状況に応じた 的確な水合わせまで お伝えするようにします。

noboruさんにまで ご心配かけて、申し訳ありませんでした。

先ず、私から気持ちを切り替えて・・前向きに対処しようと思います!!
アドバイス・・ありがとうございました!

では、又・・・

> まずもって、ショックでしたね。
> お孫さんの涙声に全表現されています。
> やはり水合わせで一晩小さい袋の中で酸欠状態になったのでしょう。
> 87さんの細かい分析に有りますが、後の対応(生徒さんの)が予測できず
> 残念ながらのミスということでしょう。
> 生徒さんも今回のことで命の大切さを学んだと思います。
>
> 大変お疲れでした。

2016年06月10日 22:42

comment avater

hanaジ~ジ

Re: こんばんは

  ぶっちさん、コメント 有難うございます!!

イヤ~・・一度に100匹近いめだかの大量死・・
しかも 多感な小学生の目の前での発生~・・・
 正直、どうしようか 混乱してしまいましたネ~!!

でも、こうやってメダカ仲間の皆さんから、
 暖かく 的確なアドバイスが頂けて・・トッテモ嬉しいです!!

原因とその要因がハッキリしたので、少し気分が楽になりました!
子供達や先生、初心者の方への"めだかの輪"を広げる際の注意点として、
 今後は 細心のアドバイスを心掛けねば・・と肝に銘じます!!

お仕事多忙なのに、余計な心配させて・・ホントに申し訳ありません!!
次のめだか持参時には、子供たちと一緒に、シッカリ水合わせして、
 元気に泳ぐ姿を 見せようと・・それが唯一の方法ダと・・

我がミステイクに 親切なアドバイス・・有難うございました!!

では、又・・・

2016年06月10日 22:59

comment avater

hanaジ~ジ

Re: 念の為に

  ぶっちさん、再度のコメント 有難うございます!!

返信後に、再コメに気づきました!! 
細かいご配慮・・・ホントに恐縮しています!!


> 念の為に種水を多めに持って行ってあげた方がいいんじゃないでしょうか?

まだ水槽の水が新しいと思うので、是非そうしたいと思います。
次回は、絶対失敗しないよう・・笑顔で「めだか可愛いネ」と子供達から
 言ってもらえるよう、ガンバリま~ス!!
アリガトウ ゴザイマシタ~・・!!

では、又・・・

2016年06月10日 23:06

comment avater

かっくん

こんばんは、
今回は、大変な思いをしてしまいましたね。
皆さんのご指摘の通り酸欠が原因と思います。

理解できないのは、水槽に浮かべず、そのままにしていたメダカが元気なことです。
他の容器より水量が多かったのか、メダカが静かにしていて酸素の消費量が少なかったのか?
メダカの通販が盛んに行われている現状で、移動=ストレスはそんなに関係ないと思います。

教室でメダカの観察が出来る環境、素敵なことです。
ぜひ、実現させてください。

2016年06月10日 23:48

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

かっくんさん、コメント 有難うございます!!

めだかの話をあれほど目を輝かせて聞いてくれた子供たちが・・・
大量のめだか★の姿を見てしまったのかと考えると・・ガックリです!!

でも、皆さんの励ましやら ご指摘のお陰で、少し元気が戻ってきました!

原因は酸欠・・要因は私の浅慮(1~2時間で水合わせは終わるだろう)です。
小さな容器にたくさん(30匹)のめだかを入れて、持参したことが悔やまれます。

次にお持ちする際は、私も立ち会って キチンと水合わせするつもりです。

私の希望は、これらの水槽での産卵→孵化→育成→越冬=累代です。
次の5年生に自前のめだか(自分達で育てためだか)を引き継げたら
 良いナ~・・・と夢見ているんですが~・・・

ご指摘&ご配慮・・・ありがとうございました!!
気を取り直して、子供たちと一緒に ガンバルゾ~!!

では、又・・・


2016年06月11日 00:25

comment avater

JO

初コメです
水合わせとか色んな原因があるとは思いますが、校舎(要するに教室内です)の室温です
サッシで締めきった教室の室温は、一般家庭の夜の室温と話にならない位違いますよ
子供が下校した後は全て窓を閉める訳ですから熱気がこもったままなんです。
一般家庭じゃこんな事は無いと思います、水槽の水は多めでメダカは少なくです。

2016年06月11日 06:21

comment avater

鬼軍曹

突然の報告、ビックリです。

私もお仕事柄、コンクリートの建物の中にいることが日常なんですが
この時期でも、そこそこな室温になりますからね~
その状況で過密状態では、メダカ達にはちょっと厳しかったかな。

アドバイスって程でもないですが、
基本、コンクリート造の建物には、断熱材がはいっていので、
夏休み中の学校(7、8月)の教室内は、外壁が長時間太陽に焼かれ続けて、
室温が上がったまま、また朝になります。ホント、サウナ状態です。
少しだけでも戸を開けてもらえると、全然ちがうんですけどね。
学校って、大体廊下側が日陰になってるので、締っ切った教室が断熱材代わりになって
けっこう涼しかったりします。
フォローの際に、一度そのあたりの確認してみてはいかがでしょうか。

私も、87さんの講義に集中し過ぎて、肝心のメダカ達の環境に気づけなかったな~
反省ですね。

ドンマイ!ですよ、87さん



2016年06月11日 10:42

comment avater

OTTO

答えは出たようですね!
原因が、解れば 対処方法も見えてくる。
ちょっとショッキングな体験とはなりましたが、これを機に 生命の大切さを 再認識しする良いきっかけになったんじゃないかな?
これも 勉強ですよ。

2016年06月11日 12:22

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

JOさん、初コメント 有難うございます!!

> 一般家庭じゃこんな事は無いと思います、水槽の水は多めでメダカは少なくです。

真逆の事になってしまったのが、私の大きなミスでした。
容器の水は、搬入時こぼれて 少なくなっており、
 3リットル足らずの容器に 30匹と過密になっていました。
一晩、熱気のこもった教室に放置では、★になっても仕方ありませんネ~。
以後、このような初歩的なミスをしないよう・・心掛けます!!

ところで、JOさんも 学校で生徒達にめだか教室で教えておられましたよネ~!
辺コメで 顕微鏡でミジンコ観察をされたとか・・・
子供たちに囲まれて、シッカリ実地指導されて・・スゴイと思います。

これをご縁に これからもよろしくお願い致します。
(私も いつも読み逃げしてまして~・・ゴメンナサイ!)

では、又・・・

2016年06月11日 17:26

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  鬼軍曹殿、コメント 有難うございます!!

驚かせてしまって・・スミマセ~ン!!・・やらかしましたネ~(冷や汗~)

事前の下見で 各クラスとも 水槽は廊下に設置しているのは確認してました。
教室内より幾分気温は低いんだろうとは思いますが・・・
生徒達に後を任せ、放流まで確認しなかった私が悪いですネ~・・


> 講義に集中し過ぎて、肝心のメダカ達の環境に気づけなかったな~> ・・反省ですね。
> ドンマイ!ですよ、87さん


ホント・・その通りの状況でした。 返す返すも~・・残念なミスでした。
やさしい励ましのお言葉~・・落ち込んだ気分に、
 鬼軍曹殿のお言葉が・・身に染みて有難いです!!・・ホントに有難オ~!!

気持ちを切り替えて、月曜には 再度めだかを持参します!!

では、又・・・

2016年06月11日 17:39

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  OTTOさん、コメント 有難うございます!!

ショックな体験でした!!・・初めは何が原因かわからず 慌てましたネ~(汗~)
沢山の方々に、原因→要因をご指摘頂いて、すべてがハッキリわかりました!

結局、ド素人が 舞い上がってしまい、めだかの話に集中したため、
 肝心の めだか飼育の基本を 忘れたという オソマツでした!!(涙~!)

以後、この教訓を忘れず 更にガンバラねば~・・と思ってます!

お恥ずかしい話になり、ご心配かけてしまって・・スミマセンでした!!

では、又・・・

2016年06月11日 17:47

comment avater

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016年06月11日 20:00

comment avater

hanaジ~ジ

Re: 頑張って下さい!

  〇〇さん、カギコメ 有難うございます!!

原因↠要因も 皆さんからのコメントにより、ハッキリわかりました!!
多くのめだかを★にしてしまったこともですが、
 多感な子供たちに 死という現実を見せてしまった事が 悔やまれます!

全て私の チョツトした不注意が起因しており、大きな戒めになりました。

でも、いつまでもシヨツクを引きずっても仕方ないと考え、
 明日からは 気持ちを切り替えて、再び"めだか遊び"に挑戦します!!

今回の件・・〇〇さん初め、たくさんの方から コメントを頂きました!
いずれの方も 原因についてのご指摘と共に、
 ガンバレヨ~・・とのエールも頂戴しました!!

本当に有難うございました!!

サ~・・又,"めだかの輪"を広げるために・・ガンバるゾ~・・!!!

    では、又・・・

2016年06月11日 21:05

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)