ビオトープ&めだか・・・愚考④ | 87(はな)ジ~ジのめだか日記

 「ビオトープ&めだか」 と題して 私が取り組んできたビオトープについて 
  4回に分けてお話してきましたが、いずれも"自己流"であり、
   正解にはほど遠いやり方だと 自認しております。

やればやる程 奥が深く、裾野も広がるのが ビオトープの世界だと 思っています。

でも、"昔懐かしい 自然に近い・・・"めだかの飼育環境を目指して 
 これからも 体力・気力の続く限り、大いに嵌まり 楽しみたいと 考えてま~ス!!。



 第三章 屋外・ビオトープ水槽のマトメ

【①】これから目指すビオトープ (こんなビオ水槽を作りたいナ~!!)
 
◆水槽ジオラマ(?)or水中箱庭(?)or水上山里(?)などに 憧れますネ~・・・
  気になるビオ水槽の写真を ネットで検索して ピックアップしてみました。

↓ガラス水槽でこんなの作りたいナ~      ↓睡蓮鉢ならこんな形もイイですネ~
34482-1[1] yjimage[6]

↓広く大きいプラ舟で 作ってみたいビオ水槽例・・・
yjimageH050QOWZ.jpg

↓ジオラマ水槽
yjimageH2OBNEBK (2)

↓"せせらぎ水槽"‥この水槽には"のぞき窓"が付けてあり、
   ビオなのに 上見だけでなく"横見"もできるんです。(凄い発想力・・・脱帽!)
↓上から見ると普通の ビオ水槽・・・
img_1_m[1]
↓横見の写真です (水槽の前面をくり抜き、窓から観察・撮影が出来るよう作られています)
img_5_m[1]


↓ホントは、庭に池を掘って、水の流れるビオトープが作れたら最高ですが~~・・・
水辺の景色


◆ 最後は、お庭全体の景観も素晴らしい!!…理想の飼育環境の紹介です。
  (手入れの行き届いた"盆栽"と キレイに並んだ"水槽群"が見事にマッチしていますネ‥感動!!)
    ↑私が目指す、究極のビオトープの姿かナ~~・・・↓

↓ かっくん (「めだか飼育始めました」) <2012/7/7記事> より 写真は拝借しました。
blog_import_50a67962b8a0c[1]

blog_import_50a67964c3b0f[1]

blog_import_50a67965d30b4[1]
↑↓ビオを目指した初期に読み 目に焼き付いた素晴らしい飼育環境です。(頭から離れません!)
blog_import_50a67963a3f78[1] (2)
↑参考にしたい方は・・・ 
   ここをクリック→ 「めだか飼育始めました」 を開き、
   記事一覧表から<2012/7/7の記事>を ご参照下さい。




 ~~この "ビオトープ" 関連記事の終わりに~・・・~~

【④】屋外・ビオトープでめだかを飼う時の 私の覚悟!!を記しておきます。
  (これも人それぞれのお考えがあると思います。あくまで私の考えに過ぎませんが~・・・)

①、完璧な品種別めだか飼育・繁殖は難し~イ!!→→品種改良が主眼の方には不向きかも~
↓我が家の採卵容器               ↓孵化・針子育成容器
dc070165_201602261411506ba.jpg dc080303_20160215233023345.jpg
↑オモダカ鉢を投入。(半ペアタンク)      ↑トリーナを数日おきに こちらに移し孵化を待ちます
 (産卵最盛期になると"親抜き"方式→約2週間で種親を次の採卵容器に移していきます。)
 (空になった前の容器はそのままにして 針子の孵化を待ちます。 これを繰り返します。)

①-1)、
 トリーナ・水草に付いた卵に気付かないまま、他品種の採卵に再使用→タマゴが混ざりやすい。
 (トリーナのたまごの完全採り込みは不可能 &孵化した針子が どの品種か判別が困難)

①ー2)、
 稚魚の大小選別時、水槽の物陰に隠れた稚魚を 全匹掬い切れず、残してしまうことがある。
 (ペアタンクなら1匹残らず掬って選別できるが、ビオの場合は見残すことが往々にして有ります)

①ー3)
 針子容器の水換え時、他品種の針子と錯覚して 混ざってしまう事も時々起こりますネ~。
 (要するに注意力散漫==大雑把飼育のツケが ここで現れてしまいます)
            ↓
            ↓
 結果、品種不明の稚魚 (我が家では"親知らず"と言う) が 結構発生します。(涙~&苦笑)
            ↓
            ↓
~そんなリスクもあって、ワンペア採卵や 品種改良には なかなか踏み切れていません~
 
①ー4)、
 更に、新たな品種を導入する時は…どうしても上見の見栄えを重視してしまいますネ~。
 横見がキレイなブランドめだか導入には 、今一積極的になれないですネ~(品種もイッパイだし‥)
 (人懐っこい/上見のキレイな色/鮮やかな背ヒカリ/元気に泳ぐ姿…が新品種追加の基準です)
 

②、透明水で泳ぐめだかの姿を眺めていたい。
  (水の管理に手間がかかる(リセットも多々発生する))==(GW水での飼育は稚魚の時だけ)
↓我が家のプラ舟ビオ水槽        ↓レトロ水槽(火鉢・石臼・睡蓮鉢・タライなど)
dc040912.jpg  dc072410.jpg
↑水の濁りや水質悪化の状況で 速やかに全面リセット→年1回は全水槽のリセットを実施してます)
  (ペアタンクほど 水換えの必要はありませんが、それなりに手間は覚悟しないと~・・)


③、常に予備水槽の準備が必要→水質悪化・病気蔓延時、緊急避難できる容器の準備が肝要。
   (ほとんどがビオ水槽のため、おいそれとリセットに踏み切れない)
  ↓稚魚飼育用発泡ビオ水槽         ↓孵化・針子用 予備容器
dc080503_20160215233031aae.jpg  dc082310_201602182228523af.jpg
 (容器を置くスペースや稚魚匹数への対応に 制約のある方も多いはず~・・・です。)
 (そんな事情が原因で ビオトープ飼育に踏み切れない方が・・・お気の毒です~!!)

④、屋外飼育なので・・・雨水大量流入を想定した対策も必要になります。
  (オーバーフロー/水質急変時の対処なども 事前に想定し、対応策を考えておく)
↓オーバー水対策(汲水タオル)(他にフタ)    ↓カルキ抜き用溜め水容器
dc051905.jpg  dc021817.jpg
 (私は、汲水タオル・雨避けフタ・水換用具・塩やメチレンブルー液・御神田の水で対応しています)    
        ↓
        ↓
 先輩ブログにも これらの対処法はイッパイあるので、参考にして 取り入れ欲しいと思います。 
 
⑤、屋外‥とんぼ=ヤゴや カエル=オタマジャクシ・昆虫などの侵入は ある程度は覚悟しておく。
↓捕獲したヤゴ                ↓稚魚水槽にいた 沢山のオタマジャクシ
dc081318_20160218223724edb.jpg  dc081810.jpg


⑥、屋外‥鳥類や猫も来る→めだかの害鳥は追い払うしか方法ナシ!!
   (一度味を占めると 常時狙われる→食い尽くすまでやって来る)
↓天敵のシロビタキ                ↓ハトも水を呑みにやってくる
dc101306.jpg  dc081005.jpg
  (完全にシャツトアウトするには、水槽にフタをするorネットを掛けるしか 方法がありませ~ン!)       
         ↓
         ↓
私は、外敵からの脅威も "自然の摂理"
  ある程度は 止む得ないと考え、我が家のビオ水槽には フタやネットは一切しません!!
   
  ・・・強いものは生き延びるし、弱いものは淘汰される・・・
 …「いたし方ナシ! 」 と割り切る事にしています。 

  以上、"覚悟"と言うほど 大げさなものではありませんが・・・
   めだかの品種改良を目指す方々とは 少し違う・・・
   ビオトープでめだかを愛でるやり方もあっても良いのでは・・・と思いつつ~・・・


 "愚考"の連続で、あまりお役に立てる記事にならなかったかも知れませんが・・・
  『ビオトープでのめだか飼育は・・楽しいヨ~!!!』
       との 私の想いだけは、
  皆さんにお伝えできたかナ~・・・と微かに 自己満足しております。



  ~~今回も 長~いお話にお付き合い下さって 有難うございました!!~~

(* 又 稿を改めて、『めだか飼育』についての "愚考"も 書いてみたいと思っています)


        では、又・・・




 よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「苔盆栽」 作り。<第一弾>

4年に1度の・・”おまけの日”

comment iconコメント

comment avater

桔梗 唯

楽しさがたくさん伝わってきますねー♪
素敵なレイアウトの数々、私もうずうずします。

人間も同じですが、長所は短所…逆もしかりと言いますか。
自分で良いところも、悪いところも理解しているジ~ジさんは
とってもとっても素晴らしいです。

人それぞれの飼育法があると、私もよく思います。
最近まとめ記事ばかり書いていますが
まとめはやめようかなーと思っているところです。

親知らずがあふれて大変な時は我が家にください♪
7月終わり位に夏祭りがあるので(笑)

2016年03月01日 19:36

comment avater

おとん

こんばんは~
ご無沙汰しております。

僕は完全自己流です。人には言えないとこも少々・・・(笑)

シロビタキでなくハクセキレイですね・・・
主食は虫なのでめだかを食べるか不明ですが・・・
うちにもたまに来ますね~キジバトは来ませんが・・・

うちは今加温してる子達が卵を産んでテンテコ舞いです(笑)

2016年03月01日 21:17

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  桔梗さん、いつもコメント 有難うございます!!

あんなのもイイな~!これもイイな~!と 先輩達のビオトープを見て
 妄想している ビオトープ中毒のジ~ジです!(笑)

特に かっくんさん紹介の飼育環境は 何年経っても忘れられません。
 何時の日か・・我が家にも実現させたい 理想の姿ですネ~・・・


> 人それぞれの飼育法があると、私もよく思います。

百人百色・・・それぞれ自分の感性で めだか遊びを楽しめば
 それで良いと思っています。
ただ・・・人様が作出したブランドめだかを 自分の作のように
 自慢される風潮には、私は 抵抗感がありますが~・・・


> 最近まとめ記事ばかり書いていますが
> まとめはやめようかなーと思っているところです。

イエイエ!~・・自分の飼育経験から得た教訓は 貴重だと思います。
自分なりにマトメておく事で、過ちも正解も 後日判明するはずです。
シーズンの始まり&終わりに マトメてメモするのは重要だと考えます。
「記憶より記録!」・・それが飼育を進歩させる源ではないかナ~・・!?


> 親知らずがあふれて大変な時は我が家にください♪
> 7月終わり位に夏祭りがあるので(笑)

OK!!・・めだか掬いの匹数が足りない時には いつでもドウゾ~!!
喜んでお届けしますヨ~!!(大笑)

   では、又・・・

2016年03月01日 22:21

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

 おとんさん、久し振りのコメント 有難うございます!!


> シロビタキでなくハクセキレイですね・・・
> 主食は虫なのでめだかを食べるか不明ですが・・・
> うちにもたまに来ますね~キジバトは来ませんが・・・

アッ!そうなんだ~!!・・・ご指摘有難うございます!
ズ~ッと"シロビタキ"だと思い込んでいました。
めだかは食べますヨ!・・我が家は一昨年やられました!

> うちは今加温してる子達が卵を産んでテンテコ舞いです(笑)


冬に孵化させた子も 春には産卵するようになるのかナ~??
その経験のない私には分かりませんが 頑張って育てて下さいネ!

   では、又・・・

2016年03月01日 22:30

comment avater

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016年03月01日 23:15

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  桔梗さん、連コメ 有難うございます!!

今度 そちらにお伺いした時、自慢のめだか達は
 ジックリ拝見させて もらいます!!(楽しみ~)

異種交配は、水槽が相当多くなるようですネ~・・
私は 花チャンが 遺伝子研究で詳しくなったら
 やるかも知れませんが・・まだ先のことかナ~??

3/3から暖かくなる予報・・・楽しみましょうネ!!
   では、又・・・

2016年03月02日 00:01

comment avater

OTTO

沢山の方々の ビオ容器を観ると
なんかワクワクしてきますよね。
私も ポンプを使って水の流れのあるビオ容器を造りたいとは、思うのですがね〜。

2016年03月02日 12:20

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  OTTOさん、いつもコメント 有難うございます!!

ビオトープ・・奥行き・深さともにトッテモ広いですよネ~!!
あれもこれも やってみたいものが沢山あります。
中々 満足できるビオが作れていませんが・・諦めずに、
 少しづつ 理想に近づいて 行きたいと思っています。

ヤッパリ究極は、水が循環する ポンプ水槽ですかネ~・・・
大掛かりになりそうで 踏み切れませんが・・いつか~・・

OTTOさんと目指すビオは 同じ方向なのかナ~・・・(安心!)

   では、又・・・

2016年03月02日 22:15

comment avater

nami

こんにちは〜
いやいや〜どしどしまとめて下さい!
永久保存版ですね(^o^)
これだけ詳しく
まとめて
載せてもらって!
これからの飼う方も、
ベテランの方も
沢山のヒントがありますね!
止水ビオ、参考にさせてもらいます!

2016年03月03日 11:00

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  namiさん、コメント 有難うございます!!

まだ経験3年足らずの未熟者の "たわごと" ですが・・・
今迄やってきた事を一度マトメてみようと考えました。(苦笑)

ビオトープ 楽しいですよネ~!!
namiさんの、滝→池→川の ビオトープ池も憧れてま~ス!!
土堀りや底敷きシート、循環ポンプなど 大掛かり過ぎて
 残念ながら 私には 真似できません!


> 止水ビオ、参考にさせてもらいます!


出来上がるのを 楽しみに待ってますヨ~!!・・・

    では、又・・・

2016年03月03日 22:06

comment avater

かとひで

はじめまして

はじめまして。かとひでと申します。
愛知県在住の40半のサラリーマンです。
睡蓮鉢の画像の主です。お褒めにあずかり光栄です。
一昨年たまたま貰った黒メダカからメダカとビオトープにハマり、今年年明けにhanaジージさんのブログを見つけてからは時々のぞき見してました。
メダカ、ビオトープ、石組、植物、苔・・・いろんな方のブログを見ましたが、多分私の目指すところに一番近いのはhanaジージさんかと。
ビオトープ、ブログ頑張って下さい。楽しく拝見、応援してます。

2016年03月05日 12:34

comment avater

hanaジ~ジ

Re: はじめまして

  かとひでさん、初コメント 有難うございます!!

こちらこそ~・・これをご縁に ヨロシクお願いいたしま~ス!!


> 睡蓮鉢の画像の主です。お褒めにあずかり光栄です。

エエッ~・・・ビックリです!!
事前了解も得ずに 勝手にブログで使わせて頂きました!(ゴメンナサイ!)
睡蓮鉢ビオの中で 私が一番気にいってる作品で・・ツイ~~・・!!


> メダカ、ビオトープ、石組、植物、苔・・・いろんな方のブログを見ましたが、
 多分私の目指すところに一番近いのはhanaジージさんかと。・・・

ありがとうございます!!・・目指す方向が近い方が居られて・・うれしいです!!
私も まだ3年ほどの初心者ですが、自分で納得できるビオづくりを目指して
 あれこれ模索しています。(思う物は中々できませんが~・・(涙))

これからも、色々情報交換など出来たら 嬉しいのですが~・・・
 どうぞ これからも 仲良くして下さいネッ!!

   では、又・・・



2016年03月05日 18:51

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)