ビオトープ&めだか・・・愚考① | 87(はな)ジ~ジのめだか日記

今迄取り組んできた 『ビオトープとめだか』について 
  自分の考えを マトメておこうと思い立ちました!!

文章化することで 今後 自分が目指すビオトープの姿が 見えてくればイイナと思って~…
 飽くまで、3年足らずの浅い経験の私が 勝手な思い込みで やっていることなので、
  余り参考にならないかも知れませんが~~・・・(もしお役に立てたら・・嬉しいです!!)
   マ~・・・年寄りの「おろかな考え」・・・と 笑って見過ごしてやって下さいネッ!!!


↓我が家に こんな水辺が出来たら、めだかも喜ぶし、飼い主もキット癒されると思います。
yjimage[5]
↑(ビオトープ写真集から無断借用しました。) ・・・憧れますよネ!!!~~~
   <*span style="font-size:x-small;">
   <http://www.nishiyamakazuich.com/hotaru/biotope.htm...>


・・・そんな、"夢"は こちらに置いといて~~・・・現実的なお話をします。



【第一章】屋外・ビオトープとは??

ビオトープの定義  と我が家への導入

『生き物が、ありのままに生息活動する場所』 
 (ドイツ語でVio Topの造語) が ビオトープの定義だそうですが・・・
「身近なところに水辺のある風景を取り戻したいナ~!」 が私のビオトープに嵌まった原点です。
 昔懐かしい・・・自然がイッパイの田舎の風景・・・憧れますネ~!!

自然環境に近い状態を 人間の力で取り戻す運動が 最近広まっているようです。 
多くの人の協力で 学校・公園・邸宅の庭に "ビオトープ" を造った例も沢山ありますよネ。

↓公園のビオトープ例               
yjimage[6]
↓個人のお庭のビオトープ作成例
yjimageBS0GBOLN.jpg


・・・でも、こんな大掛かりな、滝・川・池などを 造ることは・・・~~
  ・・・私にはとても不可能です!!! (ガッカリ~!)・・・
 
広いだけが取り得の我が家の庭に どうやって 自然環境に近い水辺を造ろうか???
穴を掘ったり、防水シートを張ったり、大きな石を積み上げたり、コンクリートを練ったり、
 更に ポンプで飼育水を循環させたり、 などなど~~・・・
・・・想像はできても、カネも力もない 非力な私には とても造り切れませんよネ~!!…
・・・更にメンテナンスまで考えると…とっても作成→維持管理はムリです!! (キッパリ!)
     ↓
     ↓
     ↓
で、考えついたのが…市販の容器の中に、擬似ビオトープを作ろう!!でした。
庭の景観も考慮して 容器を並べて設置すれば、途中での配置換えも簡単にできるだろうし、
もし水が濁ったり、藻が爆増しても 容器単位なら何とか手入れもやれるだろうと考えました。


もちろん、水はキレイな透明水が 見た目にもイイに決まってますよネ~。・・・と言うか、
 「清流のような綺麗な水槽で めだかを泳がせたい!」 が 
 私の強い強い 願望で~ス!! (私のめだか飼育の 唯一の "こだわり" かナ~!)

透明水の作り方→維持方法は ネット先輩の紹介が沢山あるので 何とかなるでしょう!
 <*私の透明水水槽の作り方は・・・【次回のー愚考②】で 書きたいと思っています>



◆そこで、ビオトープに使える市販の容器を探しました。

原則、水が溜められる容器なら 何でも構わないんでしょうが~・・・
ヤッパリ見た目の自然さや 並べても癒されるような 容器が良いですよネ~!

↓最初に目を付けたのが・・・火鉢です。
dc052120_201602081447204e8.jpg
↑戦後使わなくなった古い火鉢を 物置の奥で発見しました。
<深さもあり 見た目も自然で違和感ナシ。ただ中に入れためだかは 見えづらい>

↓次に・・・庭の隅っこに放置されていた 手水鉢石臼です。
dc061805.jpg
dc052135.jpg
↑重くて動かすのには苦労しましたが、何とか~・・・
(風情があり、和風の庭にピッタリの容器です。ここのめだか達は なぜか落ち着いて見えますネ~)
<しかし 手水鉢は浅い為、冬場は氷結して 冷凍めだかになった 事もあります>
<止む無く、今は夏場専用の水槽にしてます。>

↓そして、定番の・・・睡蓮鉢
dc042629.jpg
dc052138.jpg
↑稚魚が増えてきたので ホムセンで 順次 買い足していきました。
 (皆さん使っておられますし、見るからにビオトープ風で落ち着きますネ~)
 <難点は・・・何しろ重いので 一度設置したら 移動が難しいんで~・・>

↓更に、先輩ブログでこの・・・ プラ舟を知りました。
dc040705.jpg
dc042308.jpg
↑1コづつ増やして、今では計10コになりました。一列に並べると・・・イイ~!!
 (間口が広く トッテモ丈夫です。グリーン色の内外も 我が家にはピッタリ)
 <やや浅いので・・・冬場、日陰の場所に設置すると凍ることがあります>

↓大量飼育のブリーダの方愛用の・・・ジャンボタライ
dc061339.jpg
dc062905(修整1)
↑外見が余り風情がないのが難点です・・・でもチョツト工夫すれば~・・・
…古いスダレを巻き付けただけですが、見てくれはマ~我慢できるようになりました…
(タップリの水量で、水温変化も少なく ビオ容器にはもって来いです!)
<ただ・・地面直置きならイイんですが、棚の上には 重くて置けないナ~>

↓めだか販売店を見学したとき、…この園芸プランターを使っていたので真似しました。
dc111012.jpg
↑軽くて持ち運びも楽チンです。更に 大きさ・種類も色々あり 値段も手頃でgoodです。
 <しかし、冬場は保温もきかず 水温は全容器で一番低温で しょつちゆう氷結しました>
 <その上、夏場は水量が少ないので・・煮えます!→結局、使用中止にしました!(涙)>

↓越冬用に重宝しているのが・・・発泡スチール空き箱 (フタもあるし)
dc033115.jpg
dc102323.jpg
↑何より近所のスーパーで タダで手に入る!  その上、保温性に優れており 越冬用には最適です!)
<でも、ビオトープの メイン水槽には‥イメージが~…奥の方に並べて置けば目立たないかナ~>

と言う事で、現在、我が家の『屋外ビオトープ容器』は 
 園芸用プランターを除外して、6種類の容器を めだかの種類等で 使い分けています。



↓あと、採卵用にNVボックスと 孵化・初期育成に100均パンケースを使ってます
dc070165_201602081716068ed.jpg

dc051808_20160208144531763.jpg
↑これらは、基本ペアタンクです。当然グリーンウオーターになりますが、割り切ってます。
 (短期間(10日~1カ月)のサイクルで交換するし、水換えを小まめにやれば問題はナシ)



容器の種類別に 設置する場所を工夫すれば、我が庭にも溶け込んで、景観的にもマ~良し!!
めだかの匹数&季節で 容器の数を増減させながら 現在に至ってます。(容器数計35コ)


・・・【第一章】 愚考①は これ位にします。愚考②以降は 次回ということで~~・・・


     では、又・・・




よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html


関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

フライング~!!!・・・かな??

ホームページの勉強中~!!・・・疲れるけど・・・

comment iconコメント

comment avater

さい

我が家は

ひょうたん池を埋めています~(*´ー`*)
子どもが落ちてますワハハ(*´▽`*)

じーじさん、個人的にはHPで様々な容器の簡易ビオトープを紹介するのが嬉しいです💕
ビオトープも個人個人環境が違うので簡単にできるNVボックスミニビオトープから、睡蓮バチ、プラブネ、色々なバージョンのコツがあるとビオトープを作りたい人の参考になるはずです(*´ー`*)


材料費とかも(*´ー`*)←



2016年02月09日 17:35

comment avater

hanaジ~ジ

Re: 我が家は

 さいさん、コメント 有難うございます!!

嬉しい一番コメ!!・・・実は苦労してこの『ビオトープ・愚考』書いてまして~・・・
思考②~の続編も 書いている途中なんです。
いずれHP立上げの元ネタ用にと・・(ブログネタ切れのカバーなんですけどネ~)

そんな折の、"容器別の立上げバージョンを・・"との提案(アドバイス?)
とっても大きなヒントになりました!! (ホントにサンキュー!!です)

どんなモノになるか??・・見当が立ちませんが、暇を見て
 シリーズ(?)のように 続けたいと 思っています。
(集大成をHPにできれば 更に イイのですが・・・??)

ひょうたん池・・・イイですネ~!!
ホントは私も 庭を掘って 池を作りたいのですが~・・・
 マ~・・・水槽をイッパイ並べて 我慢します!!
春になったら 子供が落ちる瞬間(?)の
 ひょうたん池記事をブログアップして欲しいナ~・・(笑)

 「ビオトープ」好きは 春が待ち遠しいで~ス!!(笑)

では、又・・・




> ひょうたん池を埋めています~(*´ー`*)
> 子どもが落ちてますワハハ(*´▽`*)
>
> じーじさん、個人的にはHPで様々な容器の簡易ビオトープを紹介するのが嬉しいです💕
> ビオトープも個人個人環境が違うので簡単にできるNVボックスミニビオトープから、睡蓮バチ、プラブネ、色々なバージョンのコツがあるとビオトープを作りたい人の参考になるはずです(*´ー`*)
>
>
> 材料費とかも(*´ー`*)←

2016年02月10日 00:39

comment avater

めだか感動屋

ビオトープいいですね~♪
すごく癒されますし、リラックスできますから☆

大規模なものは実現するにはなかなか難しいですが
個人のお宅で再現するには87じーじさんの
このお庭はすごく理想的だと感じながらいつも拝見しております(*^-^)
プラ舟もグリーンを使うことですごく一体感がありますね!
黒だとまた違った雰囲気になると思いますし。

それぞれの容器の特徴についても
改めてとても参考になりました(*^∇^)

続きの内容も楽しみに
拝見させてもらおうと思います(*^-^)

2016年02月10日 09:17

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  めだか感動屋さん、コメント 有難うございます!!

ホントは、庭を掘って、池や小川を造りたいんですが~・・・
 無理な夢を追っかけるより やれる範囲で何とか~が原点です。
キレイな透明水のビオ水槽で泳ぐめだか達・・・心が安らぎます!!

古~い庭にもマッチして、違和感のないビオにしたいんですが・・・
 中々 思うようにはいかなんですよネ~(苦笑)
色々 試行錯誤するのも 楽しいものなんですヨ~!!(笑顔)

・新しいめだかづくりを目指して 品種改良にまっしぐらの方。
・キレイ・お気に入りの品種を購入し、ジックリ眺めて楽しむ方。
・こだわりを持って 数種類のめだかに特化して飼育する方。
・趣味が昂じて 本当のめだか屋さんをはじめられる方。
・知り合った仲間と情報交換や里子のやりとりをされる方。
・メダカ飼育から派生して、カメラ・盆栽などに趣味を広げる方。

『めだか好き』と言っても、色んな楽しみ方をされますよネ~・・・
それだけ めだかの世界も 奥行・裾野が深く広いんだと思います。

中には 私のような『ビオトープ』にこだわる者が居てもイイかと・・


> 続きの内容も楽しみに 拝見させてもらおうと思います(*^-^)

有難うございま~ス!!
中々内容がまとまらず、挫折しそうになる私には大いに励みになります!
焦らず、急がす、やれることから・・・少しづつ頑張りますので、
 続編も 是非ご覧頂いて 又コメント・アドバイスもよろしく~・・!!

では、又・・・

2016年02月10日 11:02

comment avater

OTTO

(なんちゃって)ビオトープは、最初 立ち上げるまでは、面倒だけど…
といっても それが愉しい。
立ち上がってしまうと、私みたいなものにとっては、手間いらず!(笑)
生物濾過サイクルさえ出来てしまえば、キラキラ透明水になり こっちのものです。
起伏にとんだストラクチャーなんかは、メダカにとっても、ストレスの少ない飼育容器になるでしょうし。

春に向け またひとつ立ち上げようかなぁ〜。

2016年02月10日 12:28

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  OTTOさん、いつもコメント 有難うございます!!

新たなビオトープを立ち上げる時、私は色々考えます。
洋風or和風/箱庭OR山水など・・・手持ちの水草や石をどう使おうかと
 頭に描いて 並べてみて・・・ホントに楽しい時間ですよネ~!!

私は今迄 底土は赤玉土が多かったので、基本/1年でリセットしています。
今年は 荒木田土の水槽を半分に増やして リセット頻度を長くしようかと・・・
(荒木田土は 初期に濁ることが多く それがイヤで 敬遠気味でした)

今日(2/20)は、晴天で暖かかったので、我慢仕切れず・・
 とうとう予備プラ舟2ツの 水洗いをやっちゃいました。(笑)
次の寒波が通り過ぎたら、いよいよビオ立上げに入ろうかと~・・・(大笑)

どっちにしても まもなく"春が来る~!!"
お互いに 今春も ビオトープで楽しみましょう!!

  では、又・・・

2016年02月10日 17:48

comment avater

chef

こんばんわ~^^
ビオいいですね~。前にもお話ししましたが我が家ではスペースの関係
で出来ないのでじーじさん達の創意工夫されたビオを見て楽しませて
もらってます♪
やはり入れ物って考えちゃいますよね~。私の家では屋外では今は
黒い発砲スチロールに入れてました。
じーじさんの言う通り保温性が抜群だし黒いので太陽光で勝手に
温度が上がってくれます^o^
愚行どころか本に書いてあるのが正しい訳ではない。と最近知った
私からすればその創意工夫の中にじーじさん流の正解になるんじゃない
ですかね。
毎回拝見させて勉強させてもらってますよ~^o^

2016年02月10日 20:37

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

chefさん、コメント 有難うございます!!

私のメダカ飼育の一番のこだわりは、ヤッパリビオトープですネ~!!
キラキラの透明水で 植物の間を泳ぐめだかの姿を見るのが好きです!

限られた飼育スペースの中では ビオにするのは大変でしょうが
 小さな容器(例えばプラスチックの丸い鉢)でもできますヨ!
底土+水生植物+めだかだけでも ある程度の生物循環環境はできます。

今の私流ビオトープも 多くの先輩ブログから学び、
 失敗の中から 少しづつ習得→アレンジしているものです。
何かの参考になればと書き始めたもので・・・まだ先が見通せません。

何回かのシリーズ物にする予定です。
宜しかったら読んでいただき、感想・アドバイスをお願い致します!!

   では、又・・・

2016年02月10日 22:33

comment avater

ぶっち

ハナさんこんにちは。

私の実家も昔、小さな池がありました。
実家も私の家の斜め前ですが昔は、竹やぶがあり
裏の庭にも竹が生えていい感じでした。
池は、なくなりましたが今も竹は毎年、生えます。
お風呂からも裏庭が見え、懐かしい思い出です。
もう他の場所は、新しい家が建ち、竹は実家の裏庭のみとなりました。
私ももし引っ越し、新しい家を建てるのであれば、
まずは、庭から設計したいですね。

ハナさんの大きい庭がとてもうらやましいです。
朝起きて庭に出たら、気持ちがいいでしょう。
ビオト-プ、楽しんでくださいね。
私もゆっくりですが、楽しみながらお世話していきます。

次回の記事、楽しみにしています♪
まだまだ寒いので、お体に気をつけてくださいね。

2016年02月11日 15:30

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  ぶっちさん、コメント 有難うございます!!

ご実家のお庭の"池"・・・子供の頃に過ごした 水辺のある風景の思い出は、
 大人になっても懐かしく思い出されて・・・イイものですよネ~!
私がビオトープに憧れるのも そんな昔々への郷愁でしょうか??

余り手入れのできていない我が家の庭ですが、
 やれることから少しづつ、「めだか屋敷化(?)」を目指します!(笑)

暖か~い一日だったので、今日はほぼ庭で過ごしました。
まだ本物の"春"には 程遠いでしょうが、
 確実に 季節が動いているのは 肌で感じられました。

お仕事もお忙しいでしょうが、少しだけ余裕をもって
 これからの季節を 楽しみたいものですネ~・・・

週末から 再び"寒の戻り"がある予報ですが、
 くれぐれもお身体 ご自愛の上、お仕事頑張って下さい!!

では、又・・・

2016年02月11日 16:12

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)