冬の寝床準備&可愛い訪問者 | 87(はな)ジ~ジのめだか日記

 一昨日夜、1カ月振りに "雨" が降りましたネ~!! <喜~!!>
農家や家庭菜園をやられている方にとっては・・・"恵みの雨"・・・!!
 翌朝には カラッと 晴れて、再び 強い日差しが 戻りましたが、
  何となく "晩秋"を 感じる 季節になりました。

↓10/27・夕方の西の空・・・雲がドンドン厚くなって・・・
dc102801.jpg
↑この後、ポツポツ降りだした雨は 夜半まで降り続き "イイお湿り" になったようです。

↓10/18・朝の空・・・スカ~ッと 秋の青空に・・・
dc102806.jpg
↑ポッカリ浮かぶ雲の形も 明らかに 夏の雲とは 違いますよネ~!


雨→晴天を繰り返すことで 日増しに 夜の気温が 低くなってくると~~・・・
 ボツボツ屋外めだか達の "冬篭りの準備" をしてやらねば なりませんナ~・・・

◆ "冬篭り"に不可欠なのが・・・ ”暖か~い寝床"・・・
  我が家は "寝床"用に 『柿の枯葉』を 敷いてやります!!

↓庭の柿木の落ち葉を 拾い集めています。
dc102702.jpg

↓これを 先ず水で 軽く濯いで ゴミ・土などを 洗い流します。
dc102711.jpg

↓次に "塩" をパラパラッとふり掛け、更に 落ち葉→塩→落ち葉を 揉み込んで・・・
dc102715.jpg

↓"塩"は 能登半島の旅で 現地入手した・・・"輪島塩"を使いました。
dc102714.jpg
↑海水を砂に撒いて 天日に干す。…昔ながらの製法で作った 貴重な自然塩です。


~~ 柿の枯葉を冬の間中 水に沈めておくと 春先には腐ってきますが、
 塩で洗っておくと 腐敗を防止してくれるそうです。~~ (先輩ブログより/お知恵・拝借!)

↓最後に もう一度 水洗いして 塩分を流し、更に 水に漬けておきます。
dc102722.jpg
↑1週間ほど経つと 灰汁(あく)が抜けると 聞きました。

従って、冷え込みが本格化する 11月上旬には 各水槽に入れてやれる予定です。
 水槽×10枚程度を入れると その陰に隠れて 安心して 冬眠できるのだとか~・・・


又一つ、冬越しにむけた 準備が 前進しました!!



◆ そんな作業をしていると、ご近所のSさんが お孫さんと お見えになりました。
  勿論、めだか好きのお仲間ですが、「白めだかが ★になったので~・・・」と
   新たな里子を 引き取りに見えられました。 
  (保育園帰りの お孫さんUクンと ご一緒です。) ⇒⇒<”めだかの輪”>

↓Uクンは、めだか大好きで 我が家にも時々 遊びに寄ってくれます。
dc101101(修整1)

↓白めだか水槽から 20匹ほどを選んで 掬ってもらいました。
dc101037.jpg
↑もう若魚レベルに育っているので、冬も元気に 乗り越えてくれるはずです。


チッチャな来訪者に こちらが ホッコ~リ~~・・・
  させてもらった
・・・ "晩秋の一日" でした!!



     では。又・・・




よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

突然~!!・・・珍客の来訪ダ~・・!!

室内水槽の再セット。

comment iconコメント

comment avater

桔梗 唯

こんばんわ!

柿の葉、お塩はそのくらいでいいんですね…
割とがっつり入れてしまいました(笑)
すぐ洗わずもう2~3週間浸かってます。
明日辺り気持ちすすいでみることにしましょうー

小さな訪問者さん、かわいいですねー
こんなに若いと将来が有望ですな
私がこのくらいの頃何していただろう?
おじいちゃん宅(笹沖)にいくたび、田んぼでめだかをとっていたのは間違いないです( ´∀`)

2015年10月30日 00:40

comment avater

noboru

87さん 今日は
きょうは曇天で時折小雨が降っています。

冬越し準備の柿の葉の処理、塩を掛けるとは知りませんでした
塩水浴したりと殺菌効果があるので理にかなっているようですネ。
メダカのフトンが出来て春まで安眠できるといいです。

2015年10月30日 10:18

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

桔梗さん、コメント 有難うございます!!

柿の落葉の "塩加減"・・・どの位が良いのか~・・・解りませんヨ!!
私なりに先輩ブログから判断して 入れただけですから~・・・(笑)

そもそも、めだかは 大陸から海を渡ってきた(?)そうですから、
 多少の塩分は 大丈夫だと思います。(塩浴させるんだから・・)


> 小さな訪問者さん、かわいいですねー
> 私がこのくらいの頃何していただろう?
> おじいちゃん宅(笹沖)にいくたび、田んぼでめだかをとっていたのは間違いないです( ´∀`)


何となく 桔梗さんのチッチャイ子供の頃が 想像できますヨ~!! 
昔からの・・・"筋金入りのめだか好き" なんでしようネ~!!(笑)


では、又・・・

2015年10月30日 14:54

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  noboruさん、コメント 有難うございます!!


> 冬越し準備の柿の葉の処理、塩を掛けるとは知りませんでした
> 塩水浴したりと殺菌効果があるので理にかなっているようですネ。

私も 昨冬は"塩もみ"の方法は知らず、水洗いだけで入れてましたが、
 確かに 春先 柿の葉を取り出すとき、ボロホロになっていて 
  取り出すのに 苦労した経験があります。

適量の塩が めだかを元気にするのは 解るんですが、
 柿の葉っぱの腐食を遅らせる効果まであると聞いて、
  実験半分で やってみることにしました。

春まで めだかが 元気にすごしてくれれば 何よりですネ~!

では、又・・・

2015年10月30日 15:04

comment avater

sora

こんばんは。
メダカを飼われている方は、結構、柿の葉をされていますが、メダカにとって凄く良い環境になるのですか?普通の葉でも…同じではないのですか?

いいなぁ~おこちゃま(*^_^*)
soraもお子ちゃまのフリして、訪問してみたいなぁ~

2015年10月31日 22:49

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

soraさん、コメント 有難うございます!!

> 柿の葉をされていますが、メダカにとって凄く良い環境になるのですか?
普通の葉でも…同じではないのですか?

我が家には たまたま柿の木があるので 使っているだけですヨ~!!(笑)
別に 落ち葉なら何でも 寝床に使えると思います。
ただ 柿の葉っぱは 大きくて ぶ厚いので 長持ちするとは思いますが・・・


> いいなぁ~おこちゃま(*^_^*)
> soraもお子ちゃまのフリして、訪問してみたいなぁ~

特に 参考になる程の環境でもありませんが、
 宜しかったら ご都合の良い時に 遠慮なくお越し下さい!!
お会いできる日を たのしみにしていま~ス!!

 寒さが日増しに 厳しくなります! ご自愛下さいネ!!

では、又・・・

2015年10月31日 23:58

comment avater

さい

あく抜き…

み…三日くらいつけて…寒そうだからいれちゃいましたが…う、
心配になってきたので明日の朝だします←
皆さんのブログみて心配になってきた…

2015年11月01日 23:23

comment avater

hanaジ~ジ

Re: あく抜き…

  さいさん、コメント 有難うございます!!

> み…三日くらいつけて…寒そうだからいれちゃいましたが…う、
> 心配になってきたので明日の朝だします←
> 皆さんのブログみて心配になってきた…

全然 そのままで大丈夫だと思いますヨ~!!
灰汁なんて、水槽の中で 抜いても めだかは平気なはずです。
なぜなら・・川には"生の落ち葉"が イッパイ落ち込むジャ~ないですか。
私のやっているのは、単なる自己満足なんですから・・気にしない方がイイ!!

心配性のさいさんへ←← いい加減な 87ジ~ジ より

2015年11月02日 00:03

comment avater

さい

はっ

そういえば川のめだかは…大丈夫…((*´Д`*)

田んぼの水が抜かれて側溝にわずかにたまった水にメダカがいましたっけ…

メダカに死なれたら…( ノД`)…全財産が…← メダカがさいの財産なんです‼

ご教授ありがとうございます❗

2015年11月02日 15:00

comment avater

hanaジ~ジ

Re: はっ

さいさん、こんばんわ!!


> そういえば川のめだかは…大丈夫…((*´Д`*)
> メダカに死なれたら…( ノД`)…全財産が…← メダカがさいの財産なんです‼
> ご教授ありがとうございます❗


ワッハッハ~・・!! 傑作コメント・・・有難~ウ!!(大笑)
そう言えば 沢山のブランドめだかを飼育されてますよネ~!!
我が家の数倍の品種・・・大事に"冬越し"させてくださいネッ!!(祈)

では、又・・・

2015年11月02日 17:52

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)