「秋祭り」・・秋晴れの一日。 | 87(はな)ジ~ジのめだか日記

昨日は "秋祭り!"~・・子供会と一緒に 町内皆んなで楽しみました!
 (去年は台風接近で お祭り自体が中止になり、2年振りの"秋祭り"でした。)

9月のブログで紹介した、「子供会」と「老人会」のコラボ企画・・・
 『秋祭り/子供踊りを 老人会が応援しよう!』・・・
  の本番の日ですネ~!


◆先ず 地域の守り神・・"氏神様" への参拝からスタートです。

↓神社の境内に "子供神輿 (千歳楽)"を引いて 集合しました。
dc101205_convert_20151012214951.jpg

↓神主さんのお祓いを受けて・・
dc101210.jpg

↓記念写真を撮影して・・・
dc101224_201510122136511a4.jpg

↓隣の町内の子供会のお参りと交代して お宮参りは終了。
dc101235_convert_20151012215132.jpg

↓いよいよ 町内10カ所の "踊り披露" する場所へ 出発です。
dc101201_convert_20151012214751.jpg

↓氏神様は『塩釜神社』と言います。
dc101241.jpg

昔から(江戸時代後期~) 私の地方は"塩田"="塩づくり" が盛んに行なわれていたそうです。
 (土地柄は 海に近く、浅瀬を干拓して広げた新田が 起源だと 長老から聞いています)
最盛期には、沢山の塩職人が他国からも集まり 多くの 塩関連商売が 盛んでした。
そんな関係で、塩釜市(宮城)の 塩釜神社から 分魂した "塩の神様"を お祭し、
 地域の人々の信仰を集めたと 言い伝えられています。
 (現在は 全く 塩田もなくなり 面影はありませんが~・・・)
<私の祖先も 神社建立に助力したとの事が 今も残る"石碑"に刻まれています>

dc101243_20151012221522efe.jpg


◆ 私の家のすぐ近くも "踊り場"になっています。
  
↓町内を練り歩いた 子供達が・・・やって来ました!
dc101293_2015101221412844f.jpg

↓いよいよ "子供踊り"のご披露で~ス!!
dc1012104_convert_20151012215503.jpg

↓今までの練習の成果で 上手に踊ります。
dc1012110.jpg
dc1012106(修整1)
dc1012107(修整1)

↓町内の沢山の方々が 応援・見学に集まってくれました。
dc1012100(修整1)
dc1012112.jpg


↓老人会のお年寄りも 集まって応援しています。
dc101297_convert_20151012215332.jpg
dc1012105_convert_20151012215619.jpg

↓1カ所で約10分踊って 次の場所に 移動していきます。
dc1012114.jpg
dc1012116(修整1)
↑約4時間・・・朝早くから 小学生達 よ~く 頑張りましたネ~!! ・・・(お疲れさん!!)
  
  お陰で・・・賑やかで楽しい"秋祭り"になりました!!
   普段は 静かで淋しい町内も 今日は 太鼓や笛の音が鳴り響いて 活気付きました!
    いつもは余り外に出ない お年寄り達も 子供踊りを楽しんでくれたようです。



◆ "秋祭り"と言えば・・・ご馳走は "祭り寿司" (バラ寿司)に 決まっています!

↓我が家でも 奥さん手作りの "祭り寿司" が食卓に・・・
dc101219.jpg
↑江戸時代から この地元に伝わる 伝統の 豪華バラ寿司です。(美味しいヨ~!! (涎・・))
  海の幸・山の幸が10種類以上混ぜ込まれた 贅沢なご馳走です!

↓食べる前に サワラ・錦糸タマゴを乗せて・・それジャ~・・『頂きま~ス!!』
dc101251.jpg
↑今日は 少し お酒も頂きましたヨ~・・・

↓次女宅(雪乃チャン)へも 夕食用に 届けてやりました。
dc101222.jpg


こうして、年/1回の "秋祭りの夜"も 静かに 更けていきます。
 そして、今朝からは 再び 日常の生活が戻りました。・・・
 ・・・私は 再び"めだか遊び"を~・・・


     では、又・・・



よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

冬用水槽に 全匹の 引越し完了!

タイトルなし

comment iconコメント

comment avater

桔梗 唯

大きなお神輿に沢山の子供達
それを見守る町内の方、とってもいい雰囲気ですね!
お祭りはいくつになっても楽しいですよね~

祭り寿司って地域や家庭によっても
味や見た目が違いますよね!
奥さまのお寿司おいしそ~う!私も大好きです!
実家ではよく作っていましたが嫁いでからはさっぱり。

子供たちとこの週末でも作ってみようかなーと思いました(^^)

2015年10月14日 14:36

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

桔梗さん、コメント 有難うございます!!

> 大きなお神輿に沢山の子供達
> それを見守る町内の方、とってもいい雰囲気ですね!
> お祭りはいくつになっても楽しいですよね~

昔は 神社に夜店や屋台も出て 賑やかなお祭りでしたが・・・(懐かしい)
今は 子供神輿だけ・・淋しいんですが 何とか盛り上げたいと思ってます。


> 祭り寿司って地域や家庭によっても> 味や見た目が違いますよね!
> 子供たちとこの週末でも作ってみようかなーと思いました(^^)


地域によって お祭りのご馳走も さまざまですが、
 岡山は ヤッパリ "祭り寿司" でしょう!! (あえて紹介(自慢?)しました!)
これも『お袋の味』の一ツ・・いくつになっても忘れられませんネ~!!
お子さんが『お袋の味』として いつまでも思い出に残るような、
 美味しいお寿司を 是非 皆さんで作ってみては いかがですか~???(笑)

 一段と 寒暖差が大きくなってきました。
  可愛いお子さんに 風邪など 引かせませんように~・・・
    では、又・・・

2015年10月14日 18:03

comment avater

うえちゃん

今晩は
秋祭り、盛大ですね。
私事ですがチラシ寿司大好き人間です 美味しいそ〜
いや絶対 美味い〜

スミマセン
取り乱しました

メダカライフ頑張ってください。

でわ 又・・・

2015年10月14日 19:47

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

うえちゃんさん、コメント 有難うございます!!

昔(S30~40年(?))に比べると 淋しいお祭りですが・・・
子供達が一生懸命盛り上げてくれるので
何とか "お祭り気分"を 町内皆んなが味わえています!!(感謝!)

> 私事ですがチラシ寿司大好き人間です 美味しいそ〜
> いや絶対 美味い〜

ハイ!!・・大変美味しいで~ス!!・・私も大好きで~ス!!(笑)

江戸時代の"贅沢禁止令"で、上にご飯を置き、下に具材を隠して
 検閲が終わったら 混ぜ混ぜしたのが 起源だとか・・・
岡山県民は この"祭り寿司"が大好きですネ~!!(自慢?)

岡山駅には 今も この"祭り寿司"が 駅弁で売られていますヨ!
(もし こちらに来られたら 是非 お求め下さい!(宣伝?))

季節の変わり目・・・ご自愛下さい!  では、又・・・


2015年10月14日 20:59

comment avater

noboru

87さん今日は
良い天気が続いています。

朝は10度位いですが、気温が上がるとメダカにエサをあげています。
9時過ぎないと浮いて来ません。

塩釜神社のお祭り、子供の山車がキレイで楽しそうです。
昔し塩を生産していたとか、NHK朝ドラ「まれ」の海水干しを思い出しました。

やはり祭りはお寿司ですね、おいしそうです。
チラシ寿司は好みの具材を色々と混ぜておいしいです。
お疲れさんでした。

2015年10月15日 10:58

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

noboruさん、コメント 有難うございます!!

水温が下がり めだかの警戒本能で 植物鉢の陰などに隠れてしまい
 姿を見られない 季節になってきましたネ~・・・(淋しい!)


> 昔し塩を生産していたとか、NHK朝ドラ「まれ」の海水干しを思い出しました。

瀬戸内海では、"入浜式"という製法で 塩づくりをしていました。
 (潮の干満を利用して、自然に海水が塩田に入る(毛細管現象)やり方です)
能登半島は、"揚浜式"という方法で、塩水を海から 運んでくる方法だそうです。
(当然、人力で 塩水を海から運ぶのですから 余計大変だったでしょう)

その後、昭和になって 動力で塩水を汲み上げる"流下式"に変わりましたが
  確か、S40年頃には 完全に姿を消したように 記憶しています。

> やはり祭りはお寿司ですね、おいしそうです。

私の大好物です! 祖母→母→妻へと 作り方の基本は伝わっているようです。
 お惣菜で売られているものとは 一味も二味も違い 美味しいですヨ~(笑)

季節の変わり目~・・・ご自愛下さいませ!!  では、又・・・

2015年10月15日 12:50

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)