プラ舟①号の濁りが~・・・やり直しま~ス!! | 87(はな)ジ~ジのめだか日記

 一番最近 リセットした プラ舟ビオ①号の 濁りが とれませ~ン!!

この水槽には、幹之スーパーの稚魚50匹を入れていますが めだか達は 元気です。

↓隣の②号と比べても 濁り具合が 気になります。
dc082701.jpg

折角の秋シーズン到来なのに~・・・この濁りでは 見た目も悪く めだかも可哀相です。
 
天気も上々なので 思い切って やり直す事にしました!!

・・・どの水槽も 同じ方法でリセットしているんですが~~・・・
   時々 濁りが発生して 解消しないままのケースが起きますよネ~・・・???。
底土や石の関係か? 植物が原因か?・・・理由はよく分かりませんが???・・・




◆ 先日、プラ⑨号で 使っていたプラ舟が 空いていますので それを使って
 先に 新水槽を立上げ 後刻 幹之・稚魚たちを引越しさせる手順で 作業スタート・・!!

↓天日干しズミなので 軽く水洗いして 容器を準備します。
dc082705.jpg




◆ ビオトープ風に必要な レイアウト用の石や植物鉢は こんな感じでストックしています。

↓以前に使った 渓谷石や瓦・流木などのリセット後に ストックする容器です。
dc082706.jpg
↓リセットの度に、キレイに水洗い→天日干し。 いつでも使えるように備蓄しています。
dc082708.jpg

これらの中から どんな水槽にするか イメージして、使う石などを選んでいきます。




◆ 次に 底に敷く 土や砂利・砂などを 水洗いして、濁り・雑菌の混入を防ぎます。

↓今回は、五色砂利+川砂 と 赤玉土 を底に敷く事にしました。
dc082714.jpg

↓赤玉土は直接底に敷かず 100均容器に入れて 上に植物鉢を2ツ置く事にしました。
dc082715.jpg
↓チョツト細工をして 容器の2面の一部を カッターで切り取り 穴をあけました。
dc082716.jpg
↑赤玉土の量を少なくして、この穴から めだかが 自由に出入りできるようにと・・・

↓小さめの鉢に,バコバとオモダカ (「うえちゃんさん」から分けて戴いたもの) を 植えつけます。
dc082717.jpg
↑中層に マグアンプk をパラパラッと入れて 上に 練った赤玉土を入れます。


◆ 新・プラ舟に 準備できた石・植物・底砂利などを イメージに沿ってセッティングしていきます。

↓今回は、苔盆栽の小植物を 水没しないよう調節して メインに 置きました。
dc082721.jpg
↑五郎太石で 陸地を、 砂利で浅瀬を 表現してみました!

↓あれこれ置き変えながら、最終決決定し、底砂利なども 入れました。
dc082723_20150827151659c4c.jpg

↓濁りが出ないよう 汲置き水をジョロで ソ~ッと注いで 出来上がりです!!
dc082726.jpg

オミタンを直接注入し、今までの プラ舟①号から めだか達を掬い出して 
  移住させれば・・・やり直し完了です!! (今度は 濁らないでネ~・・・(祈))





秋~冬
用に プラ舟ビオ水槽は 順次 発泡スチ容器主体に変更していく計画です。
 (昨冬 プラ舟のまま 越冬させようとしためだか達の中で、 
   春の初めまでに 多くの★を発生させた 苦い経験がありますので・・・)

でも、それは10月中~下旬の予定でして、
  それまでは 今のプラ舟を維持するつもりでしたが~・・・
   この水槽の濁りが 我慢できず 少し早目の やり直しになりました。
    (このままで 冬を乗り切ってくれれば イイのですがネ~・・・??)

↓晩秋~越冬用の 発泡スチ容器を 少しづづ 準備していま~ス!!
dc082728.jpg
↑あと 5~6コは 必要になるでしょうネ~・・・


    では、又・・・


よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html



 



関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

採卵終了!!・・・8月は 絶不調!!

我が家の"エサくれ狂想曲"

comment iconコメント

comment avater

鬼軍曹

なんとなく秋っほくなってきましたね〜^_^
今日は朝方、ちょと冷んやりしてました。

おぉ〜と!
早くも秋冬モード、スタンバイOKじゃ〜ないですか〜

これから涼しくなるこの季節、
容器移動中の、腰の爆発!には要注意ですね(^ ^)

2015年08月27日 23:53

comment avater

noboru

87さん 今日は
これから暫く晴れマークなく曇りや雨の予報です。

プラ舟の大きい容器でも何故か水が濁る?ようですネ。
赤玉土を敷いて置けばかなり浄化するようですが、水質は微妙なようです。
色々レイアウトを変えてビオを楽しんで下さい。

大きいプラ舟でも冬越し出来ずに★なるとのことで参考にします。

2015年08月28日 10:39

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  鬼軍曹さん、コメント 有難うございます!!

> なんとなく秋っほくなってきましたね〜^_^

日中30℃越えでも 木陰は涼しさが感じられるようになりました。
でも、暑かったり涼しかったりで まだ当分は めだかも 人間も
 注意が必要な 日々が続くでしょうネ!
 (お互い、体調管理には 気を付けましょうネ!!)


> 容器移動中の、腰の爆発!には要注意ですね(^ ^)


1月程前に、"ギクッ"となりましたが・・・
 幸い さほど悪化せず 何とか 平常に戻りました。
  (チョツトした拍子に~~・・・ヤバイ!・ヤバイ!・・・)

これから2カ月程が ビオトープでめだかを楽しむベストシーズン!!
 冬支度を ボツボツ手がけながら 大いに楽しみましょう!!

では、又・・・

2015年08月28日 13:08

comment avater

hanaジ~ジ

Re: タイトルなし

  noboruさん、こんにちわ!!

朝と昼の寒暖差が だんだん大きくなってくる季節になりましたネ!
めだかは勿論、人間も 体調に気を付ける 必要がありますよネ!


> 大きいプラ舟でも冬越し出来ずに★なるとのことで参考にします。

プラ舟の弱点は、深さが浅いという点だと思います。
 冬場 深さがあれば 潜って耐えられますが、浅いとダメですから、
 氷の張る時期には どうしても★が多くなるのでは・・と思ってます。

まだ、少し余裕がある時期ですが、早目の準備に 越した事はないかと・・
 発泡容器の ストックを 始めようかと 考えています。

  では、又・・・

2015年08月28日 13:19

comment avater

ぶっち

ご無沙汰しております

ご無沙汰してます。
朝晩の気温が下がり、少しましになりましたね。
楽しいメダカ飼育ができそうですね。

私も2週間前に全水槽、完全新規立ち上げしました。
本日、水槽をよく観察していると4~5月産まれの子が
もう産卵していたのでびっくりしました。

9月に産卵した卵は、採卵し、自然にまかせて別容器で越冬させてます。
一部は、加温組みにまわります。

メダカ飼育は、本当に楽しいですね。
11月末さえ乗り越えてくれればなんとかなりそうなんですが...。

前回の休みは、多肉の植え替えをして楽しみました。
こちらも楽しいですね。
サボテンも初の越冬なので小さな安い温室を買おうと思っています。
全てが無事、越冬できるよう頑張ります!!

87さんも風邪や腰の方、気を付けて下さいね。




2015年08月31日 19:58

comment avater

hanaジ~ジ

Re: ご無沙汰しております

ぶっちさん、お久ぶりで~ス!!

お元気になられたようで・・・よかった~!!!(ホッ~・・!)
夜店で頑張りすぎ 体調崩されたみたいですが・・・
 もう 余り無理されず・・でも ガンバッて 下さいネ!! 


> 9月に産卵した卵は、採卵し、自然にまかせて別容器で越冬させてます。
> 一部は、加温組みにまわります。
> メダカ飼育は、本当に楽しいですね。
> 11月末さえ乗り越えてくれればなんとかなりそうなんですが...。

凄~イ!!・・・加温して 稚魚育成なんて・・・本格的ですネ~!!

私は 冬越しも 基本屋外越冬です。(一部 無加温で 室内へ入れる程度です)
結構 加温は手が掛かり大変の様ですが、経過も又 ブログで 紹介して下さいネ!
 (実践からの学びが一番の勉強になります==参考にさせて頂きたいでス!)


> 多肉の植替え/サボテンも初の越冬なので小さな安い温室を買おうと思っています。
> 全てが無事、越冬できるよう頑張ります!!

温室まで作って サボテン等を育てるとは・・・ホントに凄い!!
"好きこそものの上手なれ"・・・どんどんハマッて行くんでしょうネ~・・・
(私は "苔盆栽"までで 多肉までは とても手が出せませんが・・・)


> 87さんも風邪や腰の方、気を付けて下さいね。

ありがとうございます!!・・・夏の疲れが出やすい時期です。
お互いに 体には十分気を付けながら、"秋"を楽しみましょう!!!

では、又・・・

2015年08月31日 22:33

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)