87(はな)ジ~ジのめだか日記

前回の『我慢できず~!・・発泡のリセット~』の 続編になります!


<*前回記事の締めくくり文・・>

↓ ↓ ↓

気になり始めたら‥我慢できない私故‥リスク承知で11月下旬のリセットになりました!

明日、天気が回復し、気温も高めなら室内水槽もやりたいで~ス!(←早目に手を打つ!)

↑ ↑ ↑


昨日(11/28)予報通り晴れたので、躊躇なく室内水槽のリセット実施~‼


↓白濁り発生の、室内ガラス水槽④号(上段右)(鬼軍曹発の”出目ちん”入居水槽です)

dc112704_20161129182534cf5.jpg

↑前回記事UP後、貴重なアドバイスを頂きました!‥それも参考にしながら~‥


↓石材・水草・飼育水を全て取り出して、めだか達を撤収しました。

dc112815.jpg

↑底砂も全て敷き替えします。水槽はゴシゴシ水洗いして、完全リセットです。

(白濁り=バクテリアのバランスが崩れたか?→そのまま再使用するより 新しくしてみる)


↓レイアウトも変更。 手持ちの石/底砂の中から 新たなものに取り換えました。

dc112818.jpg

↑水草のオモダカと小物は一度きれいに水洗いしてから 再度利用します。


↓ろ過ボーイは、調子の良い他の水槽から拝借して、そのまま使います。(洗わず)

dc112814.jpg

↑こうすることで、バクテリアの発生が少しは早まるかナ~‥と考えて~‥

 (ろ過を借りた水槽には、予備の新しいろ過ボーイをチューブに接続して投入)


↓水温も余り変化しないように、他の3ツの水槽の飼育水をジョロ1杯づつ頂きました。

dc112842.jpg

↑残り半分は、汲み置き水(カルキ抜き済み)を注入して、再立上げ完了~

 (拝借して減った水は 汲み置き水を追加して、水位をもとの状態に戻しました)


↓オミタンも1ml直接注入し、ろ過ボーイ稼働開始~・・

dc112941.jpg

↑これで、数日はこのまま水を回して、様子を見ながら メダカを帰す予定です。


↓出目ちん達は、水が安定するまで 室内NVboxで 仮住まいしてもらいます。

dc112840.jpg


dc112822(修整1)


dc112837(修整1)

↑残念ながら数匹が★になっていましたが‥(汗~)、30匹以上は元気です‼(ホッ~‥)



そして・・今日(11/29)もイイ天気~・・

 

↓実は、もう1ツだけ、気になっていた屋外発泡がありました。(露天発泡⑭号)

dc112901_201611292031278e4.jpg

↑GW(グリーン・ウオーター)はまだ良いのですが~・・容器の腹が出て、フタ閉めが大変なんです。

 (前年使った容器を流用しましたが‥端っこなので 腹ボテになってきました)(涙~)


↓勢いに乗って、これもリセットすることにしました。(腹ボテ&GW一気に解消~‥)

dc112904_20161129203128e0d.jpg

↑この容器の住人は"青メタ×アルビノ透明鱗”のF3。(去年頂いたoTTo産の孫になります)


↓何匹居るのか?‥(最近、全く姿を見せないので‥心配してましたが~‥)

dc112972(修整1)

↑全部で32匹が生存!!(他の水槽にも分住させてますが)‥しかも大きくなってる~!!(嬉~)


↓この系統は見事にバラケていますネ~!

dc112916(修整1)

↑朱まだら/透明鱗系の朱/とシロ/他は余り変哲ない子も居ますが・・


↓透明鱗朱まだら系(全体の1/4)の中から、任意に掬って写真撮影・・

dc112918(修整1)


dc112933(修整1)

↑お腹が紫(?)or黒く見えます。ヒレにも色が付き イイ感じのまだらになってます。

  (来春、もし朱が色抜けしたら‥三色か?‥何だか面白くなりそうな予感が~‥)


↓透明鱗シロ系(全体の1/4)の写真。

dc112928(修整1)


dc112938(修整1)


dc112957(修整1)

↑頭が赤く透けて‥結構可愛いナ~と‥こちらも微かに期待したいで~ス!


↓その他の中に、1匹だけ黄金色に見える子も混じっていますネ~‥

dc112956(修整1)(修整1)

↑全体の半数ほどは、これからの変化が楽しみな子に育ってくれていました。


↓シッカリした予備発泡に新たにレイアウトして、こちらも種水はあちこちの水槽から拝借~‥。

dc112910_20161129204710b45.jpg


dc112973.jpg


dc112978.jpg

立ち上げ完了~‼ ジックリ水合わせして、新居に戻ってもらいました。

 腹ボテ水槽からの変更で、夕方のフタ閉めも簡単にできるようになりましたヨ~!(笑)



‥と言うことで、こんな時期に合計3コの水槽をリセット~!! (汗~‥)

 決して褒められたタイミングではありませんが、気懸り水槽がキレイになって~‥満足~!!

 

 <*この季節の全面やり替えは、めだかにもリスク大!!‥真似しないで下さいネ‼>


   では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht

 

スポンサーサイト

昨夜からの雨が一日降り続き、チョツト憂鬱な日曜日になってしまいました~‥(←クヤシイナ~)

気温も13℃から上がらず、終日 屋外水槽のフタは閉めたまま‥当然エサもナシ!


↓しょうがないので、室内水槽でも~‥と眺めると~‥

dc112704.jpg


↓アレ~~‥出目チン水槽の水だけが やや白濁りが激しくなってきました。

dc112701.jpg

↑右側の水槽。初めは光線の具合かナ~‥と思っていましたが~‥


↓ヤッパリ濁ってる~‼‥めだか達は 余り変わった様子もないようですが‥

dc112706_2016112716551938b.jpg


↓イエイエ~‥ヨ~ク見ると、全体に水面近くに浮いて‥アップ-アップ気味のよう~‥

dc112707.jpg

”即・水換えダ~!”と思ったけど~‥生憎の天気‥(←結構降ってるし~‥)

 鬼軍曹&なおたんからの大切な贈り物‥絶対★にしたくないのですが~・・

 悪天候下で リセット強行はリスク&気力にも問題あるし~‥(←悩んだ末に~‥)

 

 明日に作業は延期しました!(あと一日元気で過ごしてくれ!~‥)(←チョイ不安)




◆昨日(11/26)もう1ツ気に掛かっていた、屋外軒下の発泡をリセットしました。

 昨日は晴れ‥水温もマ~マ~だし、冬場このまま放置は トッテモ我慢できませんし~‥


↓20コある屋外発泡の内、この水槽だけが、ドンドン緑濁りが進行しています。

dc112604.jpg

↑ここ10日程で、泳ぐめだかの姿が見えないほど 緑化が進んで・・

  もう我慢できませ~ン!(何度か1/4水換えしましたが‥改善されず~‥)


↓水はやや冷たくて手袋しての作業。予備の発泡を新たにレイアウトして‥

dc112614.jpg


↓めだか達を一時避難で掬い出し、数枚写真も撮りました。(←冷たいのに‥ゴメンネ~!‥)

dc112625.jpg


dc112620.jpg


dc112629(修整1)

↑幸い★になった様子はないので‥ホッとしました。


↓定番の”雪乃ヒカリ””倉敷錦””白幹之”の混泳ですが‥1匹だけ違うのが混じってますネ~?

dc112630(修整1)

↑黒めだか?&少しラメっているようだし??‥(隣の水槽からダイブしてきたのかナ~?)


↓汲み置き水+近くの水槽の飼育水を注いで‥リセット完了~‼

dc112615.jpg


↓約2時間‥水合わせは慎重にやって、再び水槽に放流しました。

dc112632.jpg

↑気温・水温低い日に、こんなリセットは良いとは言えませんが‥(←我慢デキネ~!)

 何とかめだか達も 無事に 新水槽で泳ぎ始めたので‥良しとしましょう!

 (皆さんはこんな時期のリセットは やらない方が良いと思いますヨ~‥(汗~))


気になり始めたら‥我慢できない私故‥リスク承知で11月下旬のリセットになりました!

明日、天気が回復し、気温も高めなら室内水槽もやりたいで~ス!(←早目に手を打つ!)


昨日、思い切ってこの発泡水槽のリセットを済ませてたので、

 明日は出目チン水槽に集中して、全面やり直しに取り掛かれますよネ~!



   では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht

昨日、関東地方は”雪が降った~‼” 11月の降雪は 50数年振りだそうですネ~!


↓東京・浅草の11/24朝の様子 <*ネット写真を拝借>

PK2016112402100176_size0_20161125210857598.jpg

↑見るからに寒そう~・・まるで”冬の景色”ですよネ~‥(←ビックリ~)


◆温暖な当地方は、日中は日差しもあり気温も15℃とそれ程寒さは感じませんでしたが‥

 それでも、確実に”冬が近づいてきたナ~!”との感触は 肌で感じています。


↓1週間ほど前には 一面黄色だった銀杏の街路樹は、もう葉っぱナシです<11/25撮影>

dc112539.jpg


↓今朝はチョツト遅め(am10:00)に、屋外水槽のフタをopenしてやりました。

dc112529_201611252129510cc.jpg


↓ここ数日の暖かさで、まだまだ各水槽ののめだか達は元気に姿を見せてくれます。

dc1121129(修整1)

↑夏場の半分ほどの量のエサを与えると、パクパク喰ってますネ~‥(←ホッとします)


↓植物水槽の水草は枯れてきたものが目立ちます。

dc112557.jpg


dc112567.jpg

↑OTTO産の"ウオーターダイア"も元気ナシ~!‥大きな葉は消滅‥茶色になって来た~‥(汗~)

 ホントに寒さには弱い=南米原産なんですネ~‥(←段々”越冬”に自信なくなって来ました)


↓それに比べ"ミリオフィラム"はまだ成長しているように見えますネ~!

dc112563.jpg


↓これは、殖えすぎて庭木の根元に廃棄した"ミリオフィラム"と"ウォーターコイン"なんですが~・・

dc112559.jpg

↑なんと!‥そのまま地面に根付いて‥~増殖してま~ス!! (←超ビックリ~‥)


◆↓午後から、いつもの介護施設"プロジェクト委員会" に出席して来ました。

dc112535_20161125212046716.jpg


dc112534.jpg


dc112520(修整1)

↑グループ施設内で、独自に展開中の"マネー制度"の見直しを話し合っています。

いつまでも住み慣れた我が家で元気に暮らす!」を支援する目的の独自取組みですが、

 導入7年目の来春に改定しようと、委員皆んなで 真剣な討議が続きました。

 オブザーバーの私としては~‥ヨシヨシ‼の有意義な内容の会議になったと思います!



◆帰宅後、各水槽のめだか達の様子を ソ~ッと覗いて 観察しました。


↓3時過ぎには早くも日陰になる、6連プラ舟が チョツト心配なんですが~‥

dc112546.jpg

↑手前2ツの親めだか水槽は 潜ったきりで姿を見せなくなりましたネ~‥(←ダイジョウブ?)

 越冬経験のあるめだか達ですから、もう"休眠状態"に入り、体力温存してるんでしょう!


↓南向きで日当り抜群のプラ舟4ツの子達は、まだ元気に群れて泳ぎ廻っています。

dc112530.jpg


dc112553_201611252156061d6.jpg

↑日中水温も18℃位まで上がり「"冬眠"などはよその世界の事ダ~‥」みたいです(←笑)


↓20コの発泡水槽のめだか達も、夜の水温も余り下がらず、が続いているようです。

dc112527.jpg


dc112507(修整1)

↑もう余り大きくは成長してくれませんが、なんとかこの状態で冬越ししてほしいですネ~。


屋外めだかの全体は、余り変化なく 順調に秋→冬に適応している様に見受けられます。

このままユ~ックリ季節が移ってくれると良いのですが~・・


「そうは問屋が卸さない!」ですよネ~・・今晩から"冷え込み"が厳しくなりそう~‼

 放射冷却で 明日朝は、こちらも最低気温4℃まで下がる予報です。(←昨夜は8℃)

 少しでも水温を保つ為に、午後4時には全てのフタを閉めました‼


↓「まだ遊びたいヨ~」の声なき声は無視して・・

dc112569(修整1)


シャツトアウト完了~‼‥ (←イイ子で寝るんだゾ~‥)

dc112571.jpg


↓予報通り・・夕方になると急に冷えてきましたネ~

dc112566.jpg

↑夕方の西の空‥明日も午前中は晴れ、午後から天気下り坂~‥(←涙~)

 

めだかを始めてから、”天気予報”が スゴ~ク気になるようになりました。

特に、秋→冬&冬→春の気候の変わり目は、日々の天候が目まぐるしく変わりますので、

出来るだけ(できる範囲で‥)”最適環境”になる様に 心掛けていま~ス‼


出来れは~・・12月中旬ぐらいまで、”冬”が来なければナ~‼・・(←祈ル~)


   では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht

~~今回は『台湾旅行』計画のお話です。”めだか”でなくて‥スミマセ~ン‼~~


◆あと1月後に、元の勤務先の会長と2人で 海外旅行をすることに決めています!


↓今回、10数年振りに 2人で「行こうか!」と決めたのは・・"台湾"です‼

dc112302.jpg

 現役時代・・海外旅行が大好きな2人で、東南アジアを中心に、  

  世界各国を旅行しましたネ~・・(←懐かしいですナ~~・・!)

 台湾/韓国/タイ/インドネシア/ベトナム/インド/中国/カンボジア‥etc‥

 勿論、アメリカ・カナダ・オーストラリア・トルコ・エジプト・ヨーロッパなども‥


お正月やGW・夏休みなどは当然‥数日の連休でも 時間があれば「ソレ~!‥」と‥

2人で、職制の上下も、仕事やお金の事も忘れて、夢中で遊びまわっていましたっけ~‥

狭い日本を飛び出して世界のめずらしい自然・旧跡・グルメに胸をときめかせてました。

 (不思議にお互いが抱く興味・関心には 多くの共通点があったように思います。)


そして、最後の機会になるかも~‥と、(もうお互い”高齢者”ですからネ~‥(涙~!))

↓今回"2人旅"の原点になった『台湾』に行きます!! <*写真は全てネットから拝借>

究極の台北観光ツアー-in-taipei-149286


ユックリ~・気儘に~‥でもアレコレ欲張って~‥ 只今、色々下調べ中です。

首都台北を中心に、高雄・台南にも足を延ばす計画です(7泊8日の気まま旅の予定)

めざましい発展を続ける台湾を‥自分の肌で感じようと~‥


↓更に、グルメにも 強い思い入れがありまして~…

ef7ed38f9d3b0af6ef11a1b21fd69bca.jpg


そもそも初めて訪れた頃の台湾は、まだ国内混乱が残り 混沌の時代でした。(1970年代‥?)

 でも、食べ物は ホントに美味しかったナ~!!・・


大陸から逃れた人々と現地の人、それに戦前台湾を統治した日本人の影響も加味され、

食べ物はそれらの味が混ざり合い そこから進化した"台湾料理"が 特に旨かったです‼

(当時の"台湾料理"の有名店は‥梅子/青葉/欣葉/鶏家荘などがありましたっけ~‥)


”台湾料理”の色々~‥あれもこれも旨そうですネ~!

s_1001.jpg

四方を海に囲まれた魚介類/山の幸も豊富/中国各地の調理法+日本の醤油味‥etc‥



それ以外にも、大陸から逃げてきた各地の料理人が "中華料理"の名店を開いていました。

”中華四大料理” ‥代表的な料理の写真をド~ゾ!

IMG_0396-1.jpg


410c046dcc4d6c3a_S2.jpg


909328523a3ea276_S2.jpg


yjimage (2)

↑天厨菜館(北京)/雅苑(広東)/四川抄手(四川)/新湘菜(上海)等々~‥

 当時の名店の名前が 今でも沢山思い出されますネ~・・

当時の台湾の"中華料理"は抜群に美味しく、日中国交正常化直後の中国と比べると

 料理の内容は 数倍充実しており、いつもその味に感動したもんです‼


"旨い中華の味"は、ほとんど台湾で出会いましたネ~。(‥まだ‥中国はマズかつた~‥)

(中国にも何度も訪れましたが‥香港以外の都市での その頃の料理には失望の連続~‥)

(近年は、中国各地でも、普通に美味しい料理を食べられるようには なりましたが~‥)


↓他にも”夜市の屋台””フルーツ”も美味しいものがイッパイ~!

834bcf4bc280d3d49b807a226ff72db2.jpeg


8c897cf4.jpg


正に"グルメ天国"だったと感じています。




今では、味が変わったり閉店も‥当時の名店の多くは 廃れたり姿を消しているそうです。


何分、私が 最後に台湾を訪れたのは2005年で、以後10年の急激な発展は知りません!

新幹線も地下鉄も101も未経験で~ス!‥(まるで"浦島太郎"の状態と同じですネ~(汗~))


↓日台共同開発した、台湾版の新幹線 ”高速鉄路”

yjimage (1)


それだけに、シッカリ事前に調査して、"最後の旅"に万全を期したいと考えていますが~・・


何度も訪れた当時の友人・知人の多くは消息も分からず、ネット頼りの下調べなんです。

 (現在の台湾にお詳しい方‥おられましたら 是非最新情報のご提供をお願いしま~ス‼)


年末~年始の慌ただしさから逃れ、懐かしい『台湾』で、新たな思い出を作りたいです!

めだかは休眠期でもあり、思いっ切り青春時代?に戻って楽しんで来ようと~‥(←ワクワク~!)


 又、実際の"訪台の様子"は、ブログにも書きたいナ~‥と考えています‼


 今回は、この辺で~・・では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht

平年より2~3℃気温の高い日(20℃前後)が続いていましたが、

 今夜当たりからは 雨が降り、寒気が降りて来て、段々と寒くなる予報です。


めだかの活性も 徐々に低くなり、足音に怯えて、逃げ惑うようになってきました。

屋外でめだか飼育する者には、淋しい~‼‥季節になって来ましたネ~‥(涙~)



◆冬が真近に迫って来た 晩秋の 我が家のめだか達の様子・・


↓まだ水温は15℃以上で、屋外水槽の2/3のめだか達は、水面近くでノ~ンビリ~・・

dc1121115.jpg


↓昨夕も 全水槽のフタを覆い、日中の暖かい水温保持をしてました。(←過保護?)

dc1121113.jpg


↓今朝 全水槽のフタを 一斉に外してやると~‥

dc112113.jpg


↓ほとんどの水槽では、「待ってました~!」とめだか達が顔を見せてくれました。

dc1121116.jpg


dc1121126.jpg


dc1121120.jpg


↓でも、水草や石の陰に隠れて、全く姿を見せない水槽もありますネ~‥(←サミシイナ~‥)

dc1121141.jpg


↓中には、「エサ頂戴ヨ~!‥」と手元に集まる 可愛い子たちもいます。

dc1121121(修整1)


dc1121122(修整1)


dc1121129(修整1)

↑品種の違いより、水槽単位でその様子が異なるように 感じています。

 もう冬眠体制に入った水槽と未だ活発に泳ぎ廻る水槽・・何が違うんでしょうかネ~??


↓親めだかの隠居所でも 元気に泳ぐ水槽。

dc1121131.jpg

↓同じ隠居所でも 姿を見せない水槽。(すぐ隣合わせに設置しています)

dc1121130.jpg


↓並んで置いたプラ舟でも、群れて泳ぐ水槽。

dc1121133.jpg

↓音無し~・・水草の陰から 時々チラッと姿が見えますが~・・

dc1121132.jpg

↑日当たり具合や水質が同じ筈でも、こんな違いが出て来る理由は 何んでしょうか~??


どちらの子達も、これからの冬の寒さを乗り切って皆無事に春を迎えて欲しいものです!



◆週末は町内『老人会の誕生会』のお世話などで バタバタしておりました。


↓前日は 委員全員で、準備をあれこれ~・・

dc111903_20161121141547c4a.jpg


dc111904.jpg


↓昨日(11/20)の『誕生会』当日の様子です。

dc112119(修整1)(修整1)


dc112126(修整1)


dc112151(修整1)


dc112160(修整1)


dc112179(修整1)


↓更に今日(11/21)は、定例の いきいき「元気体操」もやりました。

dc1121107.jpg


dc1121111.jpg

↑私も含めて、町内の高齢者の皆様が、毎日を

 住み慣れた自宅で、元気に楽しく過ごして頂くお役に立てれば‥嬉しい限りです!


深まりゆく”晩秋”の日々‥徐々に屋外めだか達は”冬眠”近い状態になっていきます。

飼育者も、屋外めだか達は”放置”状態に~‥(フタの開閉はやりますが~‥)

 変わって、室内めだか達の”お世話”に 軸足を移して いくんですネ~・・


    では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht

前回に続き、又『苔』についてのお話しですが~・・(←オイ!オイ!~)(キョウシュク~)


ネットで"苔石"or"苔の石付き"で検索すると、沢山の事例がありますネ~。

それらの中から、自分がやれそうな方法/理想とする姿などを見つけて シッカリ勉強~!

 今の我が家の"苔石"との比較や、何が悪いのかを調べてみました。


↓一番気に入っている"苔石"の様子 【貼り付け直後<2016/3/28撮影>】

dc061706_201611191756449d4.jpg


↓ 同じ"苔石"の 今の現状  【現在の状態<2016/11/19撮影>】

dc111822.jpg

↑幸い松はシッカリ根付いてますが(ヤヤ冬枯れ)、苔は枯れてしまってます。(←涙~)

 苔の種類は 多分"ハイゴケ"だったと思いますが・・


↓一番悲惨でヒドイ "苔石"の状態はこれ~・・(←涙~・涙~‥!)

dc111812.jpg

↑春にわざわざ買い求めた水岩石のイワヒバですが・・完全にアウト!‥です。


↓それ以外の"苔石"も ほとんどが・・枯れてきました。

dc111815.jpg


dc111819.jpg


dc111820.jpg

↑松・紅葉などの植木はなんとか根付いてますが、苔はどれも ほぼ壊滅~‼‥(汗~)

 今秋に枯れてきた苔は、いずれも春先に補修or貼り替えしたのですが、ダメですネ~・・

 (春~夏場は緑色で元気に活着したように見えたのですが~・・ナゼなんだろう??)


せめて1~2年でも、緑々とした状態を保ちたいのですが、方法はあるんでしようか?


ネットに書いてある事の中から、これか?と思う問題点をピックアップしてみました。


①、そもそも"苔"の種類は、石付きに適応した種類だったのか?

 (園芸店で購入した"ハイゴケ""山苔"に水を含ませ 貼り付けた‥石付けに合わない品種?)

 (我が家の近所に自生する"苔"の方が、環境に馴染みやすく 苔石には適しているのか?)


②、植え付けの際の 石と苔に間に用いる"用土"が原因か?

 (ケト土を そのまま石に薄く塗って 苔を置き、脱落しないよう木綿糸で巻き付けた)

 (木を植える用土部分の上にはケト土は塗らず、土にすぐ苔を貼ったような記憶あり)


③、夏場の管理(直射日光/水遣りタイミングなど)に問題があるのか?

 (水を切らさない為、多くはビオ水槽で 水に漬け気味に入れておいた。)

 (単独で置いたものは受け皿を敷き、皿の水が切れたらタップリ石から水を注いでた)


貼り付ける際に 不安に思いつつ、どれも適当に処理していた不勉強さが悔やまれます

この際、"苔石づくり"も 一から勉強して、 ①種類/②用土/③管理方法を見直します。


苔石づくりのベストシーズンはどれを読んでも明記されていませんが、ヤッパリ春先が良いのか?

 (冬場は"苔"も休眠状態で、春先になると新芽を伸ばすそうなので・・)


↓私が、「こんなのを作りたい!」と思う、理想の"苔石"です。<*ネットより無断拝借‥>

aa2179e1fad279309c8bb9b5bcaf4ed862a956681409148243.jpg


500111.jpg


b2d1279b5e1f4225a89fc67a682b4641c4d3c0041409148196.jpg


thL2QABKD8.jpg


↓先日の"青森・奥入瀬渓流"で観た、この景色にも 心を揺さぶられました。

dc1025342.jpg


dc1025392.jpg


dc1025346.jpg

↑清流と、石に苔が自生した風景・・あこがれの飼育環境です。

 (めだかは急流はダメですが、水槽でこれに近い状態を再現したいですネ~‥(←願望!))



"苔"は日本人である私の郷愁をそそり、是非めだかと共生させたいものなんですが・・

 中々奥が深く、素人仕事では 思うように育ってくれませんネ~・・!! (←デモ~‥)


諦めたくな~い!・・これからも 挑戦を続けたいと思っています

もう少し勉強を続け、ビオ水槽とマッチングした"苔石"が育てられるよう‥頑張りま~ス‼



   では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht

昨夜辺りから、急に冷え込みが厳しくなってきましたネ~‼


水温が低くなると めだか達は石や水草の陰で ジッ~としていますが、

まだ日中は暖かいので、太陽が昇ると水面近くにプカ~ッと浮いてきて、日光浴しています。

(私の目安は、11月は水温12℃以上/真冬は10℃以上で 晴天なら エサを パラパラ~ッとします) 


屋外での"めだか遊び"手隙になったので~・・何かやろうかと~・・


そうダ!!・・「"苔"の勉強をしよう!」と思い立ちました。

今迄、「苔盆栽ダ!」-「苔石 造りダ!」と 言いながら、苔の種類も育て方分かっていません

少し本気で"苔"について 知りたいナ~と、前々から考えていたので・・この際始めるか~・・


◆そこで、手始めに 我が家にある"苔"から勉強を始めます。


↓今迄に造った"苔盆栽(もどき)"の中で 元気の良いものを集めてみました。

CIMG2549.jpg 


CIMG2543.jpg 


CIMG2544.jpg 


CIMG2545.jpg 


CIMG2548.jpg 

↑種類も良くわからないまま  表土も適当なまま 貼り付けて育てていましたので

 当然、半数以上がこの時期 枯れていますが~・・(汗~)・・


↓フッと我が家を見回すと・・あちこちに"苔"が生えてるナ~・・(←オットットォ~-・)

CIMG2528.jpg 


CIMG2529.jpg 


CIMG2536.jpg 


CIMG2534.jpg 


◆これらも含め、先ず"苔の種類"の勉強からスタ~トします。

 イ~ッパイ種類があるんですネ~-・(数100種以上) (←一度にはとても オボエラレナイ~!)


~~ 取り敢えず、苔盆栽に 対応できそうな 5品種に絞って マトメてみました。~~


 ①、「山苔」(ホソバオキナゴケ)

スナゴケ 

・西芳寺の苔庭で主要な苔で、盆栽や盆景にも使われる。

  乾燥や寒さには強いが、夏の暑さや蒸れには弱い。


 ②、「スナゴケ」

山苔 

 ・小さな星をちりばめたような形をしている。

  乾燥に強く、砂混じりの水はけのよい土を好み、岩の上にも群生する。


 ③、「ハイゴケ」

ハイゴケ 

・日当たりの良いところで 湿度があれば良く育つ。

 年数経つと表土・岩から 簡単に剥がせ、土は付着しない。


 ④、「ギンゴケ」

ギンゴケ 

・日当たり良い土の上や石垣・アスファルトに沢山生える小型の種類。

 盆栽の表土につけたり、石付け・盆景などに利用される。


 ⑤、「スギゴケ」

スギゴケ 

・苔庭づくりに最も良く使われる苔だが、素人には扱いが難しい。

 日当たりを好むが乾燥には弱く、気温の高い太平洋側では育てにくい。



貼りゴケの方法・表土は 検索先によって 色々なやり方が紹介されており、

 どれが正しいのか~??・・判断できまシェ~ン‼ (汗~&涙~)


仕方ないので~・・試しに 同一表土の上に 複数の苔を貼り付け

 どれが育つか? どの苔が冬に強いか? テストすることにしました!


↓文献を参考に、赤玉土小粒:川砂:ビートモス:バーミキュライトを

 3:3:3:1 の比率で 混ぜあわせて 表土をつくりました。

CIMG2551.jpg 


CIMG2554.jpg


↓手持ちの「4種類の苔」を その上に貼り付け、ピンセットでシッカリ押さえて埋め込みました。

CIMG2572.jpg 

↑左上/ハイゴケ ↑左/スギゴケ ↑中央/ギンゴケ ↑右/スナゴケ


↓霧吹きでタップリ水を吹きかけました。

CIMG2577.jpg 


↓取り敢えず、半日陰になる単管台の下段に置き、春まで様子を見ることにします。

CIMG2598.jpg 



私がやりたい、苔石や苔盆栽向きのものは、たぶんではないかナ~・・と

 当たりはつきましたが・・果たしてこのテストの結果はどうなるでしょうか・・???


 来春の結果は、又改めて 報告する予定です。


      では、又・・・



よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht


ここ数日は 気温高めで、過ごし易い日が続いていますネ~‼

しかし、季節は確実に冬に向けて変化しているようです。


銀杏の街路樹が黄色に染まり、雨風でハラハラ道路に舞っています(2016/11/15撮影)

dc111507_20161115214149b0e.jpg

↑雨は上がっても 空の雲は不気味な色をしています。


↓塀際の桜の木も スッカリ紅葉して来ました。

dc111411.jpg


↓庭石に自然に生えたザクロの葉っぱ も、黄色に変わって来ました。

dc111408.jpg


盆栽の紅葉も 真っ赤~‼・・徐々に”冬近し~!‥”を感じますネ~。

dc111402.jpg


↓気温も水温も20℃近くまで上がって、めだか達はノ~ンビリ泳いでいます。

dc111504.jpg


dc111503.jpg

↑本能的に、寒さに備えて シッカリ太陽の光を全身に採り込もうとしているようです。


↓先日投入した柿の葉っぱの上に集まって 何やら密談?‥かナ~?

dc111329(修整1)


dc111332(修整1)(修整2)




◆そんな ”秋の深まり”を感じる、今日この頃ですが・・小生は週明けも、

 あれやこれや 結構スケジュール立て込んで・・バタバタしています!(汗~)


↓老人会主催の、いきいき「元気体操クラブ」ももう5カ月続いています。(毎/月&水)

dc111417(修整1)(修整1)


dc111418.jpg

↑脱落する人もなく、皆さん自主的に集まって、楽しく体操を続けています。

 筋肉維持を狙い、老人でも無理なく続けられるメニューになっています。


↓こんな ”重り(1㎏)” を手or足に巻いて、筋肉トレーニング。

dc111510.jpg

↑始まる時は寒くても 終わる頃には、少し汗ばむくらいになります。(時間/約45分)


↓大きな声を出して、懐かしい歌を歌うのは 脳の活性化にも効果的だそうです。

dc111416.jpg

↑あと1月(スタート6カ月)で、筋トレの効果測定をすることになっています。

 果たして効果はあったのでしょうか??・・計測が楽しみですネ~‼


↓午後には「老人会の委員会」を開きました。

dc111423(修整1)

↑今週末(11/20)に迫った『第2回。誕生会』の打合せが 主なテーマでした。

 約40名が出席の申込みをされています・・楽しい誕生会にしたいものです‼



↓夜は例の"仲良し3人組"「定例ミーティング」。いつものお寿司屋で 飲んで~・喰って~・・

dc110906.jpg

↑いつもお客さんイッパイ~‥! 威勢の良い掛け声があちこちから~・・


↓我々も,小座敷に上がって、サ~‥ "ミーティング、乾杯~!"

dc110903.jpg


dc110905_20161115215358344.jpg


dc110908.jpg

↑旬を迎えた、カワハギ・アコオの刺身ゃ色々細巻きなど‥旨いものイッパイ~・・


↓今回も無意味?なダベリの連続ですが、楽しい楽しいミーティングができました。(笑)

dc110909(修整1)

↑夜の更けるのも気付かず、今回も看板近くまで・・(←フウ~‥ヨッパラッタかナ~?)

  後半は大将も一緒になって、オシャベリに花が咲きました‼



◆今日(11/15)は、イヤ~‥な"歯医者さん"の日~‥(汗&涙)

↓年を取ると、"歯・目・〇〇" から弱って来ます‼(←シカタナイカ~‥)

dc111505_20161115215545626.jpg

↑ユーウツになりますが、"歯は健康の源"‥ですからネ~・・・


"スーパームーン"ですが、昨夜も今夜も 曇って見えません‼(←悔しいけど‥写真ナシ~!)


日々 こんな調子ですが~・・それでも秋は容赦なく深まっていきますネ~‼

願わくば、少しでも長く‥ "秋の暖かい日"が続きますように~‥(←祈ル~)


   では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht

晩秋~"小春日和~"・・イイお天気が2日続き ましたネ~‼(←ニコニコ~‥)


朝、水槽のフタを空けてやると~‥「待ってました~!」と集団で顔を出しためだか達‥

 (水温18℃←発泡/15℃←プラ舟①号/12℃←プラ舟⑧号) <午前9時>

ポカポカ陽気に誘われて~・・今日も一日・・屋外で "めだか遊び~!"


↓「天高く~・・」空が高く感じられる~ ”秋晴れ~‼” (2016/11/12朝)

dc111209.jpg



◆明日から下り坂の予報・・先ずは 柿の葉っぱの "冬越し寝床" 作りからスタート!


↓塩もみして水に沈めて寝かしておいた "柿の葉"を取り出して・・

dc111248.jpg


↓各水槽に数枚づつ投入! 早くも「なんだ!なんだ!」と様子見に集まるめだか達。

dc111305.jpg


↓もう少し寒くなったら・・この下でユックリ春までお休みくださいネ。

dc111306.jpg



◆室内『出目ちん』水槽に、小川ブラックを数匹追加投入しました。


↓入居前に、掬ったブラック達を 記念撮影~・・

dc111252.jpg


dc111254(修整1)


dc111263(修整1)

↑プラケースに30分入れていても マッ黒のままです。


↓室内水槽②号で 合わせ中。先住の『出目ちん達』が近寄って来て観察してますネ~(笑)

dc111264.jpg

↑『出目ちん』オンリーだと同色で飽きるかナ~‥と思い立ち‥ブラックも同居させます‼



◆昼食後、再び屋外を覗くと~‥ほとんどの水槽のめだかは ノ~ンビリ"日光浴~!"


↓プラ舟も、発泡も、睡蓮鉢も、ポワ~ンと浮いて、余り逃げ惑いませんネ~!

dc111204.jpg


dc111218.jpg


dc111207.jpg


↓プラ舟⑦号のまだら達は、なぜか壁際に一直線に並んで日向ぼっこ~‥

dc111210.jpg


dc111216(修整1)(修整1)

↑背丈の高い水草はフタする関係で‥撤去。 少し寂しいビオの風景ですが~‥


↓露天発泡⑨号の 雪乃ひかり+倉敷錦の若魚たちの様子を、カメラ構えて~‥

dc111202.jpg


dc111217_201611131415343d4.jpg


dc111250(修整1)

↑雪乃ひかりの背中の光が だいぶ伸びてきましたネ~。(大人に近い体型に‥)


↓睡蓮鉢の親めだか(雪乃ひかり+倉敷錦+楊貴妃)の様子も 撮影しました。

dc111207(修整1)

↑隠居所ですが、まだまだ元気で 色も鮮やか~・・キレイです‼

 めだか達も冬に備えて、全身に太陽光を採り込んで いるんでしょうかネ~?


↓ノ~ンビリ水面近くに浮かんで、ユックリ泳ぐ親めだか達→撮影チャーンス‼

dc111226(修整1)


↓楊貴妃の朱が鮮やかです!

dc111243(修整1)


dc111230(修整1)


↓雪乃ひかりの親達、全身ピッカピカ~!

dc111236(修整1)


dc111240(修整1)


↓倉敷錦の三色がクッキリ見えますネ~!

dc111242(修整1)


dc111237(修整1)


dc111242(修整1)(修整1)

↑コンデジでの撮影ですが、思いのほかキレイに撮れたように思いますが~‥

 夏までの早い動きに比べて、ユックリ泳ぐ秋のめだか達の姿は、

 カメラ下手な私にも 納得いく写真が写せる 絶好のシーズンですネ~‥(笑顔~)

 

秋晴れのポカポカ陽気~・・屋外水槽のめだかの姿を、ジックリ~とカメラに収めようと

 ひねもすノタリ~・・の心境で、時間の経つのも忘れて~・・イイ季節ですよネ~‼


晩秋(=もうすぐ冬~‥)の今日・・ユッタリと時間が過ぎていきました。


   では、又・・・



よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht


◆今年の1月・・23日~26日まで、日本中を"大寒波"が覆いましたネ~・・

 (エッ!・・「もう忘れた~!」ですって~・・記録的な”寒波の襲来”でしたが~・・)

 温暖な当地でも 連日マイナス5℃を記録し、屋外水槽は全て凍結しましたよネ。

当時の”めだか村”のブログ記事には、「完全凍結ダ~」「氷の厚み10㎝~」「バリバリだ~」

「どうしよう~・・」etc・・(特に初心者の方からの投稿がスゴかったですネ~)


今冬もそんな"大寒波"が襲来するかも~??・・・

”備えあれば憂いナシ~‼”・・今からでも遅くない‼(むしろ”今こそ”・・‼) 

シッカリと冬越し対策を立てておいた方がイイと思い、この記事を書きます。

(ほぼ その時の記事の マル写しになりますが、参考になればナ~・・と考えて~・・)


=<2016年/1月27日のブログより抜粋>=(←ここから その時の記事も見られます。)


・・数十年に1度という今回の "大寒波"を身を持って体験して 訓えられた事を・・・  

忘れない為に 『屋外・冬越し対策』として、以下メモに残します!!      (但し、私個人の"覚え書"ですので、これが正解か否かはわかりませんが~・・・)


↓我が家の屋外越冬用水槽群(合計40コ)  (2016年/1/25朝撮影)

dc012532.jpg


dc012501_2016111022343965e.jpg



 教訓<Ⅰ> 『秋からの 早めの越冬準備が重要!・・・』 

  (冬の環境仕様に 早く慣れさせる)  

①、秋生まれの稚魚は弱い。(8月末で採卵は終了する)(小さい稚魚やダルマは室内で越冬)  ②、冬用水槽は早めに立ち上げる。(水量の大きい容器にマトメる)(11月中旬迄には完了)  ③、落ち葉や水草・底土も必ず入れる。(保温/水質維持/隠れ場)(フタの準備も忘れずに)


 教訓<Ⅱ> 『屋外での冬越し用の容器は・・・』  

①、容器は・・・発泡大ジャンボタライ睡蓮鉢大プラ舟ベジプラ大 で選ぶ。   

②、容量は・・・大容量が良い→表面積より 深さを優先する。  

③、置き場所・・・冬場の日当たり第一→冷たい風の通り道は避ける。(露天より軒下)


教訓<Ⅲ> 『水槽のフタについて・・・』  

①、屋外越冬には フタは必須→フタなし越冬はリスク大で危険。  

②、発泡フタ付きがベスト→ピッタリ閉まる→穴を空けPPを貼る

  (数日閉めっ放し対策=明かり窓)    

その他容器→重さのあるフタ(例:バーベQアミ)→軽いフタは強風で飛ぶ→厚手プチプチを巻く


 教訓<Ⅳ>  『万一、氷が張ったら・・・』  

①、氷は割らない!→割った氷で水温が急激に下る→張ったまま放置し自然解凍にまかせる  

②、容器選定を間違えなければ 完全凍結は起きない!→氷の下でもめだかは生きられる。

 

教訓<Ⅴ> 『天候が回復したら・・・』  

①、晴れ&気温7℃以上になったら→フタは開けてやる。(但し夕方には必ず閉める)  

②、フタを開けてもめだかを驚かさない→太陽光/水面に風を当てる=酸素供給  

③、水温10℃を目処に少量のパウダーえさを与える→やりすぎ厳禁(10℃未満はエサし) 


教訓<Ⅵ> 『厳寒時の考え方・・・』  

①、めだかは寒さに強い生き物と信じる→弱い固体は当然淘汰されるが・・(自然界の法則)  ②、屋外めだかは冬場は新規に買わない→温室育ちの稚魚の屋外越冬は無謀。(春迄待とう)

 

これからの季節の課題 『冬から春への移行季節には要注意!!・・・』  

①、気温が安定するまで 水換えは我慢する→急激な環境変化は病気のもと。  

②、病気めだかを発見したら、すぐ隔離する→伝染への防衛(塩浴/メチレンなど)  

③、新水槽立上げは時間をかけて→バクテリアなどの発生まで待つ(10日~数間)    

・・・春先になって、改めて 対処の仕方を学びたいと 思います・・・


私も含め、冬越し経験の浅い方々にとっては、パニックに近い寒さでしたが~・・・  

(まだまだ 春までには、同様の寒さが 何度か繰り返し襲う はずですが・・・)

この極端な寒さに耐えた可愛いめだか達は もう寒さで★になることはナイと思います。  (「良くがんばったネ~!!」と 誉めてやりたい気持ちです!)  




11月の今の時期・・真冬の状況がピンとこない方もおられると思いますが~・・=

 "転ばぬ先の杖"="早目の冬対策"は やっておくと その時になって慌てなくて済みます。



◆実は、この記事を「再度UPしよう!」と思ったキッカケは~・・

 

めだか仲間の桔梗さんの<『今日はお庭で何しよう』ブログの11/5記事>に、

 私の上記内容を貼り付けておられたのを読み返して‥ハッと思い出しました。


折角、昨冬学んだ訓え?・・これは役立つかも知れないナ~・・と考えたんです。


もう冬支度完了した方も、今対策真っ最中の方も、これから~の方も・・・

 追加の対策/忘れていたこと/その時に慌てない心構え/・・この記事の中から、

 何か少しでも越冬対策のヒントになれば~・・嬉しい限りなんですが~・ (←ドウカナ~??)


    では、又・・・

 

よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht