87(はな)ジ~ジのめだか日記

~今年は 4年に一度の"うるう年" で 2月が一日多い年に当たっています・・・~
(「オリンピック・イヤー」と うるう年は 奇しくも重なっているそうです。東京五輪もうるう年です。)

閏(うるう)とは…あまり・余分…の意味があり チョツト得した気分になりますよネ~。

明日から3月だと言うのに・・・今日は平年より気温も低めで 曇り空の予報ですが~・・・
折角4年に一度の "おまけの日"…"春の準備"に 有効に過ごしたいものです。


◆昨日(2/28日曜)は、母方の叔父の3回忌法要に 母を連れて出席しました。

↓法事の行なわれた 『岡山・国清寺』 (*この写真はガイドブツクから拝借)
c6c0caf7ef5b901fcc201b9f91f0503c.jpg

↓早目に着いたので 名庭園として名高いお庭のあちこちを マイカメラにおさめました。
dc022810.jpg  dc022801.jpg

dc022807.jpg  dc022815.jpg

dc022814_2016022918130216f.jpg  dc022825.jpg

dc022806.jpg  dc022813.jpg

流石に 江戸時代の備前藩主池田家の菩提寺だけあつて 寺内に広がるお庭は見事です。
 岡山市の中心地にありながら 門から一歩中に入ると 凛とした静けさ・・・別世界です。
 手入れの行き届いた美しい庭は 心が洗われるようで 感動しましたネ~。
(臨済宗のお寺・・・随所に"禅"の精神や 侘びサビの風情が感じられ落ち着きます。)
         
「我がめだか屋敷(?)」も こんな趣を取り入れたいナ~と…不謹慎にも感じました!!

↓法要の後は お墓参り→会食で 久し振りに親戚の方とお会いし 楽しくお話ができました。
 dc022817.jpg

dc022827.jpg

dc022832.jpg
↑親戚・血縁者が集い、故人を偲んで供養する・・・と言う・・・
  "〇回忌法要" の習慣が根付いている 日本の風習もイイもんですよネ~。
 
食事の間には 我が家のめだか飼育の話題も~・・・
 従姉妹たち数人宅には、我が家からの里子も嫁いでおり 話は盛り上がりますネ~・・(笑顔)



◆今日、おまけの一日(2/29月曜)ですが…曇り空で風も冷たく 重作業は無理ですネ~(涙)…
 そこで 「発泡ジオラマ(?)水槽」の 下準備をする事にしました。

↓年末に半額で手に入れて、青色ラッカーを吹き付けた発泡容器
dc022901.jpg

↓先日ホムセンでゲットした 格安の"那智黒石(?)"他を 大・中・小に選別して準備しました。
dc022905.jpg
↑雑菌・洗剤等で、そのままでの水槽使用は不可とありましたので 
  事前にシッカリ流水洗い→水に沈める(1週間ほど) をして 準備しておきました。

↓これを、発泡に接着しておいた壁仕切りの外側に 石垣のように貼り付けて行きます。
dc022908.jpg
↑地味~な作業ですが これが水槽のベースになるので 1コづつ丁寧に貼り付けて~・・・

↓石の重みで接着に苦労しましたが・・一応 石垣に見立てた壁仕切りが出来上がりました。
dc022914.jpg

あとは 数日乾かしてから いよいよジオラマもどき(?)の 水槽立上げに取り掛かる計画です。
 (どんな風景の水槽にしようかナ~・・・???・・・と、現在 妄想→思案の マッ最中で~ス!!)
 (完成しましたら 改めてご披露したいと思います・・・今 しばらくお待ち下さ~イ!!)(?)



◆午後2時半・・・孫娘『花チャン』が 一人で帰省してきました!!

↓駅まで お迎えに~・・・犬2匹も はるばる青森から ご帰還で~ス!
dc022911.jpg

dc022909(修整1)

2年生の必須単位も無事クリアーしたようで しばらく我が家にてノ~ンビリ過ごすそうです。
慣れない青森での一人暮らしの様子など 聞いてみたいことは 色々ありますが~・・・
 焦らないで 暇を見つけて 少しづつ話してくれれば良いかナ~・・・と思っています。

ついでに お庭のめだか達にも 少~し関心を持ってくれたら 嬉しいのですが~~?!・・・


いつもは静かな老人世帯にも 久し振りに若い娘の声が弾んで~・・・賑やかになりそうです!!

おまけの1日もこんな感じで終わり~~・・・
  いよいよ明日からは 待望の "春・3月!!~"が始まります!!


      では、又・・・




よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html


スポンサーサイト

昨日は最低ー2℃/最高9℃ 今日も最低0℃/最高10℃と 寒かった で~ス!!
今日は、午前中晴れ→午後曇り→夕方・・・目まぐるしく変わるお天気でした。

『春はそこまで来ているのに~』・・・チョツト足踏み して 意地悪ですネ~・・・!!


~~本日、実施した"春の準備作業"を順を追って書いてみます。~~

◆①、屋外水槽のフタ全開→日光浴&エサやり(水温10℃になってチョツトだけ~)

↓フタを開けると 浮いていためだか達も 一斉に逃げ隠れようとします。(水温6℃←10時)
dc022745(修整1)

↓エサを撒くと ワラワラ~と集まって来て 食べ始めました。(水温10℃←12時)
dc022741.jpg



◆②、寒さに弱い植物達も 今日から 強制的に屋外に出しました。

↓今迄室内水槽横の 日差しの当たる場所で 越冬させていましたが・・・
dc022703.jpg

↓ボツボツ屋外の気温に慣らせるため、屋外屋根下の 太陽の当たる場所に移しました。
dc022739.jpg
↑春を感じて 早く新芽を吹いて欲しいものですネ~・・・。



◆③、続いて湿生植物の剪定作業を やりました!
 ・・・まだ水は冷たいので~~・・・株分けは 後日に持越しです。
  注水植物 (睡蓮・バコバなど) の手入れも、もう少し暖かくなるまでお預けです。

↓先ず、ミニシベラスを水草専用水槽から取り出して~・・・
dc022721.jpg

↓冬枯れした茎や葉を ハサミで根元から切り取り、過密集状態に 隙間を空けてやりました。
dc022726.jpg
↑もう 新芽が立ち上がり初めていますネ~。

↓次はヒメトクサの 間引き&散髪です。
dc022727.jpg

↓混み入った部分を 少し漉き込み、頭もジョキジョキと 短かく刈り込みました。
dc022730.jpg

↓もう一種類、ホタルイも ヒョロッ~と伸びた茎を チョキンと切って 短かめに揃えました。
dc022731.jpg

↓それぞれ 元の水槽に戻し、新しい茎や葉が 芽生えてくるのを待ちます。
dc022738.jpg



◆④、午後からは ホームページ立上げの勉強に行ってきました。

↓もう1カ月(4回) 経ちましたが・・・なかなか思うようには 進みません! (涙)
dc022752.jpg
↑習った時には 分かったような気になっていますが~‥1週間経つと‥忘れてますネ~。
  そんな繰り返しですが、焦らず、腐らず 前進あるのみ で~ス!!!


~~と言う事で・・春の足踏みの一日も 有意義(?) に過ごせましたとサ~・・!!!(笑)~~

 あと、ホンの少し辛抱すれば・・・"春"が来ますヨ~!!!


      では、又・・・




よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html

◆気温は ここしばらく10℃前後の 少し寒い日が続いていますが~・・・
  本日は 室内水槽の1/3水換え をやりました。

↓だいぶん 水の劣化が 進んで来たかナ~と感じたので・・・(今年になって足し水のみ)
dc022221_20160224153502940.jpg
↑去年10/27の立ち上げ以来 4カ月間 ほぼ手入れナシの放置状態。(ろ過器もそのまま・・・)

↓手の届く範囲の ガラス面を ゴシゴシと コケ&汚れ落としをして・・・ 
dc022522.jpg
↑水草も 段々成長して茂ってきたので 一部は取り除きました。

↓電動給油ポンプで、底のゴミ・フンと飼育水1/3を吸い出して~・・・
dc022233.jpg
↑底には汚れが 相当溜まっていましたネ~・・・!! (汚ったないナ~・・・)

↓室内に入れて 水温合わせした溜め水を ジョロで元の水位まで注水・・・
dc022236.jpg

dc022526.jpg

dc022524.jpg
↑めだか達や 水草・石・底土などは そのままで~・・・ 水換え終了で~す。 
  あと20日足らずの住まいなので、サササッ~と・・・~雑になったかナ~(苦笑)

↓めだか達は元気そうです!! 一匹も★になることなく 無事春を迎えられそうです!! (笑顔)
dc022527.jpg


冬中 ヌクヌクと室内で過ごしためだか達ですが、(十分室内鑑賞も楽しませてくれましたし)
 ボチボチ屋外に出してやる季節になって来ました。
  

◆春の産卵にスムーズに突入できるように 早めに外気に慣れさせておく必要がありますよネ~!!
  その為には そろそろ屋外移転用の水槽を 準備をしてやらなければ~・・・と考え、
  続いて 引越し先用の 水槽&水づくり をやることにします。

↓とりあえず 黒NV容器 5コを立ち上げる事にしました。
dc022506.jpg

↓半ペアタンクで立上げ、バクテリア定着用に 赤玉土をネットに入れて沈めておきます。
dc022508.jpg
↑少しだけ 底石などで 変化もつけてみました。
  ネットに入れた赤玉土は、暫定投入で、
   先日植え替えしたオモダカが 根を張ってきたら それと入替える予定です。

↓1週間ほど このまま放置して バクテリアが発生するのを待ちましょう。
dc022513.jpg
↑めだかが居て 比較的安定している屋外水槽の飼育水を 少し加えました。
  (早くバクテリアが 着くようにとの考えです) (もちろん、オミタンも定量注入しました)


水の出来具合を見ながら、3月10日頃を目安に 
 室内→屋外への 引っ越しを実施する予定にしています。

それ迄には、水生植物の株分けや 種親めだかの選別も やる必要がありますネ~。
 ボチボチ、本腰を入れて"春本番到来~!"に向けた 準備を始めなければ~・・・!!!


         では、又・・・




 よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html




~~ 何となくですが・・"春"の気配を感じませんか???~~
 地元の天気予報では 2月中は 最低0℃→最高10℃前後の 冬日が続くようです。
 まだ"暖か~い春の日差し"の日々には しばらく日数が掛かるようですネ~! (ア~ア・・)

でも・・・日中は 屋外に居ても 余り "寒さ"は感じません。
 作業も ボチボチやれるようになりましたですよネ~!(笑)

◆先日の雨で フタなし水槽は やや水量が増えたみたいです。
↓2/17立上げたプラ舟ビオの その後の様子
dc022225.jpg
↑「苔舟」が沈没しそうなので 取り合えず一時陸揚げしました。
  それ以外には 特に変化はなく、ジックリ水づくりは進行してくれている筈ですが・・・?

↓2/19に沈めたナガバオモダカ専用の発泡
dc022226.jpg
↑株分→植え付けは上手くいったようで シッカリ根を張ってくれるのを待ちましょう。



~~・・最近 少し気になる事があります。・・~~

◆・・・それは・・・「スネール=サカマキ貝」が 目に見えて殖えて来たことです。

↓発泡水槽には 側面にビッシリ張り付いています。
dc022243(修整1)

↓プラ舟も~・・・今までも気が付いたら  取り除いてはいたんですが~・・・
dc022244.jpg

↓新・睡蓮鉢でも 目立って多くなってきましたネ~・・・
dc022245.jpg

↓室内水槽のガラス面にも ベタ~ッと張り付いてます。
dc022216.jpg

↓ガラスに張り付いたスネールの拡大写真です。   ↓同じく
dc022258.jpg dc022259.jpg


サカマキ貝も 春の訪れを感じて 子孫増殖を始めたのでしようかネ~!
1月には さほどでもなかったのに 最近急激に殖えたように感じています。

私は、「スネール」が発生しても 余り気にする方ではありませんが、
 これから暖かくなると手が付けられない程繁殖し、見た目も良くないので・・・
  何か 対策を講じる必要があるかナ~と・・・ネットで少し検索してみました。


そこで発見した答えは・・・"ピンクラムズホーン"が サカマキ貝の天敵ダ! の記事です。

↓これが その"ピンクラムズホーン"の写真です。(無断借用しました)
41ZPYjxM63L__SX355_.jpg

ーーー記事の一部を抜粋ーーー
     <前文 省略>
・・・答えは簡単で、スネールと競合する生体を投入すれば良いだけです。
   それは、有名な『ピンクラムズホーン』です。
   通常のラムズホーンではなく、『ピンクラムズホーン』であることがポイントです。
   手順としては、ピンクラムズホーンを対象の水槽やビオトープに数匹投入します。
   後は、しばらく放置するだけです。
   これだけで、サカマキ貝が、水槽やビオトープの中から、
    いつの間にやら本当に居なくなります。
   そして、その状態になった水槽には、今後サカマキ貝が増える事はありません。
       <以下 省略>

他にも 淡水魚で駆逐してくれるものもいるとか~・・・

私は 貝類の知識は皆無で 記事の通りの効果があるか否かは分かりませんし、
 我が家のビオトープは 基本 "自然のままに・・" なので 試すつもりはありませんが・・・
  もし 気になる方・駆逐したい方は 試して見られるのも良いかも知れませんネ~。
   (ご参考までに~~・・・)




◆ノ~ンビリエサを求めて浮いてきた屋外越冬中のメダカ写真を数枚撮りました。
↓発泡の混泳めだか
dc022210.jpg

↓プラ舟の雪乃ヒカリと倉敷錦
dc022213(修整1)
            
↓チョツト面白い・・・波紋のめだか写真が撮れました(偶然ですが・・)
dc022208(修整1)(修整1)




暖かさを感じてきたのか、少しづつエサを求めるめだか達が多くなってきましたネ~。
活発に「エサくれダンス」 が始まるまで・・・ あと少しの辛抱でしょうかネ~!!!(笑顔)

もう少しの間、寒い日が続くようですが・・・"春"はそこまで 来ているように感じています!!

    

       では、又・・・





 よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html







多くの先輩のビオトープ水槽立上げ例を 拝見していると
 皆さん それぞれの想いを込めて 水槽を作っておられるんだナ~・・・と感じます!!

だだ…ビオトープと言いながら、底土を入れ 水生植物の鉢を沈めただけの作成例も多く、
 もう一工夫されれば より自然環境に近づけられるのにナ~…と残念にも思います。

もう一工夫とは~・・・例えば 底土に高低差をつけるとか、水草を数種類入れるとか、
 石コロを 数個使って めだかの隠れ場所を作るとか・・を 工夫するだけでも 
  水槽の様子が 劇的に変化すると 思うのですが~・・・
(めだかにとっても あちこちに避難できる場所がある方が 安心で自由な環境だと考えます)


 
【第三章】 ビオトープの作成例
~今回は、私が過去に作ったビオトープの作成例をお話しすることにします。~


【①】ビオトープの立上げの手順
    (プラ舟40でのケースです) <2015/10/1立上げの様子>

1)、飼育容器と底土・ビオに入れる植物・石などを準備する
↓各種石材や石類は1マトメにしてストックしてます。(外出時、使えそうなものも物色しますネ~)
dc102216_20160215214832e99.jpg
dc102208_20160215215345fa0.jpg

2)、 設置場所に容器を置き、ビオの水底に置くものを 順番に仮置きしてみます。
  (設置場所に置いて作業しないと、底土/石などで重くて あとでの移動は大変です!)
↓今回は、プラ舟40で 底土は 赤玉土+川砂+川砂利を三色に使い分けて敷く計画です。
dc092652_201602152116477ca.jpg

↓絶海の孤島をイメージして、中央に溶岩石とシノブを配し ウオーターコインの鉢植を投入しました。
dc092653_201602152116546e5.jpg
↑イメージに沿って仮置き後、置き直したり 微調整してから、3種類の底土を敷きました。

3) 、レイアウトが出来たら、水を入れれば 完成で~す!!
↓ジョロでソ~ッと水道水を注ぎました。 計30リットルが入りました。(全く濁りナシ!)
dc092657.jpg
↑めだか投入を急ぐ時には、種水として 今迄の飼育水を半分ほど使います。

↓どうでしょうか?・・・絶海の孤島に見えますかネ~???
dc092659_2016021521165868b.jpg

4)、その後の水槽の様子
↓立上げ後 1カ月経過した様子(2015/11/5)(このまま屋外越冬させます)
dc101114_201602152148275cb.jpg
↑水質も安定し、めだか達も元気イッパイ泳いでいま~ス!!

如何ですか??・・・立上げには1時間~2時間あれば 十分です。(意外にカンタン~!)
 どんなレイアウトにするか?…手持ちの植物や石材で考えている時が 一番楽しいですネ~!



【②】更に、あれこれ趣味が広がってま~ス!!
  ビオトープを楽しもうと思うと 周辺の色々なことにも 興味が湧いてきますネ~!! (笑)

①、水生植物を育てるのが 楽しくなってきました。
↓睡蓮の株分→植え付け             ↓ナガバオモダカの株分
dc032623_201602152232357cc.jpg  dc042626.jpg

②、渓流石・川砂・石などを収集に出掛ける ようになりました。
↓渓流で 大き目の自然石を採収しています   ↓河原にも行って サラサラの砂を採って来ました
dc041215_2016021522381703a.jpg  dc101002.jpg

③、盆栽・植木など 水槽周辺の植物にも 関心が強くなってきましたネ~!! (笑)
↓苔石づくりに挑戦                ↓山野草の盆栽づくり
dc032703_20160215223237787.jpg  dc032709.jpg

④、更に "めだかの輪"…ビオ&めだか飼育の楽しさを 多くの方に伝えたいので~…
↓増えた若魚はドンドン里子に・・・     
dc061918_2016021522515086a.jpg  dc040704_20160215225958363.jpg

↓我が家への来訪者も増えてきました
dc100213_201602152253139a5.jpg  dc072635.jpg

⑤、水槽棚も計8コ手作りしました。(DIY苦手ですがやれば出来るもんですネ~!)
dc022708_201602152258554e5.jpg

⑥、めだか達の姿を キレイな写真に撮りたくて・・・
↓新しいデジカメ購入         ↓先輩ブロ友から 撮影テクニツクを教わりながら…
dc110710_2016022114190575e.jpg dc111049_20160221143228b9a.jpg

↓練習中の写真ですが・・(上見)         ↓横見写真(撮影容器に入れて)
dc111041_20160221143231d19.jpg dc111028(修整1)

↓屋外ビオ水槽のめだか達            ↓室内水槽で泳ぐめだか写真
dc111079.jpg dc121268(修整2)

↓撮影風景
dc121235.jpg

現役引退後は、これと言った趣味もなく~・・・ 
 積極的な外出や 人との交わりも少なくなって (後は老いるのみか~) いたのですが~・・・
  めだか飼育&ビオトープがキッカケで・・・ 趣味が大幅に増えましたネ~!! (笑顔)

今では、毎朝「あれやって~これやって~」と一日のスケジュルを立てないと うまく廻らないほど
 やる事&やりたい事が・・・イッパ~イで、毎日 充実した日々を 送っています!!

是非、皆さんも めだか→→ビオトープ→→ドンドン趣味を広げる・・・~~
 ・・・と、・・・そんな「めだかライフ」を 楽しんで欲しいナ~と思います!!



~~今日も 長~いお話にお付き合い下さって 有難うございました!!~~

    次回でビオトープ編は 完結したいと思っています。
     どうぞ、次回もお楽しみに~・・・・(エッ! どうでもイイ~??? (泣き顔))


       では、又・・・




よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html

今日は すみれグループ(介護施設)の会議が 昼&夜の2ツある予定の日です。
従って,「天気は良い予報だけど、外作業はできないナ~」・・・と思っていたら~・・・

朝 施設長からTELがあり、どちらの会議も延期したいとのこと・・・??
理由は・・・インフルエンザで 利用者さんの一人が入院されました。  
 相談の結果・・・感染予防の為に 会議を日延べして 様子をみようという事に決めました。
  (幸い、利用者さんは 大事ないとの情報なので・・・一安心~!!)


・・と‥なると…今日は一日フリー~!!…~なら、やるっきゃないでしょう~!!!

で・・・早目にやっておきたかった・・・
 ナガバオモダカの株分&植え替え(第一弾)を やることにしました!!

◆先ず、100均に行って 植え替え用の容器(鉢の代わり)を 調達してきました。
↓四角でサイドが網目になった容器 & 目に止まった諸々の品もゲット!。
dc021907.jpg
↑黒色のBOXが オモダカ植え込み用の鉢(計8コ)です。
  その他、盆栽やジオラマ水槽に使えそうなものも・・・(〆て2400円+消費税)

◆午後一番から 作業に取り掛かりましたヨ~!!・・・(笑)
↓室内Nコロで一冬越した オモダカの鉢
dc021901.jpg
↑もう花芽を立ち上げ始めています。 

↓屋外発泡の中の1ツのオモダカ鉢も 同時に植え替えようと思います。
dc021904.jpg
↑他にも まだオモダカは沈めていますが 今日はこの2鉢を手始めにやります。

↓2ツの鉢から 取り出して並べてみると・・・
dc021910.jpg
↑室内⇔屋外で 緑や根回りに 大きな差がありますネ~。(屋外は まだ半冬眠中?)


植え替えの手順を 書いてみます。(飽くまで 私流ですので~・・・参考になるかナ~???)
  (両手が泥んこでの 撮影で、ピントも甘めですが・・ご容赦下さい!(苦笑))

↓①、先ず、根っこを水洗いし適当に分けます。(まだ冷たい時期なので 土を少し残しました)
dc021915.jpg

↓②、2ツのオモダカを8コの鉢に 株分→植え込んでいきます。
dc021917_201602191656281eb.jpg

↓③、底土は、赤玉土7⇔腐葉土3で混ぜ合わせ、練ったもの/そのままのものと2種類準備。
dc021913.jpg

↓④、底に練った土を薄く入れ、マグアンプKをパラパラと撒き、その上に又赤玉土を入れます。
dc021920.jpg

↓⑤、オモダカを土に植え込んで出来上がりです。 dc021921.jpg
↑(シッカリ植え込まないと 水に漬けると 浮いてきてしまいます!!←←要注意です!!)

↓⑥、一部には、黒っぽい石と白い砂利も表土代わりに置いてみました。(遊び心??・・)
dc021922.jpg

↓⑦、専用の発泡容器に水を張り 容器を沈めれば・・完成です!!
dc021925.jpg

dc021927.jpg
↑まだお日様が弱いので、浅めに水の高さ調整をして 活着するのを待ちます。
  たぶん1カ月もすれば ドンドン成長を始めてくれると 思います。

4月になったら 種親めだかを選別した 採卵容器(ペアタンク) に投入しようと考えています。

↓早いものは3月上旬には 可憐な白い花を咲かせてくれますヨ~!! 
dc022405_20160219174043c2a.jpg
↑昨春の一番花は2月23日に開花してますネ~・・!! (2015/2/24撮影)


久し振りの水生植物の植替えなので、手順を忘れ 段取りが悪くて手間取りましたが~・・・
 今春用の採卵水槽立上げの 準備第一弾が 何とか完了しました!!
これから、暖かい日には順次 植物の株分→植え替えに 取り掛かろうと考えています。

会議予定が変更になったお陰で、懸案の植え替え作業がやれて~・・ ラッキー!! (コラコラ!)
心地よい疲れと 満足感に 浸りながらのブログアップになりました!!

皆さん~・・・まだ寒暖差が激しい時・・・悪質なカゼには気を付けましょうネ~!!!

      

           では、又・・・





よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html


~~2/11に春の準備作業のスタートを切ったのですが~・・・~~
 諸行事と悪天候(寒波再来・・) が続き、・・・作業は一週間 完全に中断~~・・!! (涙)
 暖か~い天気が回復するのを イライラする気持ちを抑えて、"待ってました~!!"

↓昨日(2/16)夕方 西の空には 春を予感させる夕焼けが~・・・
dc021701.jpg

↓案の定、今朝は快晴!!・・・気温も平年並みに戻ったようなので~・・・
dc021707.jpg

"春準備"に再び 取り掛かることにしました!! (ヤルゾ~!!・・・笑顔!)

◆先ず一番に・・・懸案の "ブラ舟ビオトープ水槽" の立上げです!!
 水槽リセットや選別を始めるには めだか達の新住居を先に作っておく必要があります。
 春先は "水づくり"に日数を要しますので 早めの新水槽立ち上げが 急がれます。
(私は、2週間以上経過した飼育水が春先にはベターだと思っています。(2年の経験から))


本日の"プラ舟ビオ"立上げの作業手順を 述べてみます。
    (皆さんと同じ手順かナ~?・・・飽くまで"私流"ですので~・・・)

↓1)、水槽の設置場所を決め、天日干しズミの容器を並べます。 
dc021714.jpg
↑今日は 2コ同時に立ち上げます。(プラ舟⑤号(右)/⑥号(左) と呼びます)

↓2)、底土や砂利・石材・沈める植物鉢などを準備します。
dc021713_20160217140941fba.jpg
↑⑤号は赤玉土+川砂利を/⑥号は荒木田土+川砂を 底土として敷く予定です。

↓年末に採集した "川砂"を水洗いしました。(結構濁っています)
dc021720.jpg
↑濁りがとれるまで何回も洗いました。(微生物や虫の卵が混入する恐れもあるので・・・)


3)、各水槽の レイアウトテーマを決め、材料を仮置きしていきます。
 (何度も言いますが、私はこの時間が トッテモ楽しイ~です!! ‥ビオ飼育に拘る理由てす!)
↓⑤号のテーマは 港へ漁船が帰ってきた~・・・
dc021716.jpg
↑高い岩山のある漁港に 苔船が着岸した様子を表しました。
 
↓⑥号のテーマは 谷底から清流が流れ落ちるイメージで・・・(タコ壺も使ってみました)
dc021715.jpg
↑奥の溶岩石を岩山に見立て、渓流を砂利で表現してみようかナ~・・・
  まだ 水草は冬枯れのままなので 株分→定着までは 仮置き状態になります。

4)、底土を敷き、水面の高さなどを調整しながら 石&砂利を置きました。
↓⑤号は赤玉土を奥に、手前に川砂利を敷き詰めました。
dc021726.jpg
↑船の下は岸壁トンネルにしてみました。ここをめだかが潜ってくれると楽しいナ~・・・

↓⑥号は下に荒木田土、その上に川砂/水の流れを川砂利に。
dc021723.jpg
↑渓流が表現できてるかナ~・・・(タコ壺も風景に馴染んでると思うんですが~?)

↓プラ⑤⑥号二ツを並べてみる。・・・テーマの違いが解かりますか~??
dc021730.jpg

↓5)、上に空袋を置き、その上からジョロで 静かに水を入れて行きます。
dc021731.jpg

↓6)、水張り 完了で~ス!!  (全く濁りナシ!)
dc021736.jpg
↑⑥号の荒木田土も濁らず落ち着いてくれました。
  (過去に、ここで濁らせて失敗した経験が多々あります。その後荒木田土が苦手に~・・・)

↓7)、最後に"御神田の水"を定量注入して 浮いてきたアクを取り除いて 終了です。
dc021761.jpg
↑今回は水道水を直入れ。& 10日以上寝かせるのでオミタンも直接注入しました。
  (今後 1週間ほどは、毎日定量を希釈して注入し、水づくりを続ける予定です)

 
~風はまだまだ冷たいですが、日向に居ると丁度良い暖かさの一日になりました。~ 
   プラ舟立上げの作業は、2時間足らずで立上げられ 心地よい疲労感があります!
このまま、自然にバクテリアが発生し、めだかが心地よく住める水槽になって欲しいものですネ~!!



◆お昼近くには 水温も12℃を越え、めだか達もエサを求めて水面に浮いてきましたヨ~!!
 
↓いつも元気イッパイのプラ舟①③号のめだか達(①→三色系/③→雪乃ヒカリ+倉敷錦)
dc021767(修整1)(修整1)

dc020526(修整1)

↓今迄、中々姿を見せなかったプラ舟⑦号→親知らず(ゴチャ混ぜ)めだか達 
dc021764.jpg

↓ブロックトンネルから 顔を覗けてくれました!
dc021749.jpg

今日は エサ1回(少量)だけで あとはノ~ンビリ日向ぼっこをしてもらいましょう!!
 これから段々暖かくなって、序々にエサ喰いも活発になってくる事でしょう。
  十分体力を付けて、来る春の産卵シーズンを迎えさせたいと願っていま~ス!
   ・・・あと、ほんのチヨツトの辛抱ですヨネ~!!


       では、又・・・




よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html

"春が来た~!"と思ったら‥"昨日より10℃も寒~イ!"‥どうなってるんですかネ~??・・


↓我が街の気温予測 (気象庁2/15朝 発表)
2/14
(日)
2/15
(月)
2/16
(火)
2/17
(水)
2/18
(木)
2/19
(金)
天気予報曇り/晴曇り/晴曇り/晴曇り/晴晴れ/曇曇り/晴
最高気温18℃7℃6℃7℃10℃12℃
最低気温12℃2℃-3℃ー2℃0℃2℃
↑昨日に比べ 明日は最低気温で15℃差/最高気温でも12℃も差がありますネ~・・・
 めだか以前に 人間様が この一気の冷え込みについて行けるのか??・・・心配になります!

マ~、三寒四温・・・と申します! 
春を迎えるためには「我慢するしかない 春先の厳しい天候なんダ」 とあきらめて、
 元気に過ごすように 心掛けましょう!! (風邪などひかぬよう お互い気を付けて~・・)



◆ 一昨日は 例によってHP作成の勉強会 (pm1:00~5:00)

↓女子スタッフは 順調にHP原案が 進行しています!
dc021320.jpg
↑私は・・・相変わらず 苦戦中~!!(涙)・・・ボチボチ頑張っていますが~・・・
  ホームページのイメージが中々決められず やり直しの連続で~ス!(苦笑)



◆ 昨日(2/14)は、町内老人会の恒例『誕生会』でした。

↓誕生月をお祝いされた出席者の皆さん (12~3月生れの方々が対象です)
dc021405.jpg

↓懐かしの歌を 大きな声で 合唱しました。
dc021445.jpg

↓おしゃべりタイム・・・久し振りに話し合いの輪があちこちに広がって~
dc021463.jpg

↓例によって ビンゴゲームは盛り上がりますネ~・・・
dc021497.jpg

↓冒頭の 開会挨拶で 初めて 少し"めだか"の事を 話しました。
dc0214103(修整1)
↑余り期待しないで・・「よろしかったら 飼ってみて下さい」と 話したところ・・・
  予想外の、反響大!!~・・・(チョツトびっくりです)
 帰り際には 数名の方から 「めだか頂戴ネ~」 との申し出がありましたヨ~!!(笑顔)

・・・"めだかの輪"が 春には また広がる 予感~!!…嬉しいですネ~‥!!()



◆帰宅すると 黒ニャンコ便が~・・・
 九州の 苔盆栽の師匠・・・nob〇〇さんから 嬉しい お届け物が届きました!

↓丁寧な梱包を開けると 中に入っていたのは~・・・
dc021303.jpg

"タコ壺" (小)が 6コも入っていました!!
dc021311.jpg
↑素焼きのチッチャナ タコ壺・・・欲しかったんですよネ~・・・
  何に使うのかって~・・・???
   当然 春立ち上げる"ビオトープ"水槽の レイアウトに使わせて 頂きますヨ~

↓もう一品が・・・ご自分で育てられた "石付きのセッコク" (着生ラン) で~ス!!
dc021306.jpg
↑溶岩石に見事に根を張り、コケも緑々して キレイです!!
  私も去年挑戦しましたが~・・・こんなに元気に大きくは 育っていません!!
   白い花が咲くとの事・・・楽しみ~!!・・・大事に育てたいと思っています!

nob〇師匠・・・ほんとに有難うございました~!! (改めて御礼申し上げます!)


この寒波を乗り切らなければ ホントの"春"は来ませんが、
 こうやって 春の準備に必要なモノが 次々に集まってくると・・・
  春作業の本格スタートを早く始めたくて ウズウズして来ますよネ~!!!

   でも、もう少しの間、ジ~ッと辛抱して・・・春を待つことにしま~ス!!


         では、又・・・




よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html

『生き物が ありのままに生息活動する場所』==『ビオトープ』 を目指している
我が家の『ビオトープ水槽』(もどき?)ですが・・今回は"我流の作り方"のお話です。
  
  それぞれお住まいの状況が異なるので これがお手本にはなりませんが・・・
   何かの参考になればイイナ~・・・と願っています!!

 築100数十年の我が家(あばら家)全体を『めだか屋敷』化したいナ~と考え、 
  試行錯誤しながら 少しづつ規模を広げてきました!!

↓現在の『我が・めだか屋敷(?)』の様子 (2016/2/10撮影)
dc021006.jpg

dc021008.jpg


庭のあちこちにビオトープ風(?)の水槽を置いて、沢山のめだかの泳ぐ姿を眺めていたい!!
更に、水辺には 小さな生き物が 自然に集まり、水生植物たちが キレイな花を咲かせる・・・
・・・~そんな環境が完成するまでに、何年掛かるかわかりませんが~・・・
 
 少しづつやれる事からと始めた『ビオトープ』づくり・・やっと3年が経過しましたネ~!
 今年も少しは進化させたいものです・・頑張るゾ~!!(『めだか屋敷』と呼ばれたいナ~‥)


  

 【第二章】 ビオトープ水槽の歩み(?)


今迄に作ったビオトープ水槽群の紹介

2013年(1年目)
↓火鉢2コと睡蓮鉢・石臼を玄関脇に並べ、シロ+緋めだかでスタートしました。(2013/5/25)
dc061621_convert_20160209221833.jpg
↓その後、軒下にプラ舟2ツを並べて立上げ    ↓発泡スチの稚魚育成水槽
dc061809_convert_20160209222310.jpg  dc082505_convert_20160209222747.jpg
<1年目は、稚魚の大量★などで 大慌ての連続・・・ビオの置き場など考える余裕ナシ。>

2014年(2年目)
↓門から玄関の通路に沿ってブロックを土台にして プラ舟3コを並べました。(2014/4/20)
dc091001_convert_20160209234908.jpg
↓AC室外機に棚を作った(雪乃チャンがペンキ塗り)   ↓採卵用棚の黒NVボックス(軒下に)
dc042412_convert_20160209225401.jpg  dc033110.jpg
<水槽が増えるに連れ、高さの事や全体のバランスを考えて 自作の棚を順次作っていきました>

2015年(3年目)
↓水槽台を設置し、 門からプラ舟10コを一列に並べる (2015/4/8)
dc060101_convert_20160210000358.jpg
↓採卵用黒Nコロ2段棚を軒下へ        ↓奥には発泡容器(稚魚育成用)を置きました
dc060107_convert_20150601211727_20160210000930818.jpg  dc101406_convert_20151014210322_20160210000927bf5.jpg
<「めだか屋敷(?)」化を意識しはじめて・・来訪者の目線や 注目水槽が気になりますネ~>



"透明な飼育水" を維持する水槽づくり (まだまだ模索中ですが・・)

<容器>・・・ある程度の水量(30ℓ程度)の物なら 何でも良いと思います。
 ↓プラ舟60(立上げ1カ月)      ← ←   ↓立上げ時の初期レイアウト(並べてみる)       
dc061337_20160210225018cc3.jpg  dc041416.jpg
↓発泡スチ                       ↓睡蓮鉢
dc071411_2016021016194859c.jpg   dc070737_201602101655431bb.jpg

<底土>・・・私は主に"赤玉土(中粒)"を底に2~3cm敷きます。(気分で川砂利なども)
         他には"荒木田土"と その上に"川砂"を撒く水槽もあります
 ↓赤玉土                      ↓川砂利        
dc022416.jpg  dc070210_20160210161947406.jpg

<沈める物>・・・"水生植物"+"河原・渓流の石"は必須です
         他に"石材・ブロック・瓦・流木・苔盆栽"なども 水中景色づくりに使います
 ↓睡蓮                        ↓ヒメホタルイ     
dc062219.jpg  dc040618_20160210163441adf.jpg
↓河原の石や流木                 ↓石材その他
dc123049.jpg  dc102216_201602102305167d8.jpg

その他沈める物>・・水質保持に効果ありと聞いた物 (牡蠣ガラ/備前焼の破片/竹炭など)
 ↓牡蠣ガラ(水槽×1~2枚)            ↓備前焼の破片
dc042216_2016021016344581c.jpg  dc110905.jpg

<生体>・・・めだか(水1ℓ→1匹)+ミナミヌマエビ+マシジミ
↓ミナミヌマエビ                   ↓マシジミ(タッパーに川砂を入れて)
dc011943.jpg  dc060806_convert_20150128224048_20160210163909ef3.jpg


これらを組み合わせて それぞれの水槽に入れておけば
 自然にバクテリアが発生し ろ過サイクルが出来上がって 水を浄化・透明にしてくれます。
更にめだかのフンが植物の栄養になり、酸素を発生させ 生物循環で水質が安定してきます。
エアレなしの止水状態なので、当然、夏場には藻類も生え GW化する事もたまにありますが、
これらの土+生物+植物+その他が 相互に微妙なバランスを保つことで透明水が維持できます。
  (*『御神田の水』・・・これも水槽立上げ時には 適量注入しています。)

もちろん、太陽の光や 水面を吹き渡る風なども 自然環境には不可欠ですよネ~。
 だから、私は "屋外飼育" に どうしても拘るんですが~・・・・
 
<なお、赤玉土は1~2年経過すると・・・>
 <目詰まり→崩れ→水質弱酸性化するので‥要注意です!!‥過去の大量★の主原因か?>
 (私は 年/1回は 底土の入替え=リセットをします。 飼育水は 新しい水槽に使います)



◆今迄に作ったビオトープ水槽の一例(各容器別に)
 ↓プラ舟40                      ↓ジャンボタライ
dc100108_201602102327277c1.jpg   dc073129_2016021016554857c.jpg
↑今迄の経験を生かした自信作(自己満足) ↑大きく深い特性を活かし背高水草を中心にレイアウト       
       
↓発泡水槽                    ↓NVボックス・黒(採卵用でペアタンク)
dc062254_20160210162818a65.jpg  dc070162.jpg
↑主に稚魚用なので 底土+植物で簡単に ↑基本採卵用なのでオモダカ鉢を投入するだけ
        
  1ツ1ツの水槽に変化・特色を持たせたいので、新容器を立ち上げる時には 
 手持ちの植物や材料で あれこれレイアウトを試行し考えますネ~・・・楽しい時間です!!


過去の写真を探して、貼り付けるのが 結構大変ですネ~・・・(チョツト 疲れました!)
なんとか記事になったようなので 今回はここまでとします。
長~い記事にお付き合い頂き・・・有難うございました!!

    では、又・・・~~次回の ー愚考③ も よろしく~~・・・





よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html

  昨日今日と 晴天~!!・・・暖かい ですネ~!! (笑顔)
屋外に出ると お日様ポッカポカで、まるで "春が来た!" みたいです!!

フタ全開~!!・・・めだかビオ水槽の水温も グングン上昇!!~~・・・
↓朝の冷え込みで、5℃ だった(am10時)のが→→アット言う間に10℃に!! (正午過ぎ)
dc021110(修整1)


つい、エサをパラパラ~・・・と撒いてやると・・・
↓元気な姿を現わして エサに集まってきます。
dc021032.jpg
dc021116(修整1)
dc020507(修整1)


こんな陽気なのに・・・ジッ~と室内に居ることは 無いでしょう~!!

と、言う事で・・・屋外で "春準備をスタート" させることししました!
 去年より10日も早い スタートになりました!! (去年は→2/20スタート) 
  ・・・チョツト、フライング気味ですが~・・・

↓「サ~・・・やったるゼ~!!」のポーズです。(撮影は奥さん)
dc021021(修整1)


◆作業の手始めは、冬の間放置していた プラ舟2コの水洗い からです。
 (3カ月 全く体を動かしてないので、先ずは準備運動も兼ねて 軽~イ作業から始めます!)

↓雨水・氷・雪が溜まり、枯葉やゴミもそのままで 結構 汚れていました。
dc021014.jpg

↓ゴシゴシ水洗い。(水道水もさほど冷たく感じられません)
dc021024.jpg
↑ついでに、NVボックスや発泡の空箱も一緒に水洗い・・・→→天日干し~・・・!!!



◆続いて 発泡容器を使った"ジオラマ水槽(?)"を作るための下準備に取り掛かりました。

↓下の発泡に この噴霧式スプレーを噴き付け 塗装します。
 dc122055(修整1)
 
↓処分品(半額)で購入したラッカー(ブルー色)で 全体に万遍なく噴き付けていきます。
dc122057.jpg

↓なるべく 色むらにならないよう、何回も塗り重ねました。
dc122058.jpg

↓最後に 陸上に見立てる植栽の土入れ部分を 発泡を切って貼り付け同色で仕上げます。
dc122061.jpg
↑後は天日に干して 接着剤が乾き、ラッカーが落ち着くのを待ちます。(数日間?)

"発泡ジオラマ(?)"…何が出来るか??…今後の作業や出来上がりは又改めて報告しま~ス!!

たった2時間の作業でしたが 久し振りに体を動かしたので・・少~し疲れたかナ~??・・



◆今年の「めだか屋敷」化(?)計画として 現在検討しているのが~・・・

↓"めだかの番人"== "兵馬俑" の周りにも  ビオ水槽を増設したいナ~と考えています。
  ・・・我が家を訪れた方と 談笑できるスペースも ここに併設したい と思っています。
dc021102.jpg

↓更に、その奥(西端)のスペースにも めだか水槽を拡張できないか 検討中です。
dc021105.jpg


3月中旬並のポカポカ陽気に誘われて‥チョツト早すぎたかも知れない"春作業"の開始になりました!
週末から 再び 荒れ模様で 気温もグ~ンと低くなる予報ですネ~!!・・・
 今日からの 春作業スタートは・・・ 
たぶんフライングで 中断(?)することになりそうですが・・・(涙)

余りの好天に~・・つい 前のめりになってしまい・・反省しているジ~ジでした。(苦笑~)

      
        では、又・・・





 よろしかったら
ポチッと、お願いします!
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.html