87(はな)ジ~ジのめだか日記
FC2ブログ

   こんにちわ!


 
高齢者の介護施設 (デイ・サービスと小規模多機能施設) に行ってきました。

  
 ↓同じ市内にある「笑いの家・すみれ」 という、介護事業所です。
dc010801.jpg

私の友人が、ここの経営者なので、月に3~4回  職員の方々と話をしに出かけます。

同じ敷地内の2ツの介護施設では、それぞれ めだか を飼っています。

デイ・サービスの方は、プランターと睡蓮鉢で、約50匹のめだかが越冬中です。

   ↓飼育水槽です。 (めだかの姿は見えませんが・・)
dc020506.jpg


冬場は、屋外で放置状態ですが・・・
春から秋のシーズンには、通所してくるお年寄り達が、
当番を決めて、エサやり・水換えなどを行い、めだかの飼育・観察をしています。

「めだかは可愛いヨ~」とか、「子供が生れた」とか、
「楽しみにして通っています」 など
入所者の方々の声を、直接聞くことも たびたびあります。

 


 ↓隣接する事業所のガラス水槽です。(GWでよく見えませんが・・)
dc020502.jpg


こちらの施設では、去年室内で飼っていためだかを、全滅させたので、
今は玄関先の太陽の当たる場所にガラス水槽を移動させて、再度飼育を始めています。
寒さ対策で、発泡スチロールを巻いています。(めだかは元気で泳いでいました。)
春になったら、利用者さんから寄贈された "石臼" でも飼おう と計画しているとか・・・

どちらの施設とも、我が家で生れ育った 緋・シロ・黒・透明鱗などが、
里子として嫁ぎ、去年夏には沢山の子供も生れています。

毎日のお世話は、主にお年寄り達の仕事で、職員はサポート役にまわっています。
めだかの世話を日課 (交代で) で行い、皆さんで外に出て水槽を眺めることで、
「生活にリズムが生まれ、元気になっている」 
 施設の責任者さんも、めだか効果を話してくれます。(嬉しいですネ~)

こんな小さな生き物が、高齢者の方々の "癒し・楽しみ・元気の源" になるとは・・
 余り予想していませんでしたが・・・私まで楽しい気持ちになっています。


老若男女を問わず、できるだけ多くの方々に、めだかに関心をもって頂き、
楽しみ、可愛がり、癒され、元気になってくれる・・・そうなりたいと願っています。


ちっぽけな一人の人間が できることは たかが知れていますが、
少しづつ、この "めだかの輪(わ)" を広げていきたいナ~と本気で思っています。


そのためには、先ず我が家の飼育環境を充実させ、元気な稚魚を沢山育てること!
だと心に決めています。今年も楽しみながらガンバルぞ~!!



              では、又・・・




 
 
よろしかったら
↓ポチッとお願いします!
メダカブログランキング参加用リンク一覧

    こんにちわ!

今日は、久し振りに 日差しが 暖か~く感じられる一日 午前中 になりました

 ↓ こんな日は、日光浴・日光浴・・・フタ全開で、日差しを水面に届けました。
dc020616.jpg

めだか達も、気持ちよさそうに、泳いでいます。(何日ぶりだろう・・・)

水槽の水も 減っていたので 足し水 をしてやりました。
ジョロの水流に身をゆだねて、気持ちよさそうに集まってきました。
ヤッパリ、あったかい太陽の光は、メダカにとっては何よりのご馳走なんだろうナ~・・・

 ↓ ジョロの散水に 集まるめだか達
dc020609.jpg



水温も12℃まで上がってきたので、少しだけエサを撒いてやりました。
春のような食欲ではありませんが、栄養補給にはなったかナと思います。

 このチャンスに、水面に集まるめだかの写真に挑戦してみました。
  ↓ が・・・相変わらず、下手くそですネ~ (我ながら・・・)
dc020629.jpg



もっと練習しなければ、人様に見てもらえる写真にはなりません! (がんばろう・・・)

この時期の、暖かい日差しの時間は短いです。
いつものように・・・お昼過ぎには、雲も出て、冷たい風も吹き始めました。


・・・(ここまで書いて、急に寒くなったので・・・フタを閉めてまわりました。)pm3:00

ポカポカと一日中暖かさが続く "春" まで、あと少しの辛抱ですよネ~・・・

      でわ、又・・・・



  よろしかったら
↓ポチッとお願いします!

メダカブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

 

   こんにちわ!

 今日は『立春』ですネ!! →"春の始まりの日"だそうで、あと1カ月もすれば・・・
 待ちに待った"春本番"も近い、と思うと・・・今からワクワクしますネ~!

 でも・・・実は・・・チョツと心配な水槽 があるんです。
 それは、去年の10月に、現在の場所に設置した 越冬用プラ舟水槽2ツです。
 入居させたのは、楊貴妃 & 幹之 各40匹。(来春の親候補たちです。)

 「ここなら、冬でも、朝から太陽が当たるだろう・・(多分・・)」と
 「ここわ、門から玄関への通路で一番目立つし・・・」 と
 深く考えもせず、安易に決めた場所なのですが・・・
 実際に冬が来てみると、昼前まで太陽の光が当たらない場所でした。
 
 

 ↓10時すぎても日陰のまんまのプラ舟水槽(左)
dc020301.jpg
 ↑隣のプラ舟(右)も 9時半頃まで日陰でした

 夏場、太陽の位置が高い季節には、日当たり抜群の場所だったのですが、
 冬になり、太陽の位置が低くなってくると、
 建物(門)の陰になって 日の当たる時間が短かいことが分かったのですが・・・

 もう、あとの祭り・・です!! ・・重くてとても一人の力では、動かせません!

 結局、入居させためだか達には、今年の一冬は、そのまんまの場所の
 寒い日陰で耐えてもらうしか、方法がありませんでした。

 晩秋から初冬にかけて、日当たりのよい場所の水槽に比べて
 どんどん★になるものが増え、現在では、ほとんどその姿が確認できません。
 

   (全滅かも・・?)

  
 
  ↓水温6.5℃ (フタを外した状態・・・めだかの姿ナシ!)dc020408.jpg


 夜はフタを被せて寒気の直撃(=結氷)は防止していますが、 底が浅く、間口が広いため、
 他の水槽と比べても、水温が低く、高温低温の差も大きいです。(どちらも2~3℃低い)


 なんとか、この環境でも生き抜いてくれて、
 春に元気な姿を見せて欲しいのですが・・・とっても 心配です!!

 

 このプラ舟のめだか達 を過酷な条件下においてしまつたダメな飼い主ですが・・・
 「これも"勉強"」 ・・・ と気を取り直して、来る "春" に備えます。

 
  "立春"の今日・・・の反省です!!

        では、又・・・
 
 

   こんにちわ!

私のこだわりは・・・もちろん 「屋外ビオトープ」ですが・・・
冬場はほとんどやることが無くて、つまらないですよネ~。
去年の冬は、手持ち無沙汰で 困りましたので、この経験を踏まえて、
今冬は、少しだけ 室内にめだか水槽を持ち込みました。

↓これが室内水槽6コです。
dc020102.jpg


 上段→ガラス水槽×2コ+丸黒鉢(奥にあります)
 下段→発泡スチロール×3コ
 いずれも→底土(赤玉土+川砂)/川石・レンガ・水生植物でビオ風に・・・
        加温ナシ/エアレーションのみ

 入居している、めだかは・・・
 ↑上段には、黄金ヒカリ・琥珀透明鱗/幹之・楊貴妃・シロめだか/ダルマ (遅生まれ各種)
 ↑下段には、アルビノ/シロ幹之 (ニックネーム=雪乃ヒカリ)/10月生れの稚魚・・・で~ス。

 ↓上段右水槽の住人たち (ピンボケ・・・ゴメンなさい・・)
dc012713.jpg
 ↑ガラス水槽2ツには、それぞれ×40匹づつ入居中

 これらの水槽を載せている 水槽台は、私が手づくりしました。
 (設計ミス・・真ん中が少し下がってます(水槽の重みで)・・マ~、大丈夫でしよう・・?)

 ↓この材料で作りました <材料代: 約2.500円> (10月19日作成)dc101902.jpg


 ホームセンターで、材料を寸法通りに切ってもらい、私は組み立てるだけですが・・・

 ↓完成で~ス。
dc101903.jpg

 実は、私 DIYは大の苦手で、この年まで、全く "図工" はやったこと有りませんでした。
 釘一本が真っすぐに打てない、超~不器用者なんですが・・・やれば出来るんです!

 
 やる気にさせてくれたのは・・・"ブログ先生" の かくんさんの
 2013年4~5月に掲載された 「めだか小屋の立上げ」 のブログ記事です。
 その中で、水槽台作りが紹介されており・・・
 「これなら、俺でも作れるかも」と思わせてくれたからです。
 4月に最初の水槽台づくりに挑戦し、今までに 屋外用を5本作っています。 
  (内容はいずれ、ご紹介しますが・・)
 その経験=自信が出来たので、今回も 何とか作れた訳で・・・
 かくんさんの記事に、感謝です!


 めだか飼育にはまったお陰で、物づくり (水槽台だけですが・・) が
 出来るようになった自分が 嬉しいです!

 そんなことで、寒い冬も、暖かい室内で、めだかを鑑賞できる環境ができました。
 毎日、可愛いめだか達に ”エサくれダンス" でせっつかれながら、楽しく過ごしています。
 
・・・来冬は、加温孵化にも挑戦してみようかナ~・・・夢は膨らみます・・・?!
 
  
     


           では・・・又・・・