87(はな)ジ~ジのめだか日記

連日20℃越え~・・親候補のNVボックスでは、抱卵めだかを見かけ始めた今日この頃です!

「ボチボチ・・”採卵”体制に入ろうかナ~」と思っていますが‥まだ無精卵も混じりますし、

 産卵気配の全く無い品種も多く、何より朝晩と日中気温差大で孵化まで時間が掛かる~‥

 ・・そんなこんなで~・・”採卵”はもうチョツト先に延ばしますかネ~‥(迷うナ~‥)

第一、まだ最終の種親めだか選別が出来ていません!・・ペアリング急がねば~・・(冷汗~)


そんな焦り?気味なのに・・今日は終日めだかには触れず、”泥んこ遊び”をしていました‼


と言うのも、先週末 次女の旦那(雪乃パパ)が、実家からお土産を持参してくれました。

↓日曜夕方、一家で「めだか屋敷?」にご来訪。

dc041624(修整1)


↓チョツト田舎の実家からオミヤに持ち帰ってくれたのは・・原木から採った”特大椎茸”・・

dc041635.jpg


↓と、今シーズン初物の”掘りたてタケノコ”(生の写真忘れたので お刺身筍写真で~ス)(笑)

dc041636.jpg


↓そして‥私の大好きな裏山の”野生種シノブゴッソリ~‥(←オイオイ、こんなにドースルの)

dc041629.jpg

↑取りあえず、タップリ水遣りして日陰に保管しましたが、早目に植え付ける必要あり~・・



◆そこで、本日作業のスタートは このシノブや苔を使った"盆栽(もどき?)造り"からです。


↓先日の熊本旅行の際ゲットした、"ミヤマキリシマ"1鉢と溶岩石を使って‥あれこれ~‥

dc041210_20170420234102c49.jpg


1491898637079(修整1)

↑偶然出会った生産者草野さんから教わった、植込み方法を 早速実践してみました。


↓植込み用土は、手元にあった 赤玉土(小粒)+川砂+バーミキュライトを混ぜ合わせました。

dc041909.jpg


↓溶岩石(チッチャな石3コ)を鉢に配置し、石の間に用土を入れ、苗木を植え込みます。

dc041910_201704202344511c4.jpg


↓溶岩石には、ケト土を練ったものを塗り付け、その上に苔(ハイゴケ)をシッカリ押しつけます。

dc041919.jpg

↑・・完成で~ス!(笑顔) 霧吹きでタップリ水をやり、しばらく日陰で養生。(うまく着くかナ~)



↓次に、古木←シノブの着生に挑戦してみました。(ビオの流木を組合わせて土台にします)

dc041928.jpg


↓練ったケト土を流木に塗り、その上にシノブを乗せて、木綿糸で縛りつけ固定させます。

dc041931.jpg

↓ポイントになる場所には苔も貼り付けてみました。(←先輩ブログのやり方を真似ましたヨ~)


↓勢いに乗って、見栄え良さそうな鉢数個にもシノブを植付け、活着まで日陰に保管。

dc041932.jpg

↑超不器用者の作成です。(九州の〇oboru師匠に笑われますが‥本人は一所懸命ですヨ~!)

 残りのシノブもしばらく保存して、次のシノブ玉作りなどに使おうと考えています。


果たして 上手く活着してくれるでしょうか?? (自我流なんで~‥全く自信ナシ!~‥(汗~))

マ~、1カ月もすれば結果は見えるでしょう!(うまくいけば‥ビオ水槽が賑やかになるナ~‥)



◆折角"泥んこ"になったんだから‥ついでに"温帯睡蓮"残り半分も植替え済ませましょう!

↓3月に半分は植替えズミ。中々時間なくて 放置し、新芽が伸びてきた半分を植替えます。

dc042001.jpg


↓1ツの根茎から数個の新芽が出ています。1根1芽の原則を守って株分けしました。

dc042006_20170420235631257.jpg


↓赤玉+腐葉土を練って用土を作り、マグアンプkをパラパラ‥更に用土を重ね、根茎を植込む。

dc042009_20170420234500d17.jpg

↑新芽の伸びる方向を空けて植え付けるのがポイント! 新芽の中心を用土で塞がぬよう注意!


↓水面から10cmの深さで、専用容器に沈めて~‥植替え完了です!

dc042101.jpg


↓◆最後に 植替え後1カ月経過した睡蓮に"追い肥"の油カス(固形)を埋め込んでやりました。

dc042013_201704202345029cc.jpg

↑夏には、20コの鉢にキレイな睡蓮の花が咲いてくれることを祈って~・・(←タノムぞ~‥!)


と言う事で~‥"めだか遊び(種親選別)"を後回しにして、終日"泥んこ遊び"‥でした!(苦笑)

イャ~・・本音"選別"が苦手で~・・中々着手出来ないんです!(汗~‥)

特に、ヒカリ系の♂♀が見分けにくく、いつも判断に迷うんですよネ~‥(マダマダ初心者!)


でも、"もう待ったナシ~!"・・次の作業は"親選別"をやりま~ス‼(宣言!‥後に引けない)


   では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht

スポンサーサイト

予報は・・”曇り&気温低め”でしたが・・屋外作業は何とかやれる!と見切って~・・

朝から、あれこれ大車輪?で、”春準備のラストスパ~ト!”・・

 今日も ・・頑張りましたヨ~・・‼(w(゚o゚)w)


↓薄日も射して、気温も13℃まで上がりました!(am10時撮影)

dc032601_20170326180338158.jpg


↓◆先ずは、先日撤去した越冬発泡12コを ゴシゴシ水洗い→天日干し作業から~・・

dc032250_20170326180554ec0.jpg


↓藻のこびり付いた物や 汚れがひどい物も有りましたが‥ひたすらゴシゴシ~・・

dc032503.jpg

↑数日天日干しして保管します。 又冬シーズンに活躍してもらいましょう!


↓◆次に、屋外プラ舟ビオ水槽で 手付かずのまま分(3コ)のリセットに取り掛かります。

dc032504.jpg


↓水もキレイ&めだかも元気ですが、藻が酷くこのままで夏を越すのはムリと判断。~・・

dc032506.jpg


↓いつもの手順・・めだか掬い出し→水洗い→再立上げ‥をやりました!

dc032508.jpg

↑途中の様子(めだかの品種分け)(ベットリ貼り付いた藻の洗浄等)は、撮影省略~・・


↓再度、同じ場所に設置して、新レイアウトに取り掛かりました。

dc032602.jpg


↓1/3コ目は・・タコ壺と石材を使い、水槽を3分割してみました。

dc032607_20170326181035958.jpg


dc032617.jpg


↓真ん中分は、少し遊び加減に ・・! ((*´v`))

dc032608.jpg


dc032618.jpg

↑通販で入手していた"松のレプリカ?""龍の髭盆栽?"を トンネルブロックの上に置いて~・・


↓3/3コ目は・・トンネルブロックを立て使いして、シラサギガヤツリ鉢を中に入れました。

dc032609.jpg


dc032619.jpg

↑調子の良い種水1/3+汲置き水2/3+オミタン注入で、一応リセット完了です!!


↓計10コのプラ舟40がL字型に並びました! (\(^o^)/)

dc032603_20170326181034542.jpg



◆↓冬場分散していた苔盆栽も、プラ舟の奥側に並べて・・いよいよ"春"の風景で~ス‼

dc032628.jpg


dc032629.jpg


dc032631.jpg

↑まだ春の芽吹きが遅れている物もありますが~・・(汗~‥)‥新芽を出してくれるかナ~‥

 (枯れたまま芽吹かない分もあると思いますが、後日 再度 やり直そうと考えています。)


◆時々、妻が様子見に 庭に出て来て‥「ヨ~やるネ~‥」とあきれ顔でした。((#^.^#))

 例年に比べて 気温も2~3℃低く、まだ"春本番"とは言い切れない陽気ですが~・・

 作業をするには、"暑からず・寒からず~‥"で、私的には快調のペースで作業できました!


櫻の開花も遅れているようですが、春準備の計画が2/3程 進捗した感が有ります!

あと少し‥やり残した作業を進めて‥いよいよ"産卵準備"(=種親選別)に着手したいナ~‼


めだか達も、逃げ隠れ→エサ頂戴~!に 徐々に変化が見られるようになってきました!

3月も残り5日~・・あとヒト作業~!・・早く目鼻をつけたいものですネ~・・


  では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht

◆我が家では、100年以上前の ”石臼” をレトロ水槽として使っています。

 長年庭の片隅に放置されていたものですが、めだか飼育を始める時に水槽にしました。

(子供の頃、近所の人が集まり この”石臼”で”お餅つき”をしていた記憶が有りますネ~!)


↓これが、歴史ある??”石臼”で~ス!(笑~‥)

dc031902.jpg

↑背丈も高く、めだか観察には丁度良い高さ&大きさで~・・結構気に入っています!


↓ところが この石臼、最近飼育水がトンドン減るので ヨ~ク見ると~・・ひび割れてる~‼

dc031903_201703201753525e0.jpg


dc031802.jpg

↑そこからジワ~ッと水漏れ~‼・・何とか処置しないとイケません!


↓ご近所のSさん(元腕利きの大工さん)に相談。早速状態を見に来て下さいました。

dc031801_20170320175740585.jpg


↓「コーキングで水漏れ箇所を補修してみよう!」と そのままで塗り込んでくれましたが・・

dc031804.jpg

↑水が張ってあるので、水が滲み出て‥うまく接着しませんネ~‼‥

 多分、冬場の凍結で石が収縮して、弱い箇所にひびが入ったのだろうと推測されます。

 水抜きし、完全に乾いた状態で 再度コーキングする必要があるとのことです。(涙~‥)

来られたついでに、めだか水槽群もご覧になり「ホンマ‥めだか屋敷ヤ~」と・・((*´v`))



◆と、言う事で・・(3/19)石臼水槽の水を全部抜き、天日干しすることにしました。


↓めだかを掬い出し、石・水草・底土を取り出して、ゴシゴシ水洗しました。

dc031905.jpg

↑前回リセットから1年経過‥藻がビッシリ張付いていて中々綺麗になりませんネ~‥(汗ビッショリ)

 重くて‥とても動かせません!この場所で数日乾くのを待ち 再度コーキングする予定です。


↓ホムセンで、石でも接着可能な コーキング剤を買って来ました。

dc032030.jpg

↑完全に乾いてから、今度は自分で補修してみようと思います。(DIY苦手デスガ~‥)

 何とか元通り、水槽として使えるようになると良いんですが~・・・



◆ついでに、"火鉢"水槽2ツも、リセットすることにしました。


↓同じ手順で~・・ひたすら ゴシゴシ~・・何とか汚れを落とせたかナ~・・??

dc031910.jpg

↑こちらも天日干しして、乾いたのち 再度レイアウトする計画です。


↓レトロ水槽には それぞれめだかの他にヌマエビがイッパイ(100匹以上)繁殖していました!

dc031906_201703201753556a6.jpg

↑(左の容器)立ち上げズミの 新・プラ舟水槽に分散して入居してもらいました。


↓めだか達は、品種ごとに分けて、当面NVbox&プラ舟に仮住まいさせましょう。

dc031909.jpg

↑後日、ジックリ~と種親選別をして、累代親とその他に分ける予定です。



◆(3/20) 3ツのレトロ水槽から取り出した、オモダカを植替えします。<第2弾>


↓新芽を10コ程の束にして、根から土を洗い、別に準備しておきます。

dc031911_20170320175358927.jpg


↓植付けの手順は<第1弾>と同じ。赤玉土中心の練った土に植えていきました。

dc031912.jpg


↓合計7コの新たなオモダカ鉢が出来上がりました‼

dc031914_20170320175401928.jpg


↓別の水草専用容器に沈めて、根付くのを待ちます。

dc031915_20170320175402030.jpg

↑1月後には根を張るので、採卵用の容器に入れようと考えています。


今日は"春分の日"・・

‥太陽が真東から昇り、真西に沈む。‥昼夜がほぼ同じ時間の日ですネ~‥

これからは 日増しに日照時間が長くなり、待ちに待った"春本番"になります‼(笑顔)


まだまだ "めだかシーズン・イン" を迎えるには やることが沢山残っています!(ヤヤ焦る~‥)

あれやって~・・これやって~・・効率良い手順で、準備作業を続けたいものです‼


  では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht

チョツト早目ですが~・・「温帯睡蓮」の植替え に着手しました‼


『暑さ、寒さも彼岸まで‥』の諺通り、日中は暖かさを感じるようになりましたネ~!

今日(3/18)から、世間は3連休~・・(‥私は、年中連休なんですが~‥←ゴメンナサ~イ!)

気温も上がり、睡蓮の植替えを計画されている方々も多いのではないかナ~??


ブログでは、まだ余り”睡蓮植替え”の記事を目にしませんが~・・ボチボチ始めま~ス


↓去年の、我が家睡蓮の初開花写真で~ス!(2016/6/22撮影分)

dc062212(修整1)


dc062221.jpg

↑この可憐な花姿が見たくて、毎年ガンバッて ハードな植替え作業をやっています!


◆私の例年の”睡蓮植替え時期”とその年の”睡蓮初開花”を 過去のブログで確認すると~~‥

  ・2016年→→植替えスタート3/13 →→初開花6/22

  ・2015年→→ ”  ” 3/18 →→ ”  6/18

  ・2014年→→ ”  ”  3/26 →→ ”  6/23 

       ・・となっておりました。


「早く植替えれば 早く咲く~!」‥とは言えませんが、早目にやることにします!(笑)


理由??‥実は、孫娘の雪乃ちゃんが、一日我が家に居るので、手伝ってもらおうと~‥

     ジージの悪だくみ~!(大笑) (←2人でやると 楽しさ3倍ですから~‥)

    

    ‥もう1ツは、初心者の方のこれからの植替えの参考になれば~‥とも思って~‥

   (但し、私流のやり方ですので、マネされる場合は自己責任でお願いしますネッ!)


↓先ず今日は 睡蓮専用水槽の右側10コ(姫睡蓮&温帯睡蓮) の植替えをやります!

dc031820.jpg


手順①、水槽から鉢を取り出します。(冬中放置なので藻が着いて汚いですネ~‥汗~‥)

dc031821.jpg


手順②、鉢から球根をゴッソリ引っぱり出し・・水洗いして土を取り除きます。

dc031822.jpg


手順③、鉢イッパイに伸びた根っこを、全てハサミでジョキジョキ切り落とします。

dc031824.jpg

↑古い根を除くと新しい根が生えてきます。そのままだとこの根は腐って水を汚します。


↓根っこを取り除くと、こんな球根になります。(緑の新芽がわかるかナ~?)

dc031825.jpg

↑これは、ミニ睡蓮の根っこ写真です。(普通の睡蓮の根は もう少し大きいです)

ポイント (1ツの球根の新芽は1ツだけにする。2ツ以上残すと栄養が分散し、花が咲き難い)

   <↑一昨年欲張って新芽2ツ以上残して大失敗!‥OTTOさんにご教授頂きました!>


手順④、用土は、赤玉土6⇔水生植物土2⇔腐葉土2の比率で水で練り、準備します。

dc031815.jpg

↑赤玉土だけでも大丈夫です。(私も、練り合わせる用土はまだ色々実験中なんです)

 水で練らなくても良いですが‥シッカリ植込むには練り用土の方が作業し易いですヨ~!

 (なお、今回は先日のプラ舟等リセットで出た 底土の赤玉土を潰して 再利用しました)


手順⑤、鉢底に練った用土を薄く敷き、"マグァンプK(緩効性肥料)"をパラパラと撒きます。

dc031817.jpg

↑肥料が底から溶け出すのを防止する方法です。量は少量で構いません。


↓ここで、雪乃ちゃん登場!・・泥んこになりながら~・・用土の上に肥料を撒いてます。

dc031830.jpg


↓手順⑥、更にその上に用土を被せます。(下から、用土↠肥料↠用土でサンドイツチ状態です)

dc031829_20170318204240c95.jpg

↑球根に肥料が直接当たると焼けます。サンドイッチ状態だと根に直接当たりません。


手順⑦、根を切った球根を植え込みます。(新芽は必ず土の上に出す/根はシッカリ押さえ込む)

dc031832.jpg

ポイント (植込む時、新芽が伸びやすいように、芽の前方を広く開けて植え付ける)

<*お断り~‥両手泥んこ~‥植込んだ状態のアップ写真撮れてません!‥ゴメンナサイ!>


手順⑧、乾いた赤玉土(中粒)を表土として上に撒いて、出来上がりで~ス!(笑顔~‥)

dc031827(修整1)

ポイント (ここでも、新芽の上に土が被らない様に注意してください)


手順⑨、鉢の汚れを洗い、別な容器に入れ、水を張って沈めて、1月程様子を見ましょう!

dc031835.jpg


dc031831.jpg

↑水を張った時、根が浮き上がったら×・・もう一度シッカリ用土に植込み直して下さいネ。


手順⑩、1月後に忘れず 追い肥料(固形)を根から一番遠い場所に埋め込む。

dc061221.jpg

↑以後3カ月/月1回追い肥を与える。(7・8月はストップ。花が終わって又1~2回追肥をする)

 (これを忘れると、花の咲くのが遅れ、数も咲きません)


 

  以上、"温帯睡蓮"の株分け(植替え)の 手順のお話でした!

ベテランの方にはナ~ンダのお話でしたが~‥初挑戦の方の参考になれば‥嬉しい限りです!


◆お彼岸の一日、雪乃ちゃんと2人で 楽しく植え替え作業ができました! ((⊂(^ω^)⊃))

 2人の共同作業‥今シーズンは キット綺麗な花を沢山咲かせてくれるでしょう!(祈る~‥)

 

 孫娘と一緒に"泥んこ遊び~"・・"至福の一時"になりましたヨ~‼(満足~‥)


   では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht

やっと~・・天気回復~‼・・気温も13℃。・・屋外作業には丁度良い一日でした。


◆先月/ホムセンの”ポイント5倍デー”で購入し、寒さの緩むのを待ち構えていた作業~・・・

 門から玄関の通路に設置予定だった、プラ舟60をヤット立ち上げましたヨ~!(笑顔)


↓棚を移築の後、1カ月近く何もやれず放置のプラ舟2コ・・本日立ち上げに着手しました!

dc022016_20170310205009526.jpg

↑めだか飼育には、余り口出ししない妻が「いつ水槽作るの~??」とせっつくし~・・


◆でも、その前に‥メインに据える予定の"流木"の仕上げ が必要ですよネ~‥

 実は、これは数日前にゴソゴソと 作業を済ませておきました!。(エッヘン~!‥)


↓苔を貼り付け、黒松はチツチャナ鉢に植えた物を くり抜いた幹に置くことにしました。

dc030202.jpg


は、我が家の庭に自生しているものを使ってみることにします。

dc031005.jpg

↑この方が、我が家の環境に適応して、うまく活着してくれるかも??・・


↓表土と共に慎重に剥がし、水に浸して、流木にケト土を塗りました。

dc031004.jpg


↓苔を貼ってギュ~ツと押しつけ、木綿糸&楊枝で剥がれない様シッカリ固定します。

dc030718_201703102057136b0.jpg


dc030719.jpg


↓数日間、水槽に沈めて、根っこにタップリ水分を吸収させておきました。

dc030722.jpg



サ~・・イヨイヨ水槽の立上げ作業に取り掛かりま~ス!

↓メインの流木を中心に、あれこれレイアウトに頭をひねりました‼

dc031007.jpg


dc030206_20170310210352e4b.jpg


dc030208.jpg

↑プラ舟を2ツ並べるので、関連独自の特徴を考えると、大いに迷いましたネ~(汗~‥)


手持ちの岩や石材を組み合わせてあれこれ‥結局2ツの水槽をこんな風↓にマトメました。

<*あ~ダ!こ~ダ!‥と考え 悩む‥この時間が立上げ作業で一番楽しい時間なんですよネ~!>


↓手前のプラ舟は、溶岩石メインに 高さ調整用に赤玉土の入ったオモダカ鉢を沈めます。

dc031012.jpg


dc031019.jpg

↑流木を配し、左右奥に陸地を作り、川砂を敷いて~‥海岸風景が連想できたら~??


↓奥のプラ舟は、流木(古木の根っこ)と吊り橋を置き、深い渓谷をイメージしてみました。

dc031011.jpg


dc031018_20170310210845de2.jpg

↑流木の苔が水没しない様 微妙な高さ調整をし、底は那智黒石と庭5色石を半分づつ敷く。


他の水槽の種水をバケツ1杯づつ拝借して入れ、あとは水道水を予測の高さまで足しました。

流石に60Lプラ舟はタッブリ水が入りますネ~!‥悠々と群泳するめだかを眺めたいです‼


↓一応~・・立上げ完了で~ス‼

dc031023.jpg  


dc031020_20170310212150e0a.jpg

↑玄関への通路の両側に プラ舟水槽がズラッ~と並んだゾ~‼(\(^o^)/)


 まだ、水草/睡蓮鉢の株分けが出来ていないので、暫定完成?ですが~・・

 どんな種類のめだかを泳がせようか??・・早くも次の妄想がはじまりますネ~・・


多少、懸念も残っています。このまま水が出来てくれたらイイのですが~・・

、水位の関係もあり、流木&溶岩石の苔がうまく活着してくれるか??

、底石はシッカリ水洗いしたものの 初めて使うものが多く、水質&濁りは大丈夫か??

、朝からズ~ッと日当り抜群の場所なので、水ゴケ等の繁殖がひどくならないか??etc


マ~・・やっちゃったものは後に引けません! 実験のつもりで様子を見ましょう!

万一×になつたら・・正直に状況を報告して~・・次の手を考えましょう!


↓ポカポカのお日様の下で、一日で念願のプラ舟2ツが立ち上げられて~・・嬉しいデス

dc031026.jpg


   では、又・・・

 

よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking.ht