87(はな)ジ~ジのめだか日記
FC2ブログ

門から玄関通路左側の100㍑2連プラ舟で‥又又又黄濁り発生~‼(汗&涙)

↓④水槽は5/19に再々リセットしてから‥僅か2週間で早くも大濁り~!

dc060501_20190606230610a8e.jpg


↓3月立上げの③水槽も連鎖して?‥濁ってきましたネ~!

dc060502_20190606230611c76.jpg

↑両水槽へのスダレ掛けは,前回リセットの後にやりましたので しばらく直射日光浴びてました。


ビオトープ=透明水飼育にこだわる私としては、このまま放置は我慢できません‼

先日ブログで「濁りの原因特定の実験ダ~!」の目論見は・・早くも失敗~!(ボロホロ涙~)


1)レイアウト用の石(ごロタ石)を止め→黒系渓流石に変え,底砂利も箱に入れました。

2)赤玉土も新たに取り換え→増量して箱に入れ直して沈めました。

3)水草類も今迄の鉢から→新たに別の水草鉢に一新して,レイアウトも変更。


今度こそ~!‥と内心自信満々で再立上げしたのに~‥(何という事でしょう‥アッと言う間に~‥)

失敗を恥ずかしがるより,見た目の汚さに負けて~‥再再再度リセットで~ス!

30℃越えの”真夏日”もなんのその~‥”一気呵成”に 2コのプラ舟をやり直しま~ス!


↓いつもの手順で~‥濁った飼育水を汲み出し‥

dc060503_201906062306129d8.jpg


dc060505_2019060623061488a.jpg

↑汚水は,妻の野菜畑の水遣りに 喜んで再利用してもらえるんですがネ~‥


↓底砂利や石材を取り出し→めだか+ヌマエビを掬い出して→ゴシゴシ水洗‥

dc060506_201906062306167ed.jpg


dc060508.jpg

↑何分デカイので,洗い場に運んでの水洗いは重労働~‥イイ運動にはなりますがネ~‥


↓短時間でも天日干し(日光消毒)‥その間に新規立上げの準備をしま~ス。

dc060513.jpg

↑太陽ギラギラなんで,アッと言う間に乾きま~ス!‥この太陽‥ある意味憎いよネ~‥


↓新しい赤玉土を流水で洗い,大き目容器に入れます。

dc060515_20190606230621f4b.jpg

↑水草類も予備水槽から選んで‥それぞれ3~4種類の水草鉢を沈めま~ス!


↓ストックしている砂利や石類も 念のため再度水洗いして準備。

dc060516_20190606230623f4c.jpg


dc060514_20190606230620fd6.jpg

↑この石類が濁りの元かナ~?‥と考え,ストック時+投入前にも 再度ゴシゴシ洗ってみました。



めだか達や水草を 元気なまま移したいので,モタモタ作業しておれません!(急げ!急げ~!

強烈な太陽の下で‥サクサク~とレイアウトを決めていきました!(いつもの‥「エイャ~」デスネ!)


↓③水槽は,2コの睡蓮鉢を白石で石組みして‥中央・メインに据えてみました。

dc060519.jpg


dc060518.jpg


↓④水槽は,トンネルとブリッジを二重に架けて‥奥に盆栽鉢を置くことにしました。

dc060520.jpg


dc060521.jpg


↓水道水をシャワー状にして直接注水~! (この際 時間優先!‥汲置き水はやめ~‥汗~‥)

dc060522.jpg


↓めだか達は2年生の強い子ばかり‥そのまま水合わせ(水温)して放流~‼(タブン‥大丈夫~!)

dc060528.jpg


↓炎天下‥以上の2コの100リットル水槽のやり直し完了~! (所要時間4時間ナリ~‥大汗~!)

dc060537.jpg


dc060525.jpg


↓前回との違いは,スダレを掛けています。直射日光は大分セイブできると思います。

dc060536.jpg


↓これで~‥庭の全水槽が”透明水”になりましたヨ~‼

dc060531.jpg

↑一時でもイイヤ~‥半分又濁るかも~‥と不安あり!(立て続けの黄濁りに自信喪失気味‥涙!)



何だか 今年は異常に黄濁り水槽が多発しますネ~??‥

高気温&晴れ続き&大量匹数の混泳&エサ多すぎ?等‥どれが濁りの元凶か⁇‥

 まだ全く特定できませんが‥こうなったら”濁り発生”と”透明水維持”の根競べですネ~‼

ビオ飼育にこだわる高齢者が,意地と体力を振り絞って~‥(30℃越えの”真夏日”なのに‥)

 今夏は何度黄濁りしても,即リセットを繰り返し~‥徹底抵抗してみま~ス!(決意‥!


例年通りなら~‥6月の”梅雨入り”と共に 多分 水質は安定し透明水は維持できるハズ‥???

この”イタチごっこ”も笑って話せるようになりたいものですネ~‥(不安&自信←苦笑~!)



    では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking 


スポンサーサイト

何と~‥3日連続の30℃超え~!‥しかも今日は35℃の"猛暑日"まだ5月なのに~‥(怒!)

めだか水槽が煮えたら大変ダ~‼・・”春ウララ~!‥”を の~んびり楽しんでいられませんよネ~‥

週末は,慌てて~「猛暑対策~‼」‥3日間の作業で~ス!(汗ダクになりながら~‥涙!)


①、スダレ掛け~!=水槽の日陰づくり~!‥まだ5月なのに~‥早々と!~‥

②、産卵&孵化の爆殖~=針子ウジャウジャの孵化容器 +トリーナの追加が忙しイ~!

③、睡蓮・蓮への追肥→肥料喰い対策&開花の促進~!1

④、一気にグリーン化=ビオ水槽次々にリセット~!(流石に 日中はムリですが‥)

⑤、ロートルの"熱中症"対策=水分補給&お昼寝タイム~!(笑)



①、気温35℃の予報‥飼育水が熱湯になるゾ~‼‥慌ててスダレを物置から取り出し‥

↓園芸用支柱(冬場も立てたまま放置)に,スダレを掛けました!

dc052421.jpg


dc052418.jpg

↑早くも”スダレ屋敷~?‥”‥去年より20日も早い“夏仕様”になりましたネ~‥((//>ω<))


↓支柱の補強もしながらの作業で,結構時間がかかりましたが~‥何とか完成~‼

dc052422.jpg

↑庭一周水槽の直射日光は、少しは和らぐでしょう!(これでギラギラ太陽も心配無用ダ~!)



②、産卵容器の種親達は元気イッパイ~‼‥産むわ~! 産むわ~!‥

↓3日おきのトリーナ回収~‥爆産ですネ~‼‥(驚!)‥孵化も順調~‼

dc052603.jpg


dc052513.jpg


dc052601_20190526124006f59.jpg

↑大半の品種はもう予定卵数に到達~‼‥6月からド~する??‥(思案中で~ス!)


↓オット~!‥卵トリーナ も足りないヨ~!(もう100コ以上作ったんですがネ~‥汗~)

dc051946.jpg


dc052111_201905251506123fe.jpg

↑夜なべ仕事で~‥60コほど追加で作成しました。(まだ足りんかナ~??‥)



③、睡蓮はあちこちのビオ水槽で開花~‼

↓可憐な花が ビオトープで咲いてる~!‥この風情がたまらなく好きで~ス!(o(^▽^)o)

dc052525_201905251459483e7.jpg


dc052405.jpg


dc052510.jpg

↑今朝は2コの水槽で咲いてくれましたヨ~‥暑くて~‥ユックリ鑑賞できませんが~‥


↓初挑戦中のハスも水面イッパイに葉を茂らせてきました! 

dc052511.jpg


dc052504.jpg

↑カガブトの初開花も~‥(この黄色い花も可愛イ~!‥)


↓夏場にシッカリ成長してもらう為の必須~!‥”追肥”をシッカリやりましょう!

dc052604_201905261240082e8.jpg


dc052608_20190526124010216.jpg


dc052611_2019052612401166c.jpg

↑超発酵油カスを 根から離して数粒づつ,溶け出さないように深~く 押し込みま~ス!



④、連日の晴天=直射日光ギラギラで一気にGW(グリーンウォーター)化が進んだ水槽あり~!(涙~)

↓この際,リセットしま~ス!(今後の稚魚用水槽立上げも睨んで‥若魚統合もやりま~ス)

dc052520_2019052515022255d.jpg


dc052521_201905251502248da.jpg


↓手順はいつもと同じ。予備の石類を組合わせて‥サクサク~とレイアウト

dc052530.jpg


dc052533_201905251502272da.jpg

↑水張り完了~!→統合した背ヒカリ系を一緒にして放流~!


↓あちこちの水草専用容器で産まれた”親知らず稚魚”用にビッグタライも立ち上げました。

dc052410_20190525145935008.jpg


dc052411.jpg

↑木陰になる場所。庭一周棚から外れた一角にセッティング。今後のモレ子もこれに入れま~ス!



⑤、作業は午前中で終了~‼‥ この暑さでは,ユックリお庭で”めだか遊び”は危険ですネ~‥

↓”高齢者は熱中症に要注意~‼”‥早目の水分補給は 必須で~ス!

dc052501_201905251502168f7.jpg

↑30℃を越える日中は,室内でノ~ンビリ”お昼寝タイム”と行きましょうかネ~‥(ロートルの特権?)


↓早くもシオカラトンボのカップルが 水槽周りに出没~!‥“ヤゴに注意” の季節になりましたヨ~‼

dc052516.jpg

↑特に,稚魚用水槽への産み付けに注意しましょう!‥小ッチャイ子は 絶好の餌食ですからネ~‥


以上‥異常な高温続きの日々ですが‥「暑さのせいで~‥」の 言い訳はイヤですから~‥

 あれこれ”猛暑対策”をやった,5月後半の週末作業のお話でした‼



      では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking   

『令和』になってから‥ホボ連日の晴れ~!‥雨はほとんど降っていない当地方です。

日差しも厳しく,夏日(25℃超え)が続き~‥”暑い春?”になってますネ~‥!((*゚Q゚*))


そんな好天のセイか~?‥又々100㍑ビオ水槽で”黄濁り”が発生~‼ (・゚・(つД`)・゚・)

↓しかも『平成最後の日』にリセットしたばかりの~‥あの2コのプラ舟両方で~ス!((;д;))

dc042729.jpg


dc042737_201905171324024d1.jpg

↑前回リセットからわずか3週間~‥こんなに早く再び濁るのは‥初の経験ですネ~‥(滝汗~‥!)


↓夫々の隣の②③水槽は 3月14日,同時に立上げ⇒まだキラッキラの透明水を維持しています。

dc051606_20190517132634e20.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051607.jpg

↑門に一番近い①水槽なんで~‥黄濁りのままでは私の自尊心が~‥モ~堪りません!(涙~‥)


↓左④水槽‥沈めた水草鉢もめだか達も 濁りでよく見えませんネ~‥

dc051608.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051609.jpg

↑同じ容量/日差し/めだか匹数/赤玉や底砂利も同量‥ホボ同条件なのに‥何故??‥??

前回リセット時には「微妙なバランス差が原因かナ?」と軽く考え, 深く原因を追求する気もなく,

鉢類・石/底砂利等は前の物を軽洗いし そのまま再セットしましたが~‥(バクテリアを活かそうと‥)


モ~辛抱たまりませ~ん‼‥何が原因か??‥再々リセットしながら 濁り発生の要因を調べま~ス!

透明水維持の②③と黄濁り発生の①④水槽で何が違うか?‥レテアウト用の石・底土が違いますネ~。

 ②③水槽→黒系の渓流石↔↔①④水槽→白い五郎汰石を 石組のメインに使っていました。

 ②③水槽→石材or溶岩石↔↔①④水槽→トンネルブロックor瓦+流木(過去にも濁り発生したケースあり)

 ②③水槽→赤玉土多量容器↔①④水槽→比較するとヤヤ少量(どちらもザルに入れ沈めてます)

その他は ホボ同質or同量の砂利/水草を使っており,こんな極端な水質差の原因とは思えません!


そこで‥新レイアウトでの再々立上げに当たって‥原因特定の実験をやってみる事にしま~ス!

 1)レイアウト石も種類を変え,底砂利も容器入りを止めて 底に直敷きに変えてみます。

 2)ビオ水槽必須の赤玉土も,②③と同量で新しい赤玉に入れ替え 別容器で沈めましょう。

 3)水草類も全て新規に取り換え,レイアウトも一新することにしました!


↓手順は今迄と同じ。底石等除去→めだかを掬い一時避難→汚水汲み出し水洗い→天日干し。

dc051612.jpg

   ↓   ↓   ↓

dc051621.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051620.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051623.jpg

 

↓新たな底土/石・砂利/水草/小物で‥レイアウトも新バージョン?に変更しま~ス!

dc051701_20190517132645fb7.jpg


↓100リットル①号水槽は・・2重トンネルと溶岩石+苔盆栽をメインに 海岸風景にしてみました。

dc051704_20190517132646739.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051710.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051715_201905171326513d4.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051719.jpg

↑五色砂利はboxに入れず,海岸表現?のつもりで‥直接敷いてみました。


↓100リットル④号水槽は・・”竜宮城”の入り口をイメージ?(笑)して遊んだのですが~‥。

dc051712.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051717_201905171326525a1.jpg

    ↓   ↓   ↓

dc051720.jpg

↑中央部分はあえて広~く空けて‥大海原のつもりで~ス! (笑~‥)



これでもし透明水が夏場迄維持できれば‥上記"1)~3)黄濁りの原因ダ!" と特定できるハズ!

 もちろん,目に見えないバクテリアの働きなどは この実験では判断できませんけど~‥

永遠のテーマ「半年/透明水が維持可能なビオ水槽の立ち上げ!」の正解に一歩近づけるかも~‥


ヤッパリ”私流ビオトープ”は~‥キラキラの透明水群泳するめだかにこだわりたいヨ~‼ (ヒトリ笑~‥)

dc051725_20190517132655eaa.jpg



と言うことで~‥わずか3週間で‥再々度"黄濁りリセット~!" 失敗談でした~! (苦笑)

 大汗を掻きながら~‥大容量プラ舟ビオ水槽の再々リセット終了で~ス‼(疲れタ~‥)

この結末は,数カ月経って 又報告できればナ~‥と考えています! (先ずは‥自分にご苦労さん!)


   

             では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking   

平成もあと2日‥新たな元号切替わり‥10連休のGW(ゴールデン・ウィーク)が始まりましたネ~!

多くの方が 外国or国内の旅行等に出掛けられ,空港も駅も高速道も大混雑のようですが~‥

シルバー世代の私は‥静かに自宅の庭で"めだか遊び"満喫中~‼‥これも楽しいヨ~! (笑~)


↓◆平成の見納め‥ 我が"めだか屋敷(?)"の「庭一周ビオ水槽」風景で~ス‼。

dc042703.jpg


dc042710_20190428231905c55.jpg


dc042711_20190428231906c89.jpg


dc042714.jpg

↑『春の準備』作業で‥何とか?‥グルリ~ッと 庭を水槽で取り囲めました!


↓軒下の採卵用NVboxと孵化容器。今シーズンも無事産卵が始まりましたネ~‥

dc042502_20190428231901b4c.jpg


dc042713_201904282319084d6.jpg

↑現時点では4日/1回ペースでトリーナを回収‥孵化容器に移し,孵化するのを待っています。

 5月になり 水温上昇に連れて~‥タマゴの回収頻度は上げようと考えていますが~‥

 (1年で最も忙しくなる ハイ・シーズンも間近~‥慌ただしいけど楽しい季節‥ワクワクしてま~ス!)



↓◆孵化容器とNコロの水替えを実施~!‥キレイな水になり種親めだかも元気になったような~‥

dc042822_20190428231911ca3.jpg


dc042512.jpg

↑Nコロに投入のオモダカ鉢‥あちこちで開花~!。"春が来た!" を実感できま~ス!‥((^∇^))



◆そんな4月末なんですが~‥この2コの100㍑ビオの"黄濁り"がド~も気に掛かりますネ~‥

↓門から入ってすぐの水槽なんで‥ヤッパリ透明水でないと~‥気が晴れません。

dc042722_20190428232122d76.jpg

平成の内に‥思い切ってリセットすることにしました!


↓めだかは元気一杯ですが‥黄緑化が止まりません!‥数回2/3水替えもやりましたが~‥

dc042723.jpg

↑黄緑化をくい止める事ができません!‥リセット以外にクリーン水に戻せないナ~と 諦めました。


↓レイアウト用の石類・水草・底砂利等を取り出し,全て水洗い→めだか&ヌマエビも一時退避~!

dc042724.jpg


dc042727_20190428232125190.jpg

↑黄濁りの原因は‥底に溜まったフン・食べ残しエサ&緑藻ダ! と考えていますが‥??


↓約100匹の朱赤系(楊貴妃)‥抱卵していますが‥この水槽は"自由恋愛"OKに決めてます。

dc042726.jpg

↑(累代用の種親はNコロで採卵中。この水槽までタマゴを採ると大変な匹数になりますから~‥)


↓改めてレイアウトも少し変えて‥汲置き水を注水。めだか達を元の水槽に帰してやりました。

dc042730_201904282321275ab.jpg

↑キレイな水に戸惑ったようで,暫く底でジッとしていましたが~‥元気に群れて泳ぎ始めましたヨ~!


↓同じ要領で,通路反対側の100㍑水槽も 一気にリセット~!‥

dc042733.jpg


dc042735.jpg

↑このままでもめだかは大丈夫なのですが~‥私の気が済むようにやっちゃいま~ス! (苦笑~)


↓古木の根っ子も 前と同じ様にセットして‥元の住人(2年生めだか)を戻してやりました。

dc042737_2019042823213178a.jpg


dc042738_20190429130102ea5.jpg

↑ヤッパリ透明水で群泳するめだかの姿を見るのが~‥私は一番ホッとしますネ~‥‼(笑顔~)


「春準備」で立ち上げてから2カ月でのリセットは‥ヤヤ 早いんですが‥マ~仕方ありません!

透明水を半年以上維持するのは難しいですネ~‥色々試してますが‥中々上手くいきません!(汗)

(ビオ仕様にする方が,ベアタンク式に比べ,透明水の緑化は ある程度遅らせられますが~‥)

日当り/底土や水草とのバランスが 透明水が長続きのポイントだと思うけど‥思い通りになりません!

(100%の透明水は‥永遠の課題!‥少しづつ維持の確率をUPできるよう‥努力を続けま~ス! )



◆今、我が家で私が一番気に入っている‥"(ナゴミ)"空間で~ス‼ (自画自賛ですが~‥汗~)

↓室内のPCデスクからの眺めがイイんです!‥手前の石臼回り&奥の甕と談笑コーナー‥好きで~ス‼

dc042813.jpg

↑設置後の来訪者からも好評~!‥作って良かったナ~!と思ってま~ス‼  


 もう一晩寝ると~‥新元号『令和』が始まります!‥どんな時代になるんだろうナ~     



     では、又・・・

    

よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking 

◆先日ゲットした3コのカメ(甕)‥どう使おうかナ~?‥あれこれ”思案”してましたよネ~‥。


↓旧友N君の本宅解体で不要になった甕(かめ)の中から,大・中・小3コ戴いて来ちゃいました!

dc041514.jpg

↑テント下に並べてみると‥中々”和風”の趣があって~‥イイよネ~‼‥(+.(*'v`*)+)


は深さも有るし~‥ヤッパリ「ビオ水槽」仕立てが似合うだろう!(ウン・ウン!)

は水量も少な目なんで‥水生植物のカキツバタを植えたらどうかナ~! (めだかは無理ダ!)

・・大きさ・間口・深さ共に「ハス」を育てるのに ピッタリじゃーないか!

 (以前から蓮には興味あったんだけど‥デカくなるんで‥今迄あえてスルーしてきました)


丁度このタイミングで,ブロ友"ぶっちさん"が「蓮を植替え,蓮根が1ツ残っている」とのコメントあり‥

恐る恐るお願いしてみると~‥「OK!‥送りますヨ~!」と快諾して下さいました! (ラッキー~!)


↓早速,翌日には 黒ニャンコ便にて送って頂きましたヨ~‥!(ヽ(´∀`)ノ)

dc041408(修整2)


dc041410.jpg

↑丁寧な梱包で,"ハスの育て方"のマニュアルまで同封して下さっていましたネ~! (感謝~!)


↓タッパーにタップリ水を張り,元気な蓮根が入っていましたヨ~‥! (ヤッター~!‥ウレシイナ~!)

dc041412_201904151755299cc.jpg

↑昨夏,見事に開花させたハスの蓮根‥早くも新芽を立ち上げていますネ~‥!


◆レトロ水槽群の中に"中甕"を移転設置し,レシビに従って‥植え込みスタート~‼


↓赤玉土+腐葉土を水で練って‥用土を準備しました!

dc041527_2019041517553201b.jpg


↓よく混ぜ合わせ‥少しずつ水を足して耳たぶの柔らかさになるよう‥土を練り込みます。

dc041528.jpg


↓土↠肥料(マグアンプK)↠更に土を被せます。(蓮を咲かせるには肥料がポイントだそうです)

dc041529.jpg

↑蓮根の新芽を,土の上に向けて植え込み,土から約10㎝の深さまで水を張る。

(泥んこ作業のため,蓮根植え込みの写真はありましぇ~ン!‥ゴメンナサイネ!)


↓底から半分程土を入れて‥水を張ると~‥ジャストの水位になりましたヨ~! ((゚∀゚))

dc041535.jpg

↑当然,水はまだ濁ってますが‥数日すれば キレイな透明水になるだろうと思いま~ス!


↓夏,この甕に蓮の葉が茂ってきたら~‥レトロ水槽群の風情も変わるだろうと~‥妄想!妄想~!

dc041536.jpg

↑蓮の育て方のポイントは,一日中日当りイイ場所に水槽を置くことだそうです。(レシピより‥)

 ここなら日当り抜群なんで~‥上手く育ってくれると嬉しいんですが…??



"ぶっちさん!"‥この度はご無理をお願いして~‥お手間を掛けて~‥スミマセンでした!

 お陰さまで‥「いつかは"蓮"を~‥‼」の念願が叶い,こんな嬉しい事はありません!

こんなやり方で,夏には 大きな綺麗な蓮の花が咲くのかナ~‥?? (ヤヤ不安ですが~‥)

何分,初心者で~ス!‥困ったらご相談しますので,色々教えて下さいネ!(ヨロシクお願い致しま~ス!)





◆ここまで”泥んこ作業”でしたが‥天気がイイので,残り2コの甕もセッティングしちゃいましょう!


↓日当り&雨の降り込み具合なども考慮して‥置き場所を決め,シッカリ水平を取って据え付け!

dc041537_20190416172907ca1.jpg

大甕は‥談笑コーナーの兵馬俑像近くに。レトロから火鉢を1コ並べて~‥こんな感じかナ~‥??


大甕は間口45㎝/深さ50㎝あります。どんなレイアウトにするかナ~??‥

dc041603_201904161729095dc.jpg

↑高さ調節に四角ブロックを底に2段に重ね 上に溶岩石を置き‥水草鉢を沈める事にしました。

 ア~ダ!/コ~ダ!‥と手持ち材料で 組み合わせを考えている時って‥一番 楽しいヨ~!((゚∀゚))


↓底に15㎝赤玉土を敷き詰め,水位を予想しながらブロックで高さ調節&レイアウトをしていきま~ス!

dc041604_20190416172910457.jpg


dc041601.jpg

↑メインの溶岩石にミニ灯篭を配してアクセントに。水草は水面スレスレになるよう2種類の鉢を沈めます。


大甕は,大きさ&重量共にズッシリ~!‥高齢者が一人では‥動かすのが ヤットなんですよ!

何しろ重いので‥絶対に濁りを発生させられません!‥水質安定に気を遣いましたネ~‼


↓テント外に火鉢を据え,新芽が伸びたアヤメを一鉢入れる事にしました。(雨が入る位置です)

dc041606.jpg

↑果たしてこの火鉢の中で,アヤメは紫のキレイな花を咲かせてくれるでしょうか‥??


↓最後に‥小甕を 談笑コーナーの中に置くことにします。テント下なんで多少日当り悪いけど‥

dc041607.jpg

↑カキツバタの,チッチャナ鉢を入れてみました。(めだかは入れられないんでボウフラが湧くかナ~?)

 この甕は小さいので,成長が遅いようなら 日当り良い場所に 簡単に移動できますから‥


↓「談笑コーナー」に,3コのレトロ容器のセッティング完了で~ス!(少し”和”の雰囲気になったかナ?)

dc041610_201904161729162ef.jpg


dc041612.jpg

↑来訪者とユックリ『めだか談義』がやれたら‥楽しいと思います‼(良かったらお越し下さいネ)



以上,採卵用”種親選別”前の,『春の作業・本番編≪⑥≫』の報告でした。

ポカポカ陽気の中での作業‥構想を形にできた満足感と 心地よい疲れに浸ってま~ス‼ ( ^ω^ )



     では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking