87(はな)ジ~ジのめだか日記
FC2ブログ

同じ県内(隣市)の ”めだ友”木口氏より TELあり~‥

"備前焼"のめだか鉢‥昨日ヤット出来たので~‥これから持って行くから~‥見て~‥!」


半年前「特注で備前焼作家に"めだか鉢"を注文したヨ~!」「完成したら 是非見たい!」と約束。

 忘れずに~‥わざわざ我が家に持ち込んでくれました!! (完成までに スゲー時間が掛ったナ~‥)


↓嬉しそうに取り出して来た"めだか鉢"・・

dc121251(修整1)

↑これか!!~‥出来たて~ホヤホヤ~‥先ずは,ジックリ拝見~‼


↓初めて見る形状の"備前焼"‥直径30㎝強/深さ20㎝ほど?‥(目測ですが‥)

dc121228.jpg

↑ドッシリとした円錐形。座り加減も良し! & 藁模様も綺麗! & 肉厚はヤヤ薄手で軽い~!

 これなら,めだかの飛び出しもナシ! & 水量も十分で~‥飼育 & 鑑賞 & 撮影にもビッタリ~!‥


備前焼の多くは,生活雑器(湯呑/お皿/花瓶/甕/ぐい吞etc)で,めだか鉢に使える物は少ないです。

私も以前,「めだか鉢を作って」と相談しましたが~‥コスト&材料&窯焼き等の難題多く~‥断念!

  <*当時の記事「めだかと備前焼コラボ」(2017年8月)←←こちらからド~ゾ!>


↓主な備前焼の写真 (ネットより拝借)

IMG_2962.jpg


yjimage_20181216105400a27.jpg

↑郷土が誇る"備前焼"ですが~‥手軽にめだか飼育に使える物は~‥余りありませんネ~!‥(涙~)




↓しかも,この備前焼‥内側は黒仕上げです!‥めだかを泳がせてもスッキリ見えそう~!

dc121250.jpg

↑内側を 特別の粘土で黒く焼き上げたそうです。(特殊な焼き方。私は見た事ありません!)


無理にお願いして,"めだか用" に焼いてもらった一品‼‥(私「こりゃー‥イイネ~!」)

「展示用に,何個も作ってもらったら~‥」「もう作れない!と断られたヨ。これ1コのみ~‥」

 (*値段も聞きました!‥格安だと思うけど~‥結構高価で~ス! (金額は‥ナイショ~!))


↓念願の「備前焼」"めだか鉢"を手に~‥満面の笑みの木口さん!

dc121252(修整1)

↑果たして,どんなめだかを泳がせるのかナ~??‥(ワクワク~!‥今から楽しミ~‼)

展示会や個人観賞だけに使うのは‥勿体ないくらい!‥(床の間に飾っておきたいような~‥)


来春の「めだか展示会」では,この容器に一番のお気に入りを入れて展示してくれる事でしょう!

私も,思わぬ"目の保養"をさせて頂きました!‥(ホントは1コ欲しいけどナ~‥(涎(ヨダレ~)‥))


めだか鉢を前にして‥"めだか談義"を1時間~!‥寒空の下で~‥お互いに 好きだネ~!(爆笑~!)





◆「備前焼」のめだか鉢と言えば~‥去年の「展示会・in岡山」で私も出展してましたネ~(汗~)

  <*当時の記事は,こちらからド~ゾ!>


↓備前焼の花器に,備前焼の小物を添えて~‥「こんなビオ風も‥」と挑戦してみました。

dc072701_20181215143626b0f.jpg


dc072727.jpg


dc073057(修整1)

↑結構 好評でしたネ~!‥(特に備前焼の特性をヨ~クご存知の方は,興味深くご覧でしたッケ~‥)


↓『備前焼‥水が腐らぬ!』の諺通り,ピッカビカの透明水‥(展示POPも自分で手づくりしました)

dc0730115_2018121514433539c.jpg


dc072704_20181215143627742.jpg

↑展示会後も我が家で再立上げ‥我ながら気に入って‥楽しませてもらった記憶がありま~ス!


 チョツト"底浅"が この水鉢の唯一の難点でしたが~‥今回の木口氏のめだか鉢は深さもgood!

 春になって,この鉢で 優雅に泳ぐめだかの姿を 是非見たいもんですネ~‼(今から楽しみ~!)



   では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking 

スポンサーサイト

今週になり 朝晩は冷え込み(最低6℃)/日中も17℃程で~‥急に”冬”が近づいてきましたネ~!

寒さで 屋外作業が億劫になる前に,残りの屋外の冬支度をやっておかないと~‥(急ゲ~!‥)


↓◆10月下旬に集めておいた 庭の柿の落葉。(水に沈めアク抜きしてました。(約200枚))

dc101821_201811141529539a9.jpg


↓水道水に浸していただけで,ご覧の通り 水はマッ茶色~!(これがアクorシブなんですかネ~)

dc111316.jpg


↓1枚づつ水洗い→塩をバラバラ→再度水道水を入れ もうしばらく晒しておきます。

dc111320.jpg


最低気温が5℃程度まで下がってきたら,屋外水槽に各々 5~6枚づつ投入する予定です。

 (これが 晩秋から冬に移行する このシーズンの,我が家の"恒例儀式?" になってま~ス! (笑))


<柿の落葉を 冬の水槽に投入する メリット >【個人的な見解ですが‥】

,越冬するめだか達にとって絶好の隠れ家になります。(暖ったか~イ ”寝床” です)

,柿の葉に多く含まれるタンニンが,冬の間にジンワリ溶け出して水質が安定します。

,少しづつ溶けて,それにバクテリアが繁殖‥エサなしでもめだか達は痩せません。

 他の落葉に比べ,柿の葉は水に溶けにくく,来春まで葉っぱの原型を保って 水汚れが少ない.

 幸い,庭に柿の木があるんで,落葉集めは簡単!‥メリットを信じて毎年実行しています。



↓◆玄関先の棚の下段の睡蓮鉢‥今は水洗いを済ませて そのまま放置中ですが~‥

dc111314.jpg

↑冬の間,空き部屋のままでは淋しいナ~‥と思い,寒くなる前に追加で立上げる事にしました。


↓レイアウトをあれこれ考えて~‥石類を並べたり壊したり~‥ヤット概略が固まりました。

dc111321.jpg

↑メインに苔の活着した三角石を置き,形状が面白い変わり石?を周りに配置‥


↓底砂利/石/水草等を組合わせて‥このレイアウト思考中はつい夢中に‥(楽しい時間で~ス!)

dc111322.jpg


dc111324.jpg

↑段々形が出来て来て~‥思わず意匠をブログ記事にしたくなりますよネ~‥(大笑‥)


↓砂利2種類(黒&白)と容器入りの赤玉土を底に敷きます。(水替えナシでの 透明水保持のポイント)

dc111323.jpg

↑赤玉土を容器に入れるのは‥次回のリセット時に,簡単に取り出せて再利用しやすいからで~ス!


↓屋外の汲置き水を注水。(すぐめだかを移住させたいので,水温を合わせておきました)

dc111326.jpg

↑”深山”をイメージして‥灯篭/石橋の小物も配して‥チョツトは”和”の雰囲気になったかナ~⁇


↓過密気味のプラ舟水槽から,チッチャ目の稚魚を20匹ほど集めて,この新水槽に移住させます。

dc111329.jpg

↑40㍑/100匹は過密すぎ & 小稚魚は深さのある睡蓮鉢の方が生存確率が高くなると思って‥)


↓主に楊貴妃/幹之系。(写真もチャッチャツと写しました。いつもながらの下手写真‥! (絶望~笑))

dc111332.jpg


dc111336.jpg


↓一応,水合わせをして放流~!‥玄関脇で愛嬌ふりまいて,元気に越冬して欲しいもんですネ~!

dc111342.jpg


↓深さが有り 軒下の睡蓮鉢なら,ホテイ草は冬越し出来るだろうか?‥(実験してみま~ス!)

dc111330.jpg

↑発砲フタ付屋外なら,ホテイ草を元気に越冬させた経験はありますが‥果たして睡蓮鉢では⁇‥


これが新水槽立上げの ラストチャンスかナ~?‥(本格的な冬になってからでは トテモ無理ですから~‥)

あとは,20コほどの屋外冬越しプラ舟のフタ作りを急がないといけませんネ~‥(涙~)


日増しに気温(水温)が下がって来ました!‥寒くなってから慌てないようにしましょうネ‼


    では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/rankin

↓「めだか屋敷?」の庭木‥今年も秋の 剪定 が終わりました‼

dc110314.jpg

 ↑庭全体が,スッキリ~!&サッパリ~!‥随分明るくなりましたネ~!‥気分爽快で~ス!(笑顔~‥)



 と言っても~‥私が作業した訳ではありません!‥植木屋さんにお願いしました.(汗~‥)

もう10数年來お願いしていた植木屋さんですが~‥高齢で今年から仕事やめられました! (慌~)

どうしょう~??‥本気で困ってましたが‥チャント 次の職人さんに引き継ぎタッチできました! (ホッ~)


↓新たに剪定を担当して下さる 隣市のK城さん‥今日,作業にお越し下さいましたヨ~!(拍手~)

dc110203_2018110312525288b.jpg


dc110202.jpg


dc110242.jpg

↑親方+息子+手伝いの3人で,見る見るうちにドンドン剪定が進みます。(松5本&雑木多数あり)

 「前任のNさんから,ド~しても このお宅は頼む!」と言われているので~‥格安で~ス! (笑)


↓休憩時間には, テント下談笑コーナーで 一緒にお茶&お喋りして~‥話に花が咲きました!

dc110244(修整1)

↑初剪定なんですが,スッカリ意気投合~!‥めだかの事,盆栽&庭木の剪定など話が弾みま~ス!


↓作業も早~イ!‥丸1日でキレイに刈り上げ終了~!(今迄は1人で3日半掛かってましたからネ~‥)

dc110318.jpg


dc110324.jpg

↑この際,思い切って 高い樹もバッサリ短く切り詰めて頂きました。(チェンソーで一気に‥)




◆剪定はお任せして~‥私は,冬用「室内ガラス水槽」の立上げに専念しました! (苦笑~)


<立上げの手順>

①,屋外で水槽レイアウトの概略を仮組み。(準備した底砂利/石/水草を‥あれこれ~‥)

dc110204.jpg


dc110208.jpg

↑いきなり室内でセッティングすると,候補の材料を大量に室内持ち込みしないといけないし~‥


横長水槽(60×25×30)は,外掛け式フィルターなんで,吸い込み口をいかに隠すかをポイントに‥

dc110205.jpg


dc110206.jpg

↑紫の海石を組んで目隠し,反対側は白石を立て並べ 橋を架けてみました。(底砂利は2種類)


四角水槽(45×30×30)は,投げ込み式"ロカボーイ"の周りをゴロタ石でカムフラージュしました。

dc110209.jpg


dc110211.jpg

↑遊び心で,難破船(奥)と 宝石箱引き上げの潜水夫をセットしてみましょう。


②,大体のレイアウトを決めたら,一度解体します。(使う石等を水槽毎にマトメて‥室内へ‥)

dc110217.jpg

↑概略レイアウトを写真に撮り→PCに取り込み→室内で写真を見ながら 再度組み立てていきま~ス!


③,上段に横長水槽を,下段に四角水槽を設置する事にしました。(全体のバランスを考えて‥)

dc110214.jpg

↑室内の棚は ヤヤ強度に不安があるんで~‥(汗~)‥今冬は2コ(上下1コづつ)で我慢しま~ス!


④,セット本番に取り掛かりま~ス! (不器用者‥ガラスに石をぶつけないよう注意!しながら~‥)

↓先ず横長水槽‥ほぼ屋外での仮組み通りに‥セッティング完了~!

dc110218.jpg


dc110219.jpg

↑多少橋渡しの位置などがズレましたが~‥マ~良しとしましょう!


↓次に四角水槽‥底砂利を敷く前に石を置いたので~‥隙間を埋めるのに苦戦しました!

dc110232.jpg


dc110228.jpg


↓オモダカ植込みのガラス容器とカップ容器を 手前に並べて沈めてみま~ス!

dc110229.jpg

↑奥の石の置き方が当初と変わりましたが~‥ドンマ~イ!! (苦笑~‥)


⑤,水道をシャワーにして,直接注水~! (めだか投入まで,ろ過装置を廻して 濁りを取ります)

dc110235.jpg


dc110238.jpg

↑濁らぬよう,石にシャワー当て慎重に水張り~‥満杯位置まで一気に注入~!


⑥,完成で~ス‼‥どうでしょう?‥自己採点は65点かナ?‥(ホボ1日掛かりましたが~‥汗‥)

dc110310_201811031319408cf.jpg


dc110313_2018110313194388c.jpg


dc110312_2018110313194199e.jpg

↑種水を追加して ろ過装置を廻し,水を浄化しながら‥数日このまま待ちたいと思います。



気に掛かりながら~‥大幅に遅れていた冬用「室内水槽」‥ヤット立上げられましたネ~‼(拍手~)

 どの子を入居させるかナ~??‥めだか達の選別は,又後日 実施する計画で~ス!


    では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking

11月ですネ~!‥今週になり朝晩7~9℃⇔日中も20℃以下‥チョツト寒いナ~‼(もう”冬"か?)


毎年,冬場は室内にガラス水槽を立上げます。("無聊の冬シーズン"もめだかを眺められるように‥)

今秋は「冬用・屋外ビオ水槽」の切替えが遅れてしまい (家族の体調不良も影響して~‥(汗~))

「室内ガラス水槽」まで手が廻らず~‥大幅に立上げが遅れてま~ス!(今頃,大慌て中~‥)


↓去年は10月10日には,室内4コのガラス水槽の設置完了してましたネ~‥(アセ・アセ~‥)

dc101148.jpg


dc101920_20181102161517995.jpg


遅まきながら~‥何とか「冬用・室内ガラス水槽」立上げ準備に取り掛かりましたヨ~!


↓今冬は水槽2コだけに減らして立ち上げる計画です。(例年4~5コ設置なんですが‥)

dc110105.jpg


<準備作業>

①,底砂利の水洗い。 (どれを使うかは,未だ未定ですが‥)

dc102804.jpg


dc103020_20181102161825a11.jpg


②,水槽水草用の鉢類の準備。 (どの水草鉢を沈めるかも決めてませんが‥)

dc103019_20181102161823a07.jpg


③,赤玉を練り,予備水草から使えそうなものを選んで,植込み。(各2~3種類沈めたいナ‥)

dc103101.jpg


dc103102_20181102161828f77.jpg


dc103109_201811021618310e8.jpg


dc103107_20181102161829344.jpg


dc103111_20181102161832c52.jpg


↓立ち上げ時まで,別容器で養生させます。(ガラス水槽で写り映えイイ水草はどれかナ~?‥)

dc110101.jpg


④,ストックしている,/底砂利/小物類/フィルタ―もチェツクok!。

dc102214_20181102161820864.jpg


dc102215_2018110216182028b.jpg


dc110107_20181102163154a73.jpg

↑長い冬の間,ノ~ンビリめだかの泳ぐ姿が 綺麗に眺められるよう‥あれこれ考え中~‥



私の飼育のモットーは‥‥「日本の四季を感じさせながら~‥自然のままに 育てる!」で~ス!

 従って,全匹 "屋外越冬" が基本なんですが~‥チビッ子やダルマ/アルビノなど,

 ”屋外での越冬"が不安なめだかに限り,冬場 室内で飼育するようにしています。

でも,冬場の「加温・繁殖」等は一切やりません!‥(室内常温にて "冬越し"させます)

(せめて,寒~イ冬は‥せわしない飼育から解放されて ノンビリめだかを眺めていたいですから‥)

厳しい寒さに勝ち抜いためだかだからこそ,春先から 元気に産卵を始めてくれますヨ~‼(笑~)



見栄え良く鑑賞できる! & 写真写りも綺麗に! を考えながら~‥レイアウト頑張りま~ス!

(冬場は屋外水槽はホボ放置状態なんで‥室内のめだか達が 唯一の慰めになりますものネ~‥)


 立上げの様子は,又改めて~ →→ <立上げ完了~!>編続く~‥(笑~‥)


   では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/rankin

玄関通路棚に並べて立ち上げた プラ舟100㍑ビオ水槽① の 黄濁りが 改善できません!

 (*9/16,プラ舟2コ 同時立上げの記事←詳しくは こちらからど~ゾ‥)


立上げ2週間で徐々に濁り始め,何回か1/3の水替えもしましたが‥一向に透明水に戻りません!

段々と濁りが激しくなってきて,到頭~‥泳ぐめだかの姿が見えな~イ!。もう限界で~ス‼


2コとも 赤玉土をboxに同量入れて沈め,底砂利/水草等もほぼ同等の配分なんですがネ~‥

何故1コだけ濁るのか?‥原因は全く不明~! (今迄にも 同様の現象が度々起きてますが‥(涙~))


↓ご覧の通り,左②に比べ 右の①水槽の黄濁りがヒドイ~!‥めだか達の姿も見えません。

dc102602.jpg


dc102603.jpg

↑飼育水が濁ってくると,めだか達も不安になるのか 逃げ惑うようになりましたネ~‥(涙~)


↓立上げ直後の2連プラ舟。大容量100㍑初立上げなんで‥念入りに立ち上げたんですが‥~!

dc091631_201810292333003bc.jpg

⇅9/16立上げ時の写真。

dc091632.jpg

↑結構レイアウトも工夫?(トンネル四角ブロックを並べ,橋を渡して‥)‥気に入ってたんですが~‥



↓天気も良いので‥思い切ってリセットしま~ス!(このままでは冬を迎えられません)

dc102605_201810292335418c0.jpg


dc102606.jpg

↑めだかを掬い出し,濁った水を汲み出して‥壁面にはスネールの卵がビッシリ~‥(怒~!)

 ゴシゴシ水洗い!‥何分100ℓはデカ~イ‥重いし,自由に動かせないナ~‥悪戦苦闘~!(汗~)


↓濁り水ですが,2年生めだか達は元気~! 模様・色上りは 寧ろ綺麗になった様に感じますネ~‥

dc102608_20181029233544793.jpg


dc102609(修整1)


↓基本の構図はそのまま残して 再度レイアウト!  (位置などは多少手直ししました。)

dc102611.jpg


dc102614_201810292335493f9.jpg

↑勿論,石材/底土/水草鉢などは 全部天日干しズミ or 養生分に 新たに取り換えました。


↓濁らない様に注意しながら水を張り~‥めだか達を再度放流し,リセット終了~‼

dc102618_20181029233550514.jpg


↓まだ新しい水槽に戸惑ってますが‥その内慣れて"エサくれダンス"をしてくれるでしょう! (願)

dc102620_20181029234009a27.jpg


↓隣の水槽はご覧の通り‥姿を見ると一斉に集まってきますネ~‥(この姿を見たいんダ~!)

dc102622.jpg



◆ついでに,ジャンボタライ水槽も この際リセットしてしまいましょう!

↓この水槽は,昨年秋に立上げ後1年間放置してました。(大容量で水も安定してますが‥)

dc102801.jpg

↑オモダカが底土にビッシリ根を張ってますネ~! 底土毎,ベリベリ~と剥がし,日光に晒してから廃棄。


↓健在めだかは5匹のみ! (3年生の隠居所でしたので‥)/但し‥ヌマエビは100匹越えと大繁殖~!

dc102803.jpg

↑エビの捕獲に一番手間取りましたネ~!(汗~) 折角の命‥残さぬように全匹掬い出しました。

 このエビ達は,軒下プラ舟に分散して移住させましょう。ここで"越冬"してネ~‥



秋晴れのお日様の下‥暑くも寒くもない!‥絶好の"リセット日和"となりました! (気分ヨ~シ!)

  いよいよ11月になりますネ~!・・"冬の準備"早目に終わらせなきゃ~‼


    では、又・・・


よろしかったら ポチッと、お願いします! 

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

 にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村

http://aquarium.blogmura.com/medaka/ranking